スパイスボックス、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のプロモーションを支援 

PR TIMES / 2019年10月3日 15時7分

クリエイターの共感層を軸とした「トライブ戦略」により、認知~好意度アップへ

ソーシャルメディア上で認知、好意形成を行う「エンゲージメント・コミュニケーション」の施策支援を行う株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、このたびヤフー株式会社が運営する動画投稿プラットフォーム「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」におけるクリエイターの作品や活動の認知向上を目的に、SNSを中心としたデジタルプロモーション施策支援を行いましたのでお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/7385/188/resize/d7385-188-916818-0.jpg ]

■「トライブ戦略」について
Yahoo! JAPANクリエイターズプログラムの認知、ブランディングを目的に、参加するクリエイターの共感層を中心に本プログラムの活動を訴求する施策を行いました。多くのクリエイターが参加している中で、「おもしろ/ネタ」「トレンド/カルチャー」「モノ/ガジェット」「How to」「専門マスター」の5つのジャンルより、影響力のあるクリエイターを1人ずつ選出し、各クリエイターの日々の活動をドキュメンタリーフィルムとして制作。SNSを中心にクリエイターそれぞれの共感層をターゲットとした、質の高いリーチを獲得しました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/7385/188/resize/d7385-188-575929-1.jpg ]

(図:5つのジャンルより影響力のあるクリエイターをそれぞれ選出し、クリエイターの共感層(ファン層)を中心にリーチさせ、認知、ブランディングを実施)

ドキュメンタリーフィルムとして制作することで、作品や活動のアウトプットだけではなく、クリエイターの思いや仕事と向き合う姿勢を表現しました。WEB広告やインフルエンサーPR、オーガニック投稿などの施策をかけ合わせてプロモーションを実施し、事後のブランドリフト調査(※)においては、認知度だけに留まらず、好意度や利用意向など多くの項目でポイントアップが見られる結果となりました。

※ブランドリフト調査・・・広告への接触グループと非接触グループの割合を比較し、施策の実施後、後者が前者より上がったことを導き出す調査のこと。

■「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」からのコメント
Yahoo! JAPANが創業して23年目。これまで数多くの媒体社の方々から情報をお預かりして日本のインターネットユーザーに届けるお手伝いをしてきました。そして、これからのインターネットメディアは「個人」の時代。世の中の価値ある専門性や創造性を持った「個人(=クリエイター)」の情報発信や活動を支援するプラットフォームとして「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」は生まれました。
今回スパイスボックスさんと取り組ませてもらった「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」の広告プロモーションは、私たちが日々どのような考えでクリエイターの方々の活動を支援しようとしているのか、そして私たちのサービスに参加して頂いているクリエイターがどのような情熱をもって世の中に情報発信しているのか、その根本的かつ本質的な思いや理念を、非常にわかりやすく感動的なストーリー構成でWEB CMに落とし込んでいただいております。WEB CMを配信した数値的な成果としても大変満足度の高い結果となりました。

■ 「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」について
「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」は、厳選されたクリエイターやインフルエンサーが自身の作品や動画コンテンツなどを自由に投稿できるプラットフォームです。7月30日時点で、各業界で活躍するクリエイター約250名が参加し、累計約10,000本を超える動画コンテンツを配信しています。
選別され、価値ある専門性・創造性を持つ個人(クリエイター)の情報発信をエンパワーメントして、より活躍し認められる世界を創るための支援スキームを構築しています。また、本プログラムを通してユーザーに価値あるコンテンツを届けることで、ユーザーとの出会いの接点を増やし、メディアパワーの最大化を目指しています。

・「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」ウェブサイト: https://creators.yahoo.co.jp/
・「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式Twitterアカウント: https://twitter.com/yj_creators
・著名クリエイターやインフルエンサーの オリジナル動画コンテンツをYahoo! JAPAN上に掲載(2018/10/30): https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/10/30a/

*********************************************
■株式会社スパイスボックスについて
企業やブランドへの好意、共感醸成を支援する、コミュニケーション・カンパニー
2003年、日本初のデジタルエージェンシーとして創業。さまざまな企業のブランディング支援を幅広く手掛ける。ソーシャルメディア上で好意や共感を持って“生活者”に語られる”広告コミュニケーション、「エンゲージメント・コミュニケーション」施策の設計、提供が強み。

【【会社概要】
社 名: 株式会社スパイスボックス
設 立: 2003年12月15日
資本金: 2億7143万円
出資者: 株式会社博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか
所在地: 東京都港区六本木1-4-5アークヒルズサウスタワー17階WeWork内
代表者: 田村 栄治
事業内容: デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業
URL: http://www.spicebox.co.jp/



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング