進化した「低・前重心設計」に、テーラーメイド独自の“白”ヘッドを融合! 誰もがロフトアップ効果を実感できる新シリーズが登場!!『SLDR S(エス エル ディー アール エス)シリーズ』

PR TIMES / 2014年5月26日 11時39分

『SLDR Sドライバー』 / 『SLDR Sフェアウェイウッド』 / 『SLDR Sレスキュー』  ~2014年7月3日より販売開始~

テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役会長兼社長:菱沼信夫)ではこの度、進化した「ロー・フォワード・シージー(低・前重心)設計」にテーラーメイド独自の“白”ヘッドを新たに搭載し、誰もがロフトアップ効果を実感できる、新シリーズ『SLDR S(エス エル ディー アール エス)シリーズ』(ドライバー/フェアウェイウッド/レスキュー)を2014年7月3日より販売開始します。



『SLDR Sドライバー』は、国内外のツアーで高い勝率と使用率を誇る『SLDRドライバー』をさらに進化させ、あらゆるスイングスピードのゴルファーに対して高弾道・低スピンを提供し、驚きの飛距離を生み出すディスタンス系ドライバーです。同モデルでは、ゴルファーが理想とする高弾道・低スピン効果を進化させ、さらなる低・前重心化を実現。『SLDRドライバー』よりも、クラブ重量を約10 g軽量化し、飛距離性能向上につなげました。これにより、ヘッドスピードを高め、ボール初速向上に貢献すると共に、ロフトアップによる飛距離性能を、一層幅広いゴルファーに提供していきます。さらにクラウンにはテーラーメイド独自のホワイトカラーを採用。アドレス時の安心感とターゲットに対する構えやすさを提供します。

シャフトには三菱レイヨンと共同開発した、鋭く振り抜けるSLDR Sオリジナル軽量シャフト「TM1-414」を採用。ロフトバリエーションもロー・フォワード・シージー(低・前重心)設計によるロフトアップ効果を引き出せるよう、10°、11°、12°、14°の2ケタロフトをラインナップ。あらゆるゴルファーに、ロフトアップによる理想的な弾道に近づけます。

テーラーメイド-アディダスゴルフカンパニー(本社:米国カリフォルニア州)の最高技術責任者のブノア・ビンセントは次のように語っています。「一部のゴルファーは、未だに低・前重心とロフトアップの組み合わせで、飛距離を最大化できるのは、ツアープロだけだと思っています。この『SLDR Sドライバー』は、スイングスピードに関係無く、全てのゴルファーが最大飛距離を生み出すことを可能にしました」。

『SLDR Sシリーズ』には、ドライバーに加え、同じくロー・フォワード・シージー(低・前重心)設計とハイロフトデザインを採用した『SLDR S フェアウェイウッド』、『SLDR Sレスキュー』をラインナップ。飛びとやさしさが進化した『SLDR Sシリーズ』を通じて、より多くのゴルファーに、理想的な弾道と飛距離を提供していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング