レコチョクが“チョコをあげたい!もらいたい!アーティストランキング”を発表 あげたい1位は、小渕健太郎(コブクロ)、もらいたい1位は、YUIに決定

PR TIMES / 2012年2月3日 11時21分



 株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区渋谷、代表執行役社長:加藤裕一)は、本日2月3日(金)、ユーザー投票による“チョコをあげたい!もらいたい!アーティストランキング”を発表しました。
これは、2月14日(火)のバレンタインデーにあわせて、「レコチョク 音楽情報」サイトで実施したユーザー投票により決定したものです。

 チョコをあげたいアーティスト1位は、コブクロの小渕健太郎。

「あの笑顔でありがとうと言われてみたい。優しいから全部食べてくれそうだし、何より大好き」(34歳・女性)
「いつも、元気をもらっています。歌詞、歌声、ブログ、いろいろな企画、すべてに愛情を感じます。バレンタインでお返しがしたいです」(24歳・女性)
「どんなに不格好なチョコでも優しく受け取ってくれると思う」(18歳・女性)
など、優しく温厚な人柄・爽やかな笑顔・アーティスト性など全てにおいて絶賛の声が多数寄せられ、活動休止中にもかかわらず堂々の1位となりました。
なお、1位の小渕健太郎(コブクロ)、2位の遊助は4年連続“チョコをあげたいアーティストランキング”TOP3にランクインしており安定した人気を誇っています。

 チョコをもらいたいアーティスト1位は、YUI。

「『CHE.R.RY』とかを歌ってくれたあとにチョコをさりげなく手渡されたりしたら嬉しすぎて気絶する(笑)」(17歳・男性)
「もしYUIにチョコをもらったら、燻製にして部屋に飾ると思う」(16歳・男性)
「可愛い詩を一生懸命作っているYUIだからこそ、可愛いチョコをくれそうだから」(15歳・男性)
など、こちらも可憐な容姿や曲の世界観に、多くの男性が惹き付けられているようで、3年連続“チョコをもらいたいアーティストランキング”1位に輝きました。

2位は、西野 カナがランクインしており、同世代の女性だけではなく男性からも支持されての結果となりました。

現在、レコチョクでは2月14日(火)までの期間、ティーンたちに人気の高いカリスマモデルでアーティストの“きゃりーぱみゅぱみゅ”の豪華プレゼントがもらえるバレンタイン特別企画も実施中です。


■チョコをあげたいアーティスト
 1位 :小渕健太郎(コブクロ)
 2位 :遊助
 3位 :黒田俊介(コブクロ)

■チョコをもらいたいアーティスト
 1位 :YUI
 2位 :西野 カナ
 3位 :前田敦子(AKB48)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング