BSIジャパン、国際規格であるISO/IEC 27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム認証を株式会社ザ・ヘッドに授与

PR TIMES / 2013年4月30日 17時43分

ISO/IEC 27001認証における審査機関移転の成功事例!



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、株式会社ザ・ヘッド(東京都台東区 代表取締役 伏 元三、以下ザ・ヘッド)へ “ISO/IEC 27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)” 認証を移転審査(※1)により授与しました。

  初回の認証登録日 :2009年8月19日
  BSIジャパンへの認証の移転日 :2013年3月29日


 ザ・ヘッドは、1987年に設立されたSIサービス、ソリューションサービス等を提供している企業です。「誠実をモットーとし、真摯に経営努力を重ね、愛・信頼・感動を創造する。」という方針の基に、全社員が一丸となって業務に取り組まれています。2009年に、業務で取り扱うあらゆる情報の機密性、完全性、可用性を確保する為に、 “ISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)”を構築して認証登録後、その運用を通して継続的に改善を行って来ました。

 このたび、ザ・ヘッドは、構築したISMSをより強固なものとするために、ISO/IEC 27001認証実績国内No.1(※2)の審査機関であるBSIジャパンにISO/IEC 27001の認証審査を移転することを決め、無事に移転を成功させました。

 ザ・ヘッドのISMSの適用範囲は「ITコンサルティング、システム開発、サーバー及びネットワーク構築、ハウジング、IT研修サービス、ハードウェア・ソフトウェアの販売、各種ソリューション販売及び導入」です。セキュリティ対策を確実に実施して、設計情報の厳格な管理を実施するなど、ISMSに対し積極的な取り組みをされています。

 ISO27001は、情報資産を保護し、顧客、取引先といった利害関係者の信頼を得られるセキュリティ統制の確保を目的としたマネジメントシステムの国際規格です。“ISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)”を導入して、構築・運用する事により、組織は、情報漏えいや不正アクセスと言った会社に損害を与えうる情報リスクと脅威に対処・管理して、情報セキュリティを継続的に向上させる事ができるようになります。

 今回のBSIジャパンによるISMS認証の授与により、ザ・ヘッドは、適用範囲内の業務にて取り扱われる、あらゆる情報の機密性、完全性、可用性が確実に確保され、そのセキュリティが国際基準であるISO27001に基づいて管理されている事が再確認されました。 さらに、今回のISMS認証のBSIジャパンへの移転を通じて、ザ・ヘッドは、より強固なISMSの確立の実現に踏み出すことになり、組織のブランド力・名声の強化、セキュリティリスク軽減、ステークホルダーからの信頼の確保において、大きく役立つ、国際的なステータスを取得したと言えます。


株式会社ザ・ヘッド 代表取締役 伏 元三様から、ISO27001認証取得に際して頂いたコメント

◆ISO/IEC 27001認証取得の目的
弊社はIT企業として25年を超える歴史があり、これまで堅実な経営により多くのお客様と取引させていただいております。それに伴い、お客様の大切な情報を扱うことも多くあります。弊社でも情報セキュリティレベルの強化には以前から取り組んでおりましたが、より高いレベルでの管理の必要性も感じておりました。また、既存のお客様に安心して弊社をご利用いただけるだけでなく、新規にお取引をさせていただくお客様にも弊社の情報セキュリティについてご安心いただくためにISO/IEC 27001の認証を取得することにいたしました。

◆ISO/IEC 27001の構築・認証で良かった点
ISO/IEC 27001(ISMS)を構築しそのPDCAサイクルを全社で維持運営をすることで、社員1人1人に情報セキュリティに関する意識を高い水準で認識させることができ、またそれを日々の業務で活かせるようになったことが一番の成果です。さらに、社内の情報資産を一定のルールで定義化することで、全社で情報セキュリティレベルを平準化することができたのも良かった点の1つです。

◆ISO/IEC 27001の今後の活用について
ISOの導入により、お客様から情報セキュリティ意識の高い企業と認識していただけたと思います。今後はISO認定企業であるという優位性を活かしてビジネスを拡大していきたと考えています。また、より高い情報セキュリティーマネジメントを実施するために、ISMSの運用を通して継続的な維持改善を続けてまいります。


※1 移転審査
BSI ジャパンの移転審査は短期間で完了しますので、お客様の負担は少なくすみます。
詳細は、【BSIジャパン営業部 03-6890-1172】までお気軽にお問い合わせください。

※2 認証実績No1
BSIジャパンのISMS認証実績は下記URLのJIPDEC公開情報に示す通り、業界No1を継続しております。
http://www.isms.jipdec.or.jp/lst/ind/index.html


 BSIジャパンは、ISO27001の国内認証件数において、サービス開始以来、No.1の実績(※)を維持し続けています。業界をリードする審査機関の責務として、BSIジャパンは、無料でご参加いただけるISO27001概要解説セミナーや、ISO27001審査員トレーニングコース(有料)など数多くの情報提供の機会をご用意しております。                                                          
※ JIPDEC公開データより(http://www.isms.jipdec.or.jp/isms.html)

「ISO27001改訂最新情報 & DIS(ドラフト版)徹底解説セミナー」 (無料)
【日程・場所】  2013年5月13日(月)<博多>
         2013年5月15日(水)<大阪>
         2013年5月21日(火)<東京>
         2013年5月27日(月)<東京>
         2013年5月30日(木)<東京>

【時間】      14:00 ~15:50 (受付 13:45~)
【詳細・お申込】 http://www.bsigroup.jp/ISMS-SPSeminar-TOP


BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社について
BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、そして、ISOの設立メンバーとして活動する、規格策定のプロフェッショナルである。現在、147カ国で64,000組織以上のお客様の活動に貢献している。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO9001(品質マネジメントシステム)、ISO14001(環境マネジメントシステム)、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などのISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇る。

BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人である。マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供している。

マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に60社以上ある審査機関の中で、最も多くの規格の認証サービスの提供している審査機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする審査機関である。
URL:http://www.bsigroup.jp/


株式会社ザ・ヘッド
企業理念は、「思いやる心、限界への挑戦、技術の追求」であり、「ITを通じてお客様およびビジネスパートナーから信頼されるサービス提供企業を目指し、中堅中小企業の発展を図る」などをMission(使命)として掲げています。システム開発の上流工程を重視しお客様の視点に立ったシステム構築を提供、IT戦略の計画・開発フェーズから運用まで一貫した総合窓口としての役割を果たしています。

商品の1つであるHeadProシリーズには、
HeadPro生産管理:日本の製造業向けに作成された生産管理ソリューション・コア
HaadProアパレル:アパレル業に特化した販売管理+顧客管理システム
HeadPro経費精算:自家用車による交通費精算に対応した経費精算システム
等があります。詳細は下記のURLをご参照ください。
URL:http://www.head.co.jp/


■ お客様からのお問い合わせ先
BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会) マーケティング本部
東京都港区北青山2-12-28 青山ビル5階
TEL: 03-6890-1174
FAX: 03-6890-1181
Email:  Japan.Marketing@bsigroup.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング