弱い人間はゴミなんですか!? 青春小説の金字塔『七帝柔道記』。 異例のPV第2弾「泣きながら編」完成!!

PR TIMES / 2013年8月9日 11時13分

角川書店



「僕はこの物語を泣きながら書いた……」

 衝撃的なナレーションから始まる増田俊也著『七帝柔道記』の公式プロモーションビデオ『七帝柔道記』PV 泣きながら編が公開された。書籍のPVとしては業界でも異例の第2弾PVの公開となる。

 『七帝柔道記』は、旧七帝大のみで行なわれている「練習量が全てを決める」という寝技中心の柔道に、主人公の増田が青春の全てを捧げる、自伝的青春小説である。
 北の大地に憧れ、北海道大学・柔道部に入部する主人公・増田を待っていたのは、想像を絶する地獄の練習の日々であった……。毎日毎日ボロボロにされ、罵倒され、ゴミくずのようにされる。なぜそんな思いまでして過酷な練習を続けなかればならないのか。なぜこんなにも自分を追い詰めなければならないのか。なぜ先輩達は口々に、最後まで続ければ、絶対にいいことがあると言うのか。増田は闘う。その答えを探し続けながら……。


 
「青春の全てを七帝柔道に捧げた著者が、泣きながら書いた青春小説」。第2弾PVは第1弾の『熱闘編』とは相対する、主人公の深層心理に深く、静かに、優しく迫る、そして小説の本質に迫る、感動的なPVに仕上がっている。
 KADOKAWA宣伝部・宣伝担当菅原氏は「本作品の魅力を短いPVでどこまで表現できるか、正直当初は不安だらけでしたが、本PVは作品を知らない人はもちろん、既に本書を読んだ方が見ても“何か”を感じるものになったのではと思います。既に私自身にとっても大切な作品になった本作が、このPVをきっかけに一人でも多くの方に手を取っていただくことが出来れば、これほど嬉しいことはありません」と熱を込めて語っている。

 小説『七帝柔道記』は発売既に重版5刷。本PV、およびPV第1弾は『七帝柔道記』角川ブックチャンネルにて公開中。また本作『七帝柔道記』は「本の雑誌」上半期ベスト10の第3位に選出され、井上雄彦氏、万城目学氏、森絵都氏ら、各界からの反響も続々と届いている。そして著者が本作を泣きながら書いた理由を語るロングインタビューは『七帝柔道記』の公式HPにも掲載されている。

○夭折した仲間たちに捧げる『七帝柔道記』PV第2弾 泣きながら編


○世界一熱い書籍PV~『七帝柔道記』PV第1弾 熱闘編


○『七帝柔道記』公式HP → 「七帝柔道記 」で検索
http://www.kadokawa.co.jp/sp/nanatei/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング