今年で24年目を迎える、環境保全を訴えるコンサート 音楽と心でつながった!感動の日台共演ライブ! Mayday×flumpool

PR TIMES / 2013年4月19日 18時30分

2013年4月22日(月) 19:00~21:00オンエア!

TOKYO FMをはじめとするJFN加盟全国38のFM局では、ステーションメッセージである「アースコンンシャス(地球を愛し、感じる心)、ヒューマン・コンシャス(生命を愛し、つながる心)」の理念に基づき、2013年4月17日(水)、NHKホールで、「TOKYO FM&JFN present EARTH × HEART(アース・バイ・ハート)LIVE 2013」を開催しました。



1990年のスタート以来、24年目を迎える今年のコンサートでは「アース&ヒューマンコンシャス」のメッセージをアジアを中心に世界へ発信するため、中国語圏で圧倒的な人気を誇る台湾出身の「Mayday」と、日本の音楽シーンの中核から、さらなる未来へ羽ばたこうとしている「flumpool」の初共演が実現しました。

このライブの模様は、アースデーである4月22日(月)19:00~21:00に、TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局で放送するほか、台湾のUFO FM、韓国のMBC、中国の北京電台、インドネシアのKei FM 102.3、インドのMusic FM、インドのRadio Plusなど、アジア地域をはじめとする、海外FM局で放送致します。


<日台人気バンドの共演に3500人が熱狂!>
会場のNHKホールは、日本人だけでなく、多くの台湾や中国の観客が来場し3500人の超満員。
1stアクトのMaydayの登場を告げる影像が映し出されると、待ちきれないファンたちが早くも総立ち状態に。Maydayのボーカル阿信(アシン)が「こんばんは!日本に来れてうれしいです。みんな、うれしい?」と日本語で挨拶し、続いてメンバーが次々と「ここは紅白の会場なんですよね?光栄です!」「日本のファンにいい曲をたくさん届けたい」など、日本語まじりのMCで 会場を沸かせました。
ライブでは、「乾杯」「戀愛I N G」「離開地球表面」など全10曲のヒットメドレーを披露。スクリーンに中国語の歌詞、その横に日本語訳が表示され、日本のファンも、歌詞の意味を理解することができるようになっており、会場全体に大合唱が響き渡りました。

続く2ndアクトはflumpool。ギターの阪井一生が「こんにちは!flumpoolです!楽しんでる?」と中国語で挨拶すると、台湾や中国のファンから驚きと喜びの歓声が沸きあがりました。 ボーカルの山村隆太は「EARTH×HEARTは、僕たち1人1人が、心と心をつないで、地球のことを考えていこうというプロジェクト。憧れのメイデイと一緒に、音楽を通して環境問題を考えていくきっかけになればうれしい!」と呼びかけました。
ライブでは「今年の桜」「春風」「星に願いを」など、春らしさを感じさせる全9曲を披露。スクリーンで歌詞の中国語版を表示し、歌詞に込められたメッセージを中国のファンにも伝えました。ボーカルの山村の「国を超えて最高の1日にしましょう!」という言葉どおり、客席とステージが一体となった熱いライブとなりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング