「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」新ラインアップ ゲートウェイ製品「ESET Mail Security for Linux」 本日2014年2月26日より先行評価版プログラムを提供開始

PR TIMES / 2014年2月26日 10時32分

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田和則、以下キヤノンITS)は、2014年2月26日(水)より、「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」の新ラインアップとなる、法人向けゲートウェイ製品「ESET Mail Security for Linux」の先行評価版プログラムの提供を開始します。



■ 先行評価版について
「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」では、日本市場における新ラインアップとして、ゲートウェイ製品の発売を予定しており、それに先駆けて、メールセキュリティ製品である「ESET Mail Security for Linux」の先行評価版を公開します。
先行評価版にて、定評のあるESETのセキュリティ技術をゲートウェイでも、いち早く無料で体験・評価できます。

【先行評価版プログラムの提供について】
・提供プログラム:ESET Mail Security for Linux V4.0
・プログラム提供期間:2014年2月26日(水) ~ 2014年5月28日(水)
・申し込み方法:下記ホームページから申し込みを受け付けます。
【URL】http://canon-its.jp/eset/emsl/


■ ESET Mail Security for Linuxの概要
「ESET Mail Security for Linux」は、メールの通信経路上にて、危険なウイルスや迷惑メールからユーザーのメール環境を守るソフトウェア製品です。
ウイルス検出においては、これまでのESET製品と同様に、ヒューリスティック機能を持ち、Virus BulletinやAV-Comparativesなどの第三者機関からも高い評価を受けているThreatSenseテクノロジーを搭載しています。
また、ESET製品の特長である軽快な動作も実現し、サーバーパフォーマンスへの影響を最小限に抑えることで、効果的かつ安定したセキュリティ対策を提供します。

詳細については、下記、弊社ホームページをご参照ください。
【URL】http://canon-its.jp/eset/emsl/


■ 動作環境
【ESET Mail Security for Linux 先行評価版プログラムの動作環境】
○OS:
・Red Hat Enterprise Linux 5
・Red Hat Enterprise Linux 6
・SUSE Linux Enterprise 10
・SUSE Linux Enterprise 11 SP1まで
・CentOS 5
・CentOS 6

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング