「マッチョになりたくない女子にオススメの「やせるための筋トレ法」とは?」microdiet.netレポート

PR TIMES / 2013年4月25日 10時4分

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート「マッチョになりたくない女子にオススメの「やせるための筋トレ法」とは?」を公開致しました。

http://microdiet.net/diet/000351.html



ダイエットに運動はつきものですが、女性なら筋肉がついて太くなったり、ゴツゴツした体になるのは絶対に避けたいと考える人がほとんどです。

しかしながら、筋肉量を増やさず(又は維持せず)にダイエットをするとリバウンドしやすくなってしまいます。
減量の基本的なメカニズムとして、筋肉量を増やすか維持するかして基礎代謝量をある程度保たなければ、食事制限だけでたとえ一時的に体重が減ったとしても、体は余計に太りやすくなってしまうのです。
筋肉を増やしたり維持しながら女性らしい体を作るには、どのような運動が適しているのでしょうか。

運動によって筋肉が太くなるかどうかは、その運動の内容によって大きく変わります。筋肉には無酸素運動で鍛えられる「白筋」と、有酸素運動で鍛えられる「赤筋」があり、使うエネルギー源も異なります。

瞬発力のいるスポーツや激しい筋トレなどの無酸素運動では、糖をエネルギー源にしています。白筋は鍛えることで筋繊維が太くなりやすい性質があるため、ボディービルダーやウエイトリフティング、格闘技の選手など無酸素運動のスポーツ選手はガッチリした体型になりやすいです。

それに対して有酸素運動は脂肪をエネルギー源としているので、脂肪燃焼効果なら白筋よりも赤筋を鍛えたほうが効果的です。しかも赤筋は鍛えても筋繊維はあまり太くはなりません。

代表的な有酸素運動であるマラソンなど長距離ランナーの多くは、体の線は細いながらも全身が締まった体型をしています。普通の人に比べたら確かに筋肉はついていますが、決して太くはありません。

一度にかかる力が小さく、持続性のある運動なら筋肉は太くなりにくく、短時間に大きな力を必要とする瞬発的な運動なら太くなりやすいということです。


詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
「マッチョになりたくない女子にオススメの「やせるための筋トレ法」とは?」をご参照ください。
http://microdiet.net/diet/000351.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング