ルートの再配送、スマートな大規模ネットワークの作り方・・・ SKILL BASECAMP 2013 for ネットワークエンジニア

PR TIMES / 2013年3月6日 15時43分

エンジニア、クリエイターのキャリア創造を支援する株式会社パソナテックは、2013年最初の取り組みとして、最新の知識や技術、トレンドを把握するための機会「SKILL BASECAMP 2013」を実施中。「ネットワークエンジニア」の分野では、来る3月12日(火)に「ルート再配送を学び柔軟なネットワーク構築力をつける」、3月19日(火)に「OSPFプロトコルのルート集約~スマートな大規模ネットワークの作り方」を開催します。



スマートデバイスの隆盛による新規インフラ構築の必要性やセキュリティ強化など、通信系を軸にニーズが急増しているネットワーク市場。最新トレンドをつかみつつ、資格やキャリアを実務に活かすポイントを押さえたセミナーやトレーニングの機会をご提供します。

■セミナー概要
「ルート再配送を学び柔軟なネットワーク構築力をつける」
ルーティングを行う際には、単一のルーティングプロトコルを使用しネットワーク構成をシンプルにして管理しやすくしますが、さまざまな理由でルーティングプロトコルを統一できないことも。本セミナーでは複数のルーティングプロトコルを利用した場合の、ルート再配送の仕組みについて解説します。また、Ciscoルータでの具体的な構成例も扱います。

・ルータのルート情報登録の仕組み

・ルート再配送とは
・Ciscoルータでのルート再配送の設定
・Ciscoルータでのルート再配送の設定デモ

【日   時】 2013年3月12日(火)19:00-21:00
【会   場】 パソナグループ本部 1階 (http://www.pasonatech.co.jp/event/pdf/pgmap_info.pdf
【詳細・申込】 http://www.pasonatech.co.jp/event/index.jsp?no=3808&utm_source=prtimes&utm_medium=pr&utm_campaign=pr_prtimes


「OSPFプロトコルのルート集約~スマートな大規模ネットワークの作り方」大規模なネットワークでOSPFを利用するためには、適切なエリア構成を考えた上でのルート集約が必要です。本セミナーでは、OSPFのルート集約の仕組みとCiscoルータでの具体的な設定例について解説します。

・OSPFのエリア

・スタブエリアによるOSPFルート集約
・ABR、ASBRでのOSPFルート集約
・CiscoルータでのOSPFルート集約の設定デモ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング