【ホテルオークラ東京】贅を尽くす、こだわりの最高級レストランウェディング新プラン“Chateau Wedding”発表

PR TIMES / 2013年7月18日 19時0分

ホテルオークラ東京「バロン オークラ」で叶う社交界をイメージした テーブルアイテムからお料理まで、ラグジュアリーウェディング

ホテルオークラ東京(東京都港区虎ノ門2-10-4、代表取締役社長 清原 當博)は、ワインダイニング&シガーバー「バロン オークラ」での新しいスタイルのレストランウェディング“Chateau Wedding(シャトーウェディング)”を販売いたします。
ホテルウェディングと言っても、宴会場をお二人のご要望通りに演出するご披露宴や、レストランをご披露宴会場としてお使いいただくレストランウェディングなど、ご招待されるお客様の規模などにより形式はさまざまです。新郎新婦がご招待ゲストへ直接おもてなしをしたい、またゲストの方々にもリラックスしていただきながらも社交界のようにおもてなしの時を共有していただきたい、そんな想いを叶えることができるのが新プラン“Chateau Wedding”です。





【バロン オークラ “Chateau Wedding”】

<全てのお客様と親しく言葉を交わせる、あたたかな宴>
新郎新婦を中央に出席者全員がひとつのテーブルを囲み、視線が合う近さで笑顔と言葉を交わし、心からの祝福を受ける、そんなひとときを叶える会場レイアウト。

<メリハリのあるご披露宴で、感謝を伝えるおもてなし>
アペリティフのカナッペは食前酒とともに、アペリティフ エリアでおひとりおひとりにご挨拶。お食事は正餐スタイルにてテールコートのウエイターによる格調高いサービスを堪能。デセールや食後のひとときはシガーバーや会場内のソファでゆったりとリラックス。ゲストにとってもかけがえのない時間。

<窓から光溢れる空間>
大きな窓から都心の景色を見下ろせる開放感のある空間。明るい花や草木を使用し、高級でありながら気品のある親しみやすさや可愛らしさを演出することも可能。


ワインダイニング&シガーバー「バロン オークラ」はホテルオークラの創業者である大倉喜七郎の呼び名である「大倉男爵」を店名にしたレストランです。500種1万本に及ぶ所蔵ワインを料理とのマリアージュで楽しむ大人のための空間として定評があります。店内には、ワインセラーやワイン同様に湿度や温度を保った場所で保管されているシガーを愉しめるシガーバーなどバロンオークラならではの優雅な雰囲気が好評のレストランです。


<プラン概要>
【人数】
20名~40名

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング