鉄道高架下の植物工場での水耕栽培の規模を拡大 ~ブランド名称は「HANSHIN 清らか野菜」に決定~

PR TIMES / 2014年3月26日 10時33分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)では、2012年2月から鉄道高架下(大物駅~杭瀬駅間)に「阪神野菜試験栽培所」を設け、グリーンリーフレタスを水耕栽培し、沿線の皆さまに安全・安心かつ新鮮な野菜をお届けしてきましたが、この度、尼崎センタープール前駅高架下に新たな栽培所を設け、新たな品種を栽培するとともに、これまでのグリーンリーフレタスを大幅に増産してまいります。



また、「水の畑でやさしく育った」をキャッチコピーに、阪神野菜栽培所の野菜全てに「HANSHIN 清らか野菜」というブランド名称を付け、ロゴマーク及びパッケージを一新して販売します。
当社では、高架下土地の積極的な有効活用を初め、沿線活性化に積極的に取り組んでおり、今回、野菜栽培の規模を拡大することで、沿線地域を中心に、農薬を使わずに栽培した安全・安心かつ新鮮な野菜をお届けし、更なる沿線の活性化を図ってまいります。

【キャッチコピー】「水の畑でやさしく育った」

【ブランド名称】「HANSHIN 清らか野菜」
※野菜の生育に最適な環境を徹底管理した水耕栽培で、自然の雨風や病害虫にわずらわされることなく育った、瑞々しくピュアな味わいの野菜を表現したものです。

●阪神野菜新栽培所の概要
1.完成年月  2014年3月(出荷開始:2014年4月上旬~中旬)
2.形  式  完全人工光型植物工場
3.住  所  尼崎市水明町373-6(「尼崎センタープール前」駅高架下)
4.建築面積  836平方メートル
5.生産規模、主な栽培品種
 グリーンリーフレタス(従来から栽培)、フリルレタス(新たに栽培)
  1日当たりの生産量計 約1,800株
 ベビーリーフ(新たに栽培)
  1日当たりの生産量 約25kg
 (注) 従来は、グリーンリーフレタスのみを1日当たり約300株生産していました。
6.主な販売先  沿線のスーパー、飲食店舗、阪神百貨店、ガスビル食堂等

【ご参考】下記についてはリリースをご覧ください
 → http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20140325_2279.pdf
・従来の阪神野菜試験栽培所の概要
・阪神電車の水耕栽培野菜について
・「阪神野菜栽培所」野菜の特徴


阪神電気鉄道 http://www.hanshin.co.jp/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング