HEOSがAmazon Alexaに対応

PR TIMES / 2018年10月26日 14時31分

話しかけるだけで、音楽再生やインターネットラジオの選局が可能に

マランツは、ネットワークオーディオのプラットフォーム「HEOS」がAmazonのクラウドベースの音声サービス、Alexaに対応したことをお知らせいたします。Alexaスキルストアでスマートホームスキル「HEOS Home Entertainment」の提供を開始しました。本スキルをiOS / Android(TM) / Fire OSデバイスのAlexaアプリ上で有効にするとHEOS搭載製品の音声による操作が可能になります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/3601/182/resize/d3601-182-618016-0.jpg ]

Amazon EchoなどのAlexaが利用可能なデバイスに話しかけるだけで再生、停止、スキップや音量の調整などの基本的な操作に加え、Amazon Music※の楽曲から曲名やアーティスト名、年代、ジャンルなどを指定して再生することもできます。また、TuneInのデータベースに登録されている世界中のインターネットラジオ局からお気に入りの放送局を音声で呼び出すこともできます。
※ Amazon Musicのご利用には別途登録・契約や料金が必要な場合があります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/3601/182/resize/d3601-182-123584-1.png ]

スキル名 : HEOS Home Entertainment

Alexa対応製品


AVアンプ(2017年モデル):NR1608、SR8012
AVアンプ(2018年モデル): NR1609、AV8805
ネットワークCDプレーヤー:ND8006
ネットワークオーディオプレーヤー:NA6006


話しかけ方の例:


「アレクサ、リビングルーム※で音楽をかけて」
「アレクサ、ダイニングルーム※で(アーティスト名)の曲をかけて」
「アレクサ、キッチン※で(アーティスト名)の(アルバム名/曲名)をかけて」
「アレクサ、オフィス※で(アーティスト名)の2015年の人気の曲をかけて」
「アレクサ、オフィス※の音量を上げて」
「アレクサ、次の曲」
「アレクサ、この曲をリピートして」
「アレクサ、ストップ」
「アレクサ、この曲何?」
「アレクサ、ベッドルーム※でリラックスできるプレイリストかけて」
「アレクサ、ガレージ※でジャズをかけて」
「アレクサ、ガレージ※で90年代のJ-POPをかけて」

※ HEOSデバイス(部屋)の名前(アルファベットのみ対応)はHEOSアプリから設定することができます。


※ HEOSデバイスのファームウェア、およびスマートフォン/タブレット用アプリを最新版にアップデートしてお使いください。
※ HEOSデバイスでAmazon Prime Music / Amazon Music Unlimitedの楽曲をお楽しみいただくには別途登録・契約や料金が必要な場合があります。
※ Spotify、AWA、SoundCloudの楽曲を音声で選曲することはできません。
※ 電源のオン/オフ、入力ソースの切り替えについてはアップデートにより対応する予定です。

マランツ・ブランドについて
“Marantz”は1953年にソウル・B・マランツ氏が、米国にてプレミアムオーディオ製品の開発・製造・販売をおこなうブランドとして設立。プリアンプmodel 7、パワーアンプmodel 9をはじめ市場から名機と賞賛される数々の製品を世に送り出してきました。1982年には世界初のCDプレーヤー、CD-63を発売。
創業60周年を迎えた今、マランツはホームエンターテイメント機器のプレミアムブランドとして世界中で認められています。技術は日々進化すると同時に複雑さを増していますが、鋭い感性を持った音楽愛好家達の期待をも超越するという創業以来のソウル・B・マランツの精神は、常にマランツ製品の中に反映されています。
詳細は http://www.marantz.jpをご覧下さい。


※ Amazon、Alexa及び関連するすべてのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ AppleとAppleロゴは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
※ IOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
※ Android、Google Play、Google PlayのロゴはGoogle Inc.の商標です。

※ 仕様及び外観は改良のため、一部変更させていただくことがあります。
※ 掲載商品の写真の色は、印刷の関係で多少現物と異なることがあります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング