1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【2021年リアルデートに関する前年比較調査】外出自粛が長期化する中、独身20代の過半数はデートに出かけている!

PR TIMES / 2021年9月1日 16時45分

30代は自粛モード?「デートに出かけた」30代の割合は2020年8月調査から10ポイント以上減!外出自粛がさらに続いたとしても、半数以上は「直接会いたい」

結婚相手紹介サービスを提供する株式会社オーネット(東京都中央区 代表取締役社長:森谷学) https://onet.co.jp/は、20~34歳の独身男女903名を対象に、「2021年リアルデートに関する前年比較調査」を実施いたしました。

新型コロナウイルス感染症により、日常生活において感染予防に注意を払わなければならない状況が長期化する中、全国の独身男女が異性とリアルで会うデートの際に、でかけた場所、デートの際に意識したこと、また今後どのようにデートを楽しみたいと考えているのかについて、前年からの変化を調査いたしました。

コロナ禍の2020年にも5,372名の幸せなご成婚退会者が誕生した株式会社オーネットは、引き続き、幸せな結婚につながる「いいめぐり逢い」を提供してまいります。



<過去の恋愛・結婚調査について>
オーネットでは1996年より、「結婚」や「恋愛」に関する調査を行い、その結果をリリースしております。
●過去調査一覧
https://onet.co.jp/company/release/
●結婚調査
https://onet.co.jp/company/release/marriage_research/
●恋愛調査
https://onet.co.jp/company/release/love_research/
●2021年調査
https://onet.co.jp/company/release/2021/

[画像1: https://prtimes.jp/i/22091/181/resize/d22091-181-2f3b68e808e74ef9e8d2-0.png ]

<トピックス>
【1】2021年4月以降、異性とデートに出かけたか
20代は2021年、過半数が異性とデートに出かけた!
20~30代のいずれの年代も「デートに出かけた」割合は2020年8月調査から減少。特に30代前半の「デートに出かけた」割合は2020年から10ポイント以上減少。
⇒前回2020年8月調査時は、第1回目の緊急事態宣言が解除されたタイミング。一方、今回2021年8月の調査時は第4回目の緊急事態宣言下。2021年は緊急事態宣言中の調査であることから、2020年調査からデートに出かけた割合が減少?
外出自粛の長期化により、異性と出会う機会自体が減少したことも要因として考えられる。

【2】デートの場所
デート場所は2020年8月調査からほぼ変化なし。ランチ系の飲食店が最も多く、次いでショッピング、ディナー系の飲食店、どちらかの家に出かけている人が多い。
20代前半男性については、ランチ・ディナーともに「飲食店デート」が2020年から減少し、「お家デート」が最も多い。

【3】異性と外出した際、ソーシャルディスタンスを意識したか
デートの際「3密対策を行っている場所を選んだ」が2020年8月調査の約3倍に増加。
「ソーシャルディスタンスが気にならなかった」は2020年と比較して約3割減、「気になったが何もしなかった」も約半数に減少。
⇒2021年は緊急事態宣言も影響し、デートに出かけた人は、2020年と比較して感染対策への意識が高まった?

【4】外出自粛が今後さらに1年続いた場合のデート
過半数が「直接会いたい」と回答。
20代前半は2020年8月と比較して「直接会いたい」割合が増加し、20代後半、30代前半は「直接会いたい」割合が減少。


【1】2021年4月以降、異性とデートに出かけたか
Q 2021年4月以降、異性とデートに出かけたことはありますか? (2020年と2021年調査比較)

[画像2: https://prtimes.jp/i/22091/181/resize/d22091-181-eed58add412cafd5e5e6-1.png ]

2021年は20~30代の独身男女のうち、ほぼ半数が4月以降、異性とデートに出かけたことが分かった。
調査対象の男女に対し、「2021年4月以降、異性とデートに出かけたことはあるか」質問したところ、「はい」が全体の48.7%、「いいえ」が46.1%、「その他(答えたくない)」が5.2%の結果となった。

2020年は52.8%と独身20~30代の過半数がデートに出かけたのに対し、2021年にデートに出かけた割合は48.7%で微減した。

◆年代別(2020年と2021年調査比較)

[画像3: https://prtimes.jp/i/22091/181/resize/d22091-181-bd83e24a43f890b876a1-2.png ]

年代別に2020年調査の結果と比較したところ、2021年は20代前半~30代前半のいずれの年代においても、デートに出かけた割合が減少した。

特に30代前半の減少傾向が顕著であり、デートに出かけた割合は2020年調査から10ポイント以上減少した(2020年49.3%に対し、2021年は38.8%)。
2020年8月調査時は、第1回目の緊急事態宣言が解除されたタイミングだった。一方、2021年8月の調査時は第4回目の緊急事態宣言下。緊急事態宣言の影響でデートに出かけた人が減少したものと考えられる。

また外出自粛により、出会いの機会自体が減ってしまったことも要因の一つと推測できる。2021年5月の「自然な出会いにおける実態調査」において、20~30代男女の7割が自然な出会いがなく、特に30代は20代と比較して出会いがなかったことが分かっている。
★参考:「2021年 新生活における、自然な出会いに関する実態調査」
https://onet.co.jp/company/release/2021/20210512.html

20代については、出かけた割合は2020年から微減したものの、2021年も半数以上が出かけていることが分かった。

【2】デートの場所
Q 異性とデートした際、どういう場所に出かけましたか?(2021年単年調査結果)

[画像4: https://prtimes.jp/i/22091/181/resize/d22091-181-2e30ea49869383fadbc9-3.png ]

2021年4月以降、「デートに出かけた」人に対し、「デートの際にどういう場所に出かけたか」質問したところ、飲食店(カフェやランチ系レストランなど)が36.6%で最も多く、次いでショッピング(専門店、ショッピングモールなど)が33.7%、飲食店(居酒屋、ディナー系レストランなど)が28.2%、「どちらかの家」が25.5%、「公園など屋外」が14.1%の結果となった(6位以下はグラフ参照)。

出かけた場所のランキングは2020年8月調査から変動がなく、各デート場所の回答の割合についても大きな変化が見られなかった。

◆20代前半男性:(2020年と2021年調査比較)

[画像5: https://prtimes.jp/i/22091/181/resize/d22091-181-5d3dce5ff811e8083580-4.png ]

回答者全体のデートに出かけた場所は2020年8月から大きな変わりがないものの、20代前半男性については、やや変化が見られた。

2020年最も多かった「ランチ系の飲食店」の割合が減少し、2020年5位だった「どちらかの家」に出かけた割合が最も高いことが分かった。

【3】異性と外出した際、ソーシャルディスタンスを意識したか
Q 異性と外出した際、ソーシャルディスタンスを意識しましたか?(2020年と2021年調査比較)

[画像6: https://prtimes.jp/i/22091/181/resize/d22091-181-85b3fd1ea8a1953c50ad-5.png ]

2021年4月以降、「デートに出かけた」人に対し、「ソーシャルディスタンスを意識したか」質問したところ、「3密対策を行っている場所を選んだ」の回答が2020年調査の約3倍に増加(2020年は10.7%に対し、2021年は29.5%)した。
一方、「気にならなかった」は2020年から約3割減少(2020年は25.6%に対し、2021年は18.1%)し、「気にはなったが、特に何もしなかった」は2020年の約半数に減少した(2020年は20.7%に対し、2021年は11.4%)。

以上から、異性とデートに出かけた人は2020年以上に「デート場所選び」に気を使ってコロナ禍のデートを楽しんでいることがうかがえる。

【4】外出自粛が今後さらに1年続いた場合のデート
Q 外出自粛が今後さらに1年続いた場合に、どのようなデートをイメージしますか?
(2020年と2021年調査比較)

[画像7: https://prtimes.jp/i/22091/181/resize/d22091-181-69d52fd47178c7cb7053-6.png ]

「外出自粛の状況が今後さらに1年続いた場合に、どのようなデートをイメージするか」については、2020年8月調査の結果と同じく、「感染対策に気を付けながら、直接会いたい」が過半数で最も多かった。

また2020年8月の調査結果から大きな変化は見られなかった。
2020年以降、外出自粛が長期化し、緊急事態宣言も発令されている中でも、「直接会いたい」気持ちは変わらないことが分かった。

◆年代別(2020年と2021年調査比較)

[画像8: https://prtimes.jp/i/22091/181/resize/d22091-181-be7d01d93e6b3f628a9b-7.png ]

年代別の2020年8月調査からの推移を比較したところ、20代後半~30代前半は「直接会いたい」割合が2020年から減少した。
一方で20代前半は「直接会いたい」割合が2020年から10ポイント近く増加した。

- 調 査 概 要 -
■調査名: 2021年リアルデートに関する前年比較調査
■調査地域: 全国
■調査対象: 20歳~34歳の未婚男女
■調査方法: インターネットを利用したクローズ調査
■調査日: 2021年8月4日(水)~8月11日(水)
■調査主体: 株式会社オーネット
■サンプル数:903名(男性456名/女性447人)
※ 表記の無い場合の単位は%です。 調査結果の数値は小数点第2位以下を四捨五入しているため、合計で100%にならないことがあります。
※ 出版物・印刷物等、本資料をご使用になる場合には、“結婚相手紹介サービス「オーネット」調査”と明記ください。その際にはオーネット広報グループ宛に連絡いただけますと幸いです。

■■株式会社オーネット 会社概要■■

[画像9: https://prtimes.jp/i/22091/181/resize/d22091-181-0139d5d1bc90e108b6da-8.jpg ]


結婚相手紹介サービス 株式会社オーネット
◎「データマッチング」、「WEBによる検索」、「写真による検索」、「パーティー・イベント」、「お引き合わせ」など、豊富な出会いの機会をご提供します。
◎専任の結婚アドバイザーによる手厚いサポートを通して、結婚にむけたさまざまなニーズにお応えいたします。
また、男女45歳以上を対象にした中高年専門の<オーネット スーペリア>を運営し、結婚のみにこだわらない、さまざまなかたちのパートナー探しを実現するための大人の出会いの機会をご提供しています。

・代表者:代表取締役社長 森谷 学
・設立:1980年4月 株式会社オーネットの前身となる株式会社オーエムエムジー創立
※2020年4月、オーネットは創立40周年を迎えました
・沿革:2007年12月 楽天グループに事業承継、株式会社オーネット設立
2018年12月 親会社が楽天株式会社よりポラリス・キャピタル・グループ株式会社関連会社に変更
・本社所在地:〒104-6222
東京都中央区晴海一丁目8番12号 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーZ 22階
<公式ホームページ>
オーネット https://onet.co.jp/
オーネット スーペリア https://onet.co.jp/superior/
オウンドメディア「おうね。」 https://oune.info

-オーネット過去調査-
第1回発行は、VOL.1 1996年01月「新成人の恋愛・結婚観/団塊ジュニアの意識調査」です。
オーネットでは、新成人の恋愛・結婚に関する意識調査をはじめ、各年代の未婚・既婚男女の
恋愛・結婚に関する意識調査を様々な角度から行い、その結果をリリースしています。
<ニュースリリースページ>
https://onet.co.jp/company/release/

<過去調査の紹介>
・2020年 コロナ禍におけるリアルデートに関する意識調査
https://onet.co.jp/company/release/2020/20200826.html
・2021年 新生活における、自然な出会いに関する意識調査
https://onet.co.jp/company/release/2021/20210512.html
・2021年 新社会人の職場恋愛に関する意識調査
https://onet.co.jp/company/release/2021/20210421.html
・コロナ禍のプロポーズに関する調査【オーネット会員】 https://onet.co.jp/company/release/2021/20210604.html
・2021年 新社会人の恋愛・結婚に関する意識調査
https://onet.co.jp/company/release/2021/20210104.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング