2020年夏(7-9月)に最も再生された動画やチャンネルは?「インフルエンサーパワーランキング by BitStar」を発表!

PR TIMES / 2020年10月22日 11時15分

株式会社BitStar(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:渡邉拓、以下BitStar)は、インフルエンサーマーケティングの分析ツール「Influencer Power Ranking(IPR)」にて独自集計したデータ「インフルエンサーパワーランキング 2020年夏 by BitStar」を発表いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/15232/180/resize/d15232-180-932592-0.jpg ]


本リリースにおけるランキングはTOP10、TOP20のみを公開していますが、IPR( https://ipr.tokyo/)に登録いただいた方にはランキングTOP100までを公開予定ですので、ぜひこの機会にご登録ください。
今回発表するランキング結果は以下の通りです。



2020年夏のYouTubeチャンネル総再生数ランキング
2020年夏のYouTube動画再生数ランキング
2020年夏の新チャンネル登録者数ランキング
2020年夏の急上昇入りチャンネルランキング


2020年上半期のランキング総括はこちら▶︎ https://ipr.tokyo/rpt/?p=3911

1.2020年夏のYouTubeチャンネル総再生数ランキング

[画像2: https://prtimes.jp/i/15232/180/resize/d15232-180-979890-3.jpg ]


2020年7月~9月の期間に投稿された動画において、同期間に最も再生されたチャンネルのランキングです。

第1位 『東海オンエア』
愛知県岡崎市を拠点に活動する6人組グループの『東海オンエア』。前回の上半期ランキングに続き、再び総再生数ランキング1位となりました。チャンネル登録者数は550万人を超え、現在でも1週間に1万人以上チャンネル登録数が増加しています。動画投稿本数は月25本以上と多い上に急上昇入りも連発し、今後も注目度の高いチャンネルです。

第2位 『Fischer’s-フィッシャーズ-』
2020年で結成10年を迎えるグループクリエイターの『Fischer's-フィッシャーズ-』。2020年8月には、チャンネルの総再生数が100億回を超えた日本初のクリエイターとなりました。YouTube以外にも映画やテレビでの活躍も増えており、その人気は健在です。

第3位 『(パーソル パ・リーグTV公式)PacificLeagueTV』
パ・リーグTVが運営する公式チャンネルが第3位となりました。パ・リーグでの試合のダイジェストや惹きの強いサムネイルが特徴的なチャンネルです。1週間の投稿本数の平均は80本で、非常に多くの本数を投稿していることが総再生数ランキング3位になった要因とうかがえます。

【2020年夏 チャンネル総再生数TOP20】

1位 1億8347万回 / 東海オンエア
2位 1億6227万回 / Fischer's-フィッシャーズ-
3位 1億6056万回 / (パーソル パ・リーグTV公式)PacificLeagueTV
4位 1億2473万回 / ヒカル(Hikaru)
5位 1億2473万回 / FNNプライムオンライン
6位 1億1867万回 / 米津玄師
7位 1億625万回 / はじめしゃちょー(hajime)
8位 9609万回 / HikakinGames
9位 9596万回 / KUN
10位 8446万回 / HikakinTV
11位 8378万回 / ボンボンTV
12位 8308万回 / まいぜんシスターズ
13位 8076万回 / ヒューマンバグ大学_闇の漫画
14位 8026万回 / P丸様。
15位 7841万回 / サントリー公式チャンネル (SUNTORY)
16位 7734万回 / ヴァンゆんチャンネル【VAMYUN】
17位 7630万回 / 朝倉未来 Mikuru
18位 7582万回 / 兄者弟者
19位 7500万回 / タイピー日記/taipi
20位 7377万回 / エミリンチャンネル

21位~100位は、IPR( https://ipr.tokyo/)にて公開予定!

※調査対象:日本国内のチャンネル登録者数1000人以上のYouTubeチャンネル
※対象期間:2020年7月~9月に投稿された動画
※細かな数字は切り捨てて表示しています

2.2020年夏の動画再生数ランキング

[画像3: https://prtimes.jp/i/15232/180/resize/d15232-180-135412-1.jpg ]


2020年7月~9月の間に投稿された動画1本あたりの再生数のランキングです。

第1位 米津玄師の『米津玄師 MV「感電」』
https://www.youtube.com/watch?v=UFQEttrn6CQ

ドラマ『MIU404』(TBS系)の主題歌として書き下ろされた楽曲のMV。米津玄師さんのチャンネル登録者数は500万人を超えており、日本人アーティストでは登録数がもっとも多いチャンネルです。また、2020年8月には世界的に人気なオンラインゲーム『フォートナイト』内で、日本人アーティストとして初のバーチャルライブを行ったことで話題になりました。

第2位 放置少女- 公式チャンネルの『放置少女x橋本環奈|TVCM第二弾 実家の夏怪談 30秒』
https://www.youtube.com/watch?v=nQMDiTbe5U4

大人気ゲームタイトル『放置少女~百花繚乱の萌姫たち~』の30秒CM動画。上半期のランキングでは、同CMの第一弾が同じく2位にランクインしました。怪談よりも怖い橋本環奈さんなど、面白いクリエイティブが特徴的です。

第3位 A-Sketch MUSIC LABELの『三浦春馬「Night Diver」Music Video』
https://www.youtube.com/watch?v=J6-IaSJLNOA

三浦春馬さんが亡くなられてから1週間後に公開された「Night Diver」のMV。俳優としてのご活躍はもちろん、歌手としても歌やダンスがキレキレで、才能の幅がうかがえるMVです。

また、第6位にはNAOMI CLUBの『Lady Gaga "Rain On Me with Ariana Grande" Official Parody』がランクイン。渡辺直美さんがLady Gaga役、ゆりあんレトリィバァさんがAriana Grande役として出演するパロディMVです。細部まで作り込まれ、かつ笑える内容となっていますが、実は制作費は赤字だそう(笑)。

2020年夏の動画再生ランキングの上位には、企業のCMやミュージックビデオが多くランクインしました。コロナ禍による巣ごもり需要で企業のYouTubeへの出稿が増えたり、家でYouTubeを見る時間が増えた結果が反映されたランキングとなりました。

【2020年夏 動画再生数TOP10】

1位 8022万回 / 米津玄師『米津玄師 MV「感電」』
2位 4608万回 / 放置少女- 公式チャンネル『放置少女x橋本環奈|TVCM第二弾 実家の夏怪談 30秒』
3位 3294万回 / A-Sketch MUSIC LABEL『三浦春馬「Night Diver」Music Video』
4位 2585万回 / Rakuten Card (楽天カード)『楽天カードマンがVisaのCMに出演!?あの選手と共演も!』
5位 1846万回 / au『TVCM | au「au 5Gその手に―時を超えた応援―」篇』
6位 1769万回 / NAOMI CLUB『Lady Gaga “Rain On Me with Ariana Grande” Official Parody』
7位 1665万回 / Official髭男dism『Official髭男dism - Laughter[Official Video]』
8位 1598万回 / 米津玄師『米津玄師 MV「カムパネルラ」』
9位 1206万回 / ARASHI『ARASHI - IN THE SUMMER [Official Music Video]』
10位 1197万回 / Amazon Japan Official『Amazon Echo - アレクサ、テレビをつけて』

11位~100位は、IPR( https://ipr.tokyo/)にて公開予定!

※調査対象:日本国内のチャンネル登録者数1000人以上のYouTubeチャンネル
※対象期間:2020年7月~9月に投稿された動画
※細かな数字は切り捨てて表示しています

3.2020年夏の新チャンネル登録者数ランキング

[画像4: https://prtimes.jp/i/15232/180/resize/d15232-180-774796-2.jpg ]


2020年7月~9月の間に新しく開設されたチャンネルの登録者数のランキングです。

第1位 『my channel【白石麻衣 公式】』

乃木坂46の白石麻衣さんのYouTubeチャンネル。誕生日にチャンネルを開設し、その動画が500万再生を超えていて、注目度の高さがうかがえます。料理・ゲーム・アウトドアなど幅広いコンテンツを配信し、どの動画も見応えのある内容となっています。

第2位 『まぐろやネゴロTV』

『親バカ青春白書』(日本テレビ系)の登場人物である根来恭介(ねごろ きょうすけ)のYouTubeチャンネルで、ドラマとYouTubeが連動したコンテンツ。ドラマが終了した9月13日の投稿を最後にチャンネルの更新はなくなりましたが、今後もYouTube活動を続けてほしいというファンの声が多く、ドラマと連動したYouTube企画としては大成功でした。

第3位『AnimeLog アニメログ』

株式会社アナライズログが運営する公式アニメチャンネル。権利元から正式に許諾を受け、ファミリー向けのアニメや懐かしの名作アニメを投稿しています。投稿されたコンテンツは400本近くにのぼります。

第7位には、バンダイナムコエンターテインメントが運営する「アイドルマスター」の公式チャンネルがランクイン。本チャンネルはBitStarでも運営サポートを行っております。

BitStarでは、自社のコンテンツスタジオ「BitStar Studio」による企業のYouTubeチャンネルの制作・運営を強みとしています。ご興味のある企業様はお気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせ先
株式会社BitStar「BitStar Studio」担当者
MAIL:studio@bitstar.tokyo

■「BitStar Studio」(ビットスタースタジオ)について
昨今、急速に高まる企業のYouTubeチャンネル運営ニーズに応えるべく設立された、企業オリジナルコンテンツの制作やSNS配信に特化したコンテンツスタジオ。大手メディア・企業と協業し、バラエティ、スポーツ、美容&フィットネスなど、幅広いジャンルの番組を制作。これまでにYouTube上で2.5億回を超える累計再生数を記録しています。その実績から、1.YouTubeに適した企画立案、2.クリエイタープロダクション「BitStar」と連携したチャンネル成長支援、3.経験豊富な動画制作及びチャンネル運用・分析体制に強みを有します。分析データもBitStarのプラットフォームからの自動出力が可能となっており、企業チャンネルの成長にフルコミットできる体制が整っています。

「BitStar Studio」サイト
https://studio.bitstar.tokyo

【2020年夏 新チャンネル登録者数TOP20】

1位 109万人 / my channel【白石麻衣 公式】
2位 32万人 / まぐろやネゴロTV
3位 27.2万人 / AnimeLog アニメログ
4位 20.6万人 / さまぁ~ずチャンネル
5位 18.8万人 / 福原遥とふくはらはるか
6位 18.4万人 / 生駒里奈 'IKOMACHANNEL'
7位 18.1万人 / アイドルマスターチャンネル
8位 15.2万人 / 丸山礼と土佐有輝
9位 12.8万人 / だーりおCHANNEL/内田理央
10位 9.8万人 / あーたろチャンネル
11位 9.5万人 / 篠田麻里子ん家
12位 8.8万人 / らっだぁの他力本願寺【切り抜き集】
13位 8.6万人 / にじさんじ公式切り抜きチャンネル【NIJISANJI Official Best Moments】
14位 8.2万人 / 日高良実のACQUAPAZZAチャンネル
15位 8.0万人 / 北小路ヒスイ / Kitakoji Hisui 【にじさんじ】
16位 8.0万人 / くらら
17位 8.0万人 / カジサックのゲーム部屋
18位 7.5万人 / まりなの日常ちゃんねる
19位 7.4万人 / ジャルジャルアイランド JARUJARU ISLAND
20位 7.0万人 / 戦国炒飯TV

21位~100位は、IPR( https://ipr.tokyo/)にて公開予定!

※調査対象:日本国内のチャンネル登録者数1000人以上のYouTubeチャンネル
※対象期間:2020年7月~9月に開設されたチャンネル
※細かな数字は切り捨てて表示しています

3.2020年夏の急上昇入りチャンネルランキング

[画像5: https://prtimes.jp/i/15232/180/resize/d15232-180-249343-4.jpg ]


2020年7月~9月の間に投稿された動画で、多く「#急上昇」入りを果たしたチャンネルのランキングです。

第1位 『東海オンエア』

総再生数ランキングとの2冠となった『東海オンエア』。7~9月に投稿された動画79本中、61本(77.2%)が急上昇にランクインするという非常に高い打率です。また、サブチャンネルの『東海オンエアの控え室』でも直近1ヶ月の動画平均再生数は200万回を超えており、もはや敵なしの状態と言えそうです。

第2位 『Fischer's-フィッシャーズ-』

総再生数ランキングでも2位の『Fischer's-フィッシャーズ-』がランクイン。7~9月に投稿された動画66本中、35本(53%)が急上昇にランクインしています。ちなみに、チャンネル登録者数は週平均で15,000人ずつ増加しており、その人気は止まるところを知りません。

第3位『朝倉未来 Mikuru Asakura』

格闘技イベント『RIZIN』でも活躍中の格闘家・朝倉未来さんのチャンネル。急上昇にランクインした動画数は20本で、街の喧嘩自慢シリーズが大好評。最近では、格闘家や芸能人とのコラボ動画も多く、100万再生超えの動画を連発しています。

また、今回TOP10入りは逃したものの、急上昇率の高かったチャンネルを2つご紹介します。

『本田姉妹やで』
本田真凛さん、本田望結さん、本田紗来さんの3姉妹のYouTubeチャンネル『本田姉妹やで』は、驚異の急上昇率100%。7~9月に投稿された動画6本中、6本すべての動画が急上昇入りしました。最近は動画の更新がないようですが、注目度の高いチャンネルです。

『タナカガ』
人気コンビYouTuber『パパラピーズ』のメンバーの一人、タナカガさんの個人チャンネル『タナカガ』は、7~9月に投稿された動画7本中、6本(85%)が急上昇入り。企業とのタイアップ動画も数多く急上昇に入っていて、人気の高さがうかがえます。

【2020年夏 急上昇入りチャンネルTOP10】

1位 61本 / 東海オンエア
2位 35本 / Fischer's-フィッシャーズ-
3位 20本 / 朝倉未来 Mikuru Asakura
4位 19本 / 東海オンエアの控え室
5位 16本 / ヒカル(Hikaru)
6位 14本 / きまぐれクックKimagure Cook
  14本 / P丸様。
  14本 / エミリンチャンネル
9位 13本 / はじめまして松尾です
  13本 / QuizKnock
  13本 / タイピー日記/taipi
  13本 / ガンダムチャンネル

※調査対象:日本国内のチャンネル登録者数1000人以上のYouTubeチャンネル
※対象期間:2020年7月~9月に投稿された動画
※細かな数字は切り捨てて表示しています

BitStarでは「Influencer Power Ranking(IPR)」の開発を軸として、YouTubeやInstagramを対象に、インフルエンサーの影響力や投稿に関する実績情報などのビッグデータを収集・解析することで、企業様のマーケティングのサポートを行っています。

今回の調査結果を含め、さまざまなデータを保有していますので、お気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせ先
株式会社BitStar IPR営業担当
MAIL:sales@ipr.tokyo

====================
■「Influencer Power Ranking(IPR)」
URL: https://ipr.tokyo/
初回3日間はトライアルで全機能が無料で利用可能です。
※トライアル期間終了後もランキング閲覧など一部機能は引き続き無料でご利用いただけます。

■IPR REPORT
URL: https://ipr.tokyo/rpt/
マーケターの方へ向けて、インフルエンサー・マーケティングに関連する知見を発信するWEBマガジンです。

■株式会社BitStarについて
「その輝きを、加速させる。」
BitStarは、人が持つ輝きをコンテンツのパワーで加速させるテックカンパニーです。

株式会社BitStar(ビットスター)
所在地:東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル10F
代表者:代表取締役社長CEO 渡邉 拓
設立:2014年7月
事業内容:クリエイタープロダクション事業、コンテンツ制作事業、インフルエンサーマーケティング事業
・クリエイタープロダクション「BitStar」: https://bitstar.tokyo
・コンテンツスタジオ「BitStar Studio」: https://studio.bitstar.tokyo
・インフルエンサーマーケティング「BitStar Ads」: https://ad.bitstar.tokyo
・VR/VTuber研究所「BitStar Akihabara Lab」
コーポレートサイト: https://corp.bitstar.tokyo

■本リリースに関する問い合わせ
株式会社BitStar(ビットスター) 広報担当:坪井
MAIL:info@bitstar.tokyo
電話番号:03-4520-5777

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング