卒業旅行は“国内より海外へ”。「海外のみに行く」が前年比14.5pt増 ~ 海外の人気旅行先は「イタリア」が6連覇達成。一方で、「台湾」の人気が上昇 ~ 「卒業旅行に関する調査」結果を発表

PR TIMES / 2012年1月26日 12時3分



株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、社長:中川信行)は、学生のための社会人準備応援サイト『フレッシャーズ マイナビスチューデント』(http://student.mynavi.jp/freshers)の会員423人(2012年春卒業予定の男性:170人、女性:253人)を対象に、「卒業旅行に関する調査」を実施しました。本調査は2007年卒から実施しており、今回で6回目です。

-------------------------------------
【TOPICS】
■「海外のみに行く」学生が前年比14.5pt増加。スケルトンツアーを利用した海外旅行が人気
■人気旅行先は海外・国内とも上位に大きな変動はなし。一方で、「台湾」の人気が上昇
■卒業旅行の目的は「学生時代を共に過ごした友人との、思い出作りの場」
-------------------------------------

<調査結果の概要>
■卒業旅行は「海外のみに行く」が前年比14.5pt増の30.7%と急増。
格安で手軽、かつ自由な時間を楽しめるスケルトンツアーのパック旅行が人気

卒業旅行に行く予定はあるか尋ねたところ、「すでに行った」(4.7%)、「すでに行ったが、これから行く予定もある」(8.5%)、「これから行く予定がある」(49.9%)となり、63.1%の学生が“卒業旅行に行く(行った)”と回答した(前年比2.0pt増)。行き先を尋ねると、「海外のみ」(30.7%【前年16.2%】)、「国内のみ」(29.2%【前年28.8%】)、「海外・国内の両方」(31.8%【前年42.8%】)、「まだ決めていない」(8.2%【前年12.2%】)という結果となり、「海外のみ」と答えた学生が前年より14.5pt増加するという結果となった。
 また、利用を予定している旅行のスタイルを尋ねると【複数回答】、海外旅行の場合、「航空券+ホテル+送迎のみのスケルトンツアー」(56.9%)、「観光プランが決められた添乗員付きのツアー」(49.1%)、「個人手配」(17.4%)と、航空券と宿泊先が準備され、宿泊先までの送迎が付いているスケルトンツアーを利用する学生が多い結果となった。
 昨今、卒業旅行シーズンになると、旅行会社各社から格安の学生向けパックが数多く販売されており、それが学生たちの間にも浸透しているようだ。全体的には“卒業旅行の費用を安く抑えたい”という思いも見られるが、円高や格安航空会社の参入などの影響もあってか、スケルトンツアーを賢く利用した海外旅行に人気が集まっていると思われる。また、手間をかけずに旅行の手配はしたいけれど、ツアースケジュールなどは自分達で決めたい、というセミオーダーの卒業旅行を好む傾向も見られる。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング