『やなせたかしシアター』がいよいよ12月1日(土)より「ハルのふえ」「アンパンマンが生まれた日」「ロボくんとことり」の豪華三本立で全国公開!初日舞台挨拶も決定 !

PR TIMES / 2012年11月29日 13時1分



 株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区 代表取締役社長:岡村 秀樹 以下、トムス)は、『やなせたかしシアター』と称し制作しました『ハルのふえ』『アンパンマンが生まれた日』『ロボくんとことり』の3作品を劇場用アニメーション3本立とし、いよいよ12月1日(土)より全国ロードショーすることをお知らせします。


 アンパンマンの原作者、やなせたかしの絵本はアンパンマンシリーズ以外にもたくさんあり、ロングセラー「やさしいライオン」「チリンのすず」は過去にアニメ映画化されました。そしてこの「ハルのふえ」は、やなせたかしが最も映像化したかった作品です。

そして、映画「ハルのふえ」は第24回東京国際映画祭 特別招待作品として上映され、いよいよ今冬、3本立ロードショー公開されることとなりました。同時上映となる2本のうち1本目は、日本中の子供たちの絶大な支持を受けて愛と勇気を届けるアンパンマンの誕生をミュージカル仕立てで描く短編映画「アンパンマンが生まれた日」。そしてもう1本は、砂漠で出会ったロボットと小鳥の間に芽生えた友情と旅を描く、短編映画「ロボくんとことり」です。

 自分の家族、目の前にいる人を大切にして元気に生きていくことの大切さ、尊さをうたいあげたこの3本の監督を務めるのは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ・ジャパンを前身とするアンサー・スタジオで海外との仕事をはじめ多数の作品を手掛けてきた川又浩。NHKの「大人女子のアニメタイム『川面を渡る風』」(2011)、文化庁アニメミライ プロジェクトに選ばれた『ぷかぷかジュジュ』(2012年3月24日公開)など、その活躍に熱い注目が集まっています。


また、公開初日である12月1日(土)池袋シネリーブルにて原作者のやなせたかし先生や、「ハルのふえ」にてハル役を演じた野沢雅子さんが舞台挨拶を行います。

※登壇者は予告なく変更となる場合がありますのでご了承ください。


『やなせたかしシアター』の最新情報は公式サイトまで(http://hal-fue.com/index.html


「ハルのふえ」(C) やなせたかし/TMS 「アンパンマンが生まれた日」(C) やなせたかし/フレーベル館・TMS ・NTV (C) やなせたかし/TMS 「ロボくんとことり」(C)2008 やなせたかし/「やなせたかしメルヘン劇場」製作委員会


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社トムス・エンタテインメント営業本部

mail:info@tms-e.co.jp

企画プロデュース室 : 芝・千島・川田 

TEL:03-6382-7167 FAX:03-6382-7237

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング