Tangerine株式会社との資本・業務提携に向けた基本合意に関するお知らせ

PR TIMES / 2014年4月3日 15時26分

当社は、ビーコン技術を活用したサービスネットワークの構築を目指すTangerine株式会社(タンジェリンカブシキガイシャ、 本社:東京都港区、 代表取締役:平井清人)と資本・業務提携に向けた協議に入ることで基本合意しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.資本・業務提携の背景・理由
 当社は、「保険」「引越」「中古車」「住宅」など生活関連の分野において、インターネット上で商品やサービスを簡単に比較し最良の選択ができるEマーケットプレイスの運営を基軸として、一般消費者とサプライヤへのサービスを提供しております。またウェブマーケティング活動によって得られた顧客とのロイヤリティや情報資産を活用し、「保険」「住宅」「飲食」などの分野でリアル事業を開発することで企業グループを形成し、成長してまいりました。
 一方Tangerine社の経営陣・創業メンバーは、代表取締役の平井清人氏をはじめ日米通信業界に幅広い人脈と携帯通信技術への深い造詣・経験を持ち、同社は設立されてまだ日が浅いスタートアップ企業ながら、すでに複数の大手企業とビーコン技術・サービスネットワークの導入検討を進めております。

 今般、当社がビーコン技術を活用した新規ビジネスを模索するにあたり、Tangerine社が持つビーコンネットワーク技術への知見・経験と先進性に可能性を見出し、同社との連携を検討してまいりました。当社がTangerine社に資本参加し、ネットビジネス・リアルビジネスで培ったノウハウの提供を通じて、同社が目指すビーコンサービスネットワークの構築に積極的に関与していくことが両社の企業価値の向上に寄与するという結論に至り、本資本・業務提携を検討する事となりました。


2.業務提携の内容
 Tangerine社は、グローバルスケールのビーコンネットワークインフラの構築を目指し、新たな空間価値やユーザーエクスペリエンスを提供することをミッションとして掲げており、当社は同社と企画や事業開発の分野において包括的な提携を進めてまいります。Tangerine社が構築するネットワークに参加し、ビーコンサービスの導入を図る企業に対し、当社がビジネスモデルの企画・開発、コンテンツ制作、広告配信の最適化などさまざまなソリューションを提供していく予定です。具体的な条件や推進方法等については、今後両社で協議してまいります。
 なお、当社のビーコン技術への取り組みについては、平成26年3月26日に公表しました飲食店向けスマートフォンアプリに関するプレスリリースをご参照ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング