ダイレクトドライブ方式アナログターンテーブル「PLX-1000」を新発売

PR TIMES / 2014年7月17日 17時11分

~DJ/クラブシーンで求められる操作性・高音質を実現~

 DJ/クラブ市場では、アナログレコードの音質やアナログターンテーブルの操作感、プレイスタイルへのこだわりから、アナログターンテーブルは未だに根強い人気があります。一方で、クラブ等での使用に耐え得る音質・品質を持つターンテーブル製造メーカーが減少してきていることから、DJプレイに適したターンテーブルの継続供給を望む声が高まっています。
 このようなニーズを受け、パイオニアは、DJ機器の世界的トップメーカーとして長年培ってきたノウハウと、オーディオメーカーとしての高音質技術を活かし、クラブシーンで求められる操作性と高音質を実現するプロフェッショナルターンテーブル「PLX-1000」を新たに発売します。 




 本機は、使いやすさを追求した操作レイアウトに加え、ダイレクトドライブ方式によるターンテーブルのスムーズな立ち上がりや幅広いテンポコントロール機能により、快適にDJプレイを行えます。また、さまざまな技術を採用した高音質設計により、DJ用途だけでなく、リスニング用途としても、アナログレコード本来の音質を忠実に再現するプレーヤーとして使用できます。
 当社は、今後もさまざまなDJスタイルに対応する商品を開発・販売し、DJ/クラブ市場に貢献していきます。

【商品紹介YouTube動画】 http://www.youtube.com/watch?v=rMF0pYZfuQk

なお、7月25日(金)より、パイオニア プラザ銀座(http://pioneer.jp/corp/publicity/pioneer-ginza/)に「PLX-1000」を先行展示します。

【主な特長】
1) 使いやすさを追求した操作レイアウト 
 DJ機器の世界的トップメーカーとして長年培ってきたノウハウを活かしながら、ターンテーブルユーザーのニーズを徹底的に調査し、使いやすさを追求した操作レイアウトです。迷うことのない、直感的なDJプレイを可能にします。

2) 安定した回転と素早い立ち上がりを実現するダイレクトドライブ方式※1
 ダイレクトドライブ方式の採用により、クラブ等の現場での使用に耐え得る安定した回転を実現しました。また、業界最高クラスの高トルク※2モーターの搭載により、4.5kg・cm以上の起動トルクを実現し、わずか0.3秒(33 1/3 rpm時)で定速回転に達します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング