1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

CTCと日本IBM、ハイブリッドクラウドサービス事業で戦略的パートナーシップを拡大

PR TIMES / 2021年11月12日 14時45分

高度化・多様化が進むハイブリッドクラウド環境のインテグレーションとマネージドサービスの進化を推進

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:柘植 一郎、本社:東京都港区、以下:CTC)と、日本アイ・ビー・エム株式会社(代表取締役社長:山口 明夫、本社:東京都中央区、以下:日本IBM)は、CTCのクラウド分野におけるサービスラインアップの拡充や事業拡大を目的に、戦略的パートナーシップを強化する予定です。

近年、各企業では、企業活動のデジタル化による競争力強化を目的に、自社で所有するITインフラを、共有利用型のパブリッククラウドや専有利用型のホステッドプライベートクラウドなどと組み合わせて実現する、ハイブリッドクラウド環境への移行や、コンテナ基盤を活用してアプリケーションのクラウド化を進める動きが活発化しています。必要となる機能やサービスは多様化しており、エンタープライズ品質で組み合わせ、コンプライアンスに準拠したセキュアな運用を含めた高品質なサービスの提供が求められています。一方、技術革新のスピードや求められる対応範囲の広さ及び深さの点から、一企業が単独で全てを実現することが難しくなってきており、企業間の連携によるサービス拡充が必要です。

CTCでは、ITインフラへの多種多様化するお客様のニーズや課題に対して、ハイブリッドクラウド環境を継続的に最適化して提供するサービス群を「OneCUVIC」というブランド名称で展開しており、各サービスの強化を進めています。

特に注力する取り組みとして以下の4点を進めており、今回予定しているパートナーシップ拡大もその一つです。

CTCオリジナルのホステッドクラウドサービスCUVIC(キュービック)シリーズの機能拡充と提供範囲の拡大
パブリッククラウドのお客様提供価値の強化とユーザー企業の利便性向上
従来型データセンターからハイパースケール型データセンターへの刷新
複雑化・高度化するハイブリッドクラウド・マルチクラウドの統合状態監視(オペレーション、セキュリティ、省エネルギーの可視化)


今回のパートナーシップにおいて、CTCと日本IBMは両社のサービスを組み合わせ、CTCのクラウド及びマネージドサービス「OneCUVIC」を拡充し、強化することを検討していきます。具体的には、1.ITインフラ利用型サービス、2.アプリケーションのモダナイズ化を支える基盤サービス、3.マルチクラウドインテグレーション及びマネージドサービス、4.マルチクラウド環境下におけるマネージドセキュリティサービスの4つの分野でサービスを拡充することでITインフラのクラウド適用とアプリケーションのクラウド化を加速させ、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への貢献を目指します。

両社が組み合わせを検討するサービス・プロダクトは、CTCオリジナルの高品質なホステッドプライベートクラウドであるCUVICシリーズをはじめ、CTCデータセンターサービス、CTCマルチクラウドマネージドサービス、CTC C-Nativeサービス、IBM Cloud、IBM Power、 IBM Cloud Satellite、Red Hat OpenShift、IBM Cloud Pak for Watson AIOpsに代表される各種ミドルウェア等です。

今回の取り組みにより、現在3つのデータセンターから提供しているCTCのCUVICシリーズは、第4・第5(東日本・西日本)のデータセンターを加えて、IBM Cloud と繋がります。全世界60拠点以上に展開するデーセンターネットワーク上のIBM Cloudを利用して両社のビジネスを拡大していきます。

<One CUVICの注力ポイント>
1.ITインフラ利用型サービス

基盤デプロイスピード、構成種類、分散クラウド時代を見据えた設置場所などの多様性・柔軟性の向上
基幹システムが求める性能要件に応える、HWによる仮想化制御、大容量メモリー構成への対応による性能の向上


2.アプリケーションのモダナイズ化を支える基盤サービス

コンテナライズされたアプリケーションの開発及び実行基盤機能の実装
XaaS:様々なファンクションサービスの拡張。(例:在宅ワーク向けVDI、AI、自動化など)


3.マルチクラウドインテグレーション&マネージドサービス

CUVICや各種パブリッククラウド(AWS、Azure、GCPなど)のインテグレーションサービス(設計・構築・実装)の拡充
マルチクラウド環境下における、ワンストップ運用サービスの拡充


4.マルチクラウド環境下におけるマネージドセキュリティサービス

マルチクラウド環境下のITインフラへの脅威を検知、対策を行うセキュリティ監視、インシデント対応サービスの拡充
お客様のアプリケーションやサービスへの脅威を予兆・防御するアプリケーションマネージドサービスの拡充


今回の戦略的パートナーシップの拡大により、企業の情報システム部門が保有するミッションクリティカルなシステムのインフラに適したホステッドプライベートクラウドであるCUVICや、AWS、Azure、GCPなどのパブリッククラウドのインテグレーションやマネージドサービスに強みを持つCTCと、オープン・ハイブリッドクラウド・テクノロジーを基本に構成されたセキュアなビジネス向けのパブリッククラウドであるIBM Cloud、性能・品質面で高い実績があるIBM Power、マルチクラウド・コンテナ・プラットフォームのリーダーである Red Hat OpenShift などに強みを持つ日本IBMは、今後、高品質でセキュアなサービスで、お客様企業のDXを支援していくことを目指します。

またCTCでは、今回の取り組みのほか、今後積極的にサービスを展開することにより、「OneCUVIC」クラウドサービス事業を今後4年間で約650億円規模へ拡大することを目指します。

以上

■CTCについて
CTCは、通信、放送、製造、金融、流通・小売、公共・公益、ライフサイエンス、科学・工学等の全ての分野で、お客様のパートナーとなるシステムインテグレータです。先進的なITベンダーとのリレーションによる確かな技術力と充実したサポート体制で DXソリューションやクラウドサービスなどのITサービスを最適に組み合わせ、お客様のビジネスに貢献していきます。

■日本IBMについて
日本IBMは、世界175カ国以上でビジネスを展開するIBMコーポレーションの日本法人で、基礎研究をはじめ、ビジネス・コンサルティングから、ITシステムの構築、保守まで一貫したサービスの提供や、先進的でより高付加価値なハイブリッドクラウドやAIソリューションの提供を通じて、お客様の企業変革やDXを支援しています。

※IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Cloud、IBM Cloud Pak、IBM Cloud Satelliteは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、 https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。、は、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、 https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。

※Red Hatは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。
※その他のサービス名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください