hitomi、相川七瀬、birdが参加! “こどもの日”チャリティーLIVE TOKYO FM“ Because I am a Girl LIVE ”

PR TIMES / 2013年5月7日 17時50分

2013年5月10日(金)20:30~20:55 TOKYO FMにてオンエア!

TOKYO FMでは、2013年5月5日(日・祝)こどもの日、出演者にhitomi、相川七瀬、birdを迎え、『 Because I am a Girl Live 』を開催いたしました。



このライブは、国際NGOプラン・ジャパンの途上国の女の子をサポートする Because I am a Girl キャンペーンに、「ヒューマンコンシャス~生命(いのち)を愛し、つながる心」を標榜するTOKYO FMが賛同し、開催するものです。hitomi、相川七瀬、birdも同じ女性の立場からこの趣旨に共鳴し、来場した1200名のファンに向けてメッセージを発信しました。

チケットの売上の一部は、Because I am a Girlキャンペーンへの寄付に充てられます。

ライブにまつわる特別番組は、TOKYO FMにて、5月10日(金)20時30分~20時55分『EVENT 80 NAVI』にて放送いたします。会場にいらっしゃれなかった方もぜひラジオの前でご家族やご友人と一緒にお楽しみください。


◇イベントの模様◇
イベントの冒頭では、hitomi、相川七瀬、birdの3人によるトークセッションが行われました。それぞれ、Because I am a Girlキャンペーンのキャンペーンカラーである、ピンクの衣装を着て登場!トークのテーマは「女の子が輝くために」。女性が輝く秘訣を尋ねると、hitomiは「すべてを真面目に受け止めると辛いので、ギャグを交えて。子育ても怒ってばかりだと楽しくなくなる。ギャグを交えて楽しむことで、怒りジワではなく笑いジワを増やしたい」と語りました。相川は、「女の人は命をつないでいく役目がある。自分を大切にして、休息をとって、きちんとメンテナンスしてほしい。」と会場にメッセージ。birdは「視点を広げて、いろんな角度からものを見れるようにして、毎日を楽しく過ごすことが大切!」と来場者に伝えました。

続くライブで、birdは、アコースティックギターの伴奏とともに、こどもの日にちなんだという、『童神』を含む、全7曲を歌い上げ、「今日ははじめましての方も多い中、一緒に楽しんでくれてありがとう」と会場に呼びかけると、ラストにデビュー曲の『SOULS』を届けました。相川は、大ヒット曲『Sweet Emotion』『恋心』で会場を盛り上げた後は、最新アルバム『今事記』からシングルカットされる『ヒカリノミ』などを披露。「birdさんもhitomiさんも同世代ですが、同世代のボーカリストでソロで活動している人は少ないので、今回は貴重な体験となりました」と語りました。ラストを飾ったhitomiは「世界には、想像以上に女の子が大変な目に遭っている国がある。こういう機会に知ってもらえたら嬉しい」と語り、『LOVE 2000』『CANDY GIRL』などのヒットパレードで会場を沸かせました。
このイベントの模様は、5月10日(金)20時30分~20時55分『EVENT 80 NAVI』にて放送いたします。


【参考資料】
■Because I am a Girl キャンペーンとは?
Because I am a Girlキャンペーンは、国際NGOプランが展開するグローバルキャンペーンです。女性であるがために様々な困難に直面する途上国の女の子たちの問題を訴え、彼女たちが「生きていく力」を身に付け、途上国の貧困が軽減されることを目指します。

■" Because I am a Girl LIVE "概要
【公 演 名】 " Because I am a Girl LIVE "
【日  程】 2013年5月5日(日・祝)16時00分開場、17時開演
【会  場】 ゆうぽうとホール
【出  演】 hitomi、相川七瀬、bird
【主  催】 TOKYO FM
【企画/制作】 TOKYO FM
【制作協力】 時蔵株式会社、株式会社サウンズグッド

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング