ビーアンドディーとロイヤリティ マーケティングが提携 ~ヒマラヤグループ全体でPontaサービスを導入~

PR TIMES / 2014年10月6日 16時29分

株式会社ヒマラヤの100%子会社で、スポーツ用品専門店を運営する株式会社ビーアンドディー(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:福島 一俊、以下「ビーアンドディー」)と、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川剛、以下「LM」)は提携し、2014年11月21日(金)より、ビーアンドディーが運営するスポーツ用品専門店「B&D」にて、「Ponta」の“たまる・つかう”サービスを開始します。



<提携の背景>
ビーアンドディーの親会社であるヒマラヤでは、2011年より共通ポイントサービス「Ponta」を導入しています。ヒマラヤでの「Ponta」による販促面の効率化・売上増の効果が認められ、この度、ヒマラヤグループは、ビーアンドディーを加えたグループ全体での「Ponta」の“たまる・つかう”サービスの導入を決定しました。

ビーアンドディーは、首都圏に32店舗展開をしており、サッカーを始め部活動を頑張る学生を中心とした顧客層に支持されて参りました。「Ponta」の導入により、より幅広いお客様層にご利用頂くきっかけを増やし、より多くのスポーツマンの情熱に応えていけるよう顧客満足度の向上に努めて参ります。

LMは、「Ponta」の「便利・おトク・楽しい」世界が、いつでもどこでも広がる生活密着型サービスの提供を目指しています。全国115店舗の大型スポーツ用品専門店を運営するヒマラヤに加え、首都圏におけるスポーツ用品専門店の展開に強みを持つビーアンドディーと提携することで、幅広く、より多くのPonta会員の皆様の利便性向上につなげて参ります。


<サービス概要>
本サービスでは、「B&D」でのお買い上げ100円(税別)につき1Pontaポイントがたまり、1Pontaポイントを1円としてお支払いに利用できます。

・サービス開始日 : 2014年11月21日(金)
・利用可能店舗  : 「B&D」全32店舗(一都六県)
・加算ポイント  : 100円(税別)につき1Pontaポイント
・利用ポイント  : 1Pontaポイント=1円


<「メイトカード」の終了について>
「B&D」にて提供している「メイトカード」は、2014年11月20日(木)を以て終了となります。「メイトカード」でためたスタンプは、所定手続きのうえ、Pontaポイントへの移行が可能です。

・ポイント移行期間: 2014年11月21日(金)~2015年8月31日(月)


【参考】

<企業概要 >

社名      :株式会社ヒマラヤ
代表者     :代表取締役社長 野水 優治
所在地     :岐阜県岐阜市江添1丁目1番地1号
設立      :1991年8月20日
主な事業内容  :スポーツ用品小売業
         野球・サッカー・テニス・バスケットボール・バレーボール・スイム・ゴルフ・
         スキー・スノーボード・キャンプ・アウトドア用品等、スポーツ用品の販売
URL       : http://www.himaraya.co.jp/

社名      :株式会社ビーアンドディー
代表者     :代表取締役社長 福島 一俊
所在地     :東京都豊島区東池袋2丁目32番地22
設立      :1992年3月21日
主な事業内容  :スポーツ用品小売業
         サッカー、フットサル、陸上競技、ランニング、バスケットボール、野球、ラグビー、
         バレーボール、スイム用品等、純競技用スポーツ用品の販売
URL       : http://bnd.co.jp/

社名      :株式会社ロイヤリティ マーケティング
代表者     :代表取締役社長 長谷川 剛
所在地     :東京都渋谷区東3丁目13番11号 フロンティア恵比寿5階
設立      :2008年12月1日
主な事業内容  :ポイント事業、マーケティング事業、決済事業
URL       : http://www.loyalty.co.jp/


◆共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」とは
1枚のポイントカードで様々な提携企業の共通ポイントを、ためる、つかうことのできる便利でおトクなサービスです。会員数6,584万人(2014年9月末日)を有する共通ポイントサービスで、提携企業80社、106ブランド、日本全国約23,400店(2014年10月1日)にて利用が可能です。
 Ponta公式サイト「Ponta.jp」: http://www.ponta.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング