人事戦略を考える!コラム「会社行事での『良かれと思っての逆効果』のお話」を公開しました。

PR TIMES / 2014年10月6日 18時21分

株式会社大塚商会は、ERPソリューションの情報満載サイト「ERPナビ」において、ビジネスに関わる時事情報や市場動向、業種・業界に特化した情報などバラエティに富んだコラムを日々発信しています。
今回は、人事戦略・組織風土変革をテーマにしたコラム「人事コンサルティングの現場から見える会社の風景」にて、社内コミュニケーションに見る会社と社員の距離感について書かれた「会社行事での『良かれと思っての逆効果』のお話」を公開しました。



社員旅行などをはじめとした会社行事は、時代の変化とともに徐々に減る傾向にありました。しかしながら、最近は社内コミュニケーションの向上や、それによる仕事上の好影響があると評価され、あらためて見直す動きも出てきています。「人事施策」の一環として、戦略的に活用していこうという会社もあります。
そのような中で、良かれと思っての取り組みが、社員の意識とすれ違ってしまい、逆効果になってしまっている例も見かけます。それらの会社の様子を見ていると、ある共通点がありました。皆さんの会社でも思い当たることがありませんか。ぜひ、ご一読ください。

▼人事コンサルティングの現場から見える会社の風景
第13回 会社行事での「良かれと思っての逆効果」のお話 著者:小笠原 隆夫 氏 (ユニティ・サポート)
http://www.otsuka-shokai.co.jp/erpnavi/topics/column/human-resources/yokaretoomottegyaku.html?02=01_ptsi141006a

-著者
ユニティ・サポート 代表
小笠原 隆夫 氏
IT業界の企業人事出身の人事コンサルタント。 2007年に独立し、以降システム開発のSE経験と豊富な人事実務経験を背景に、社風や一体感など組織が持っているムードを的確に捉えることを得意とし、自律・自発・自責の切り口で、組織風土を見据えた人事制度作り、採用活動支援、人材育成、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務を専門的に支援するなど、人事や組織の課題解決、改善に向けたコンサルティングをさまざまな規模の企業に対して行っている。上から目線のコンサルティングではなく、パートナー、サポーターとして、顧客と協働することを信条とする。
ユニティ・サポート ⇒ http://www.unity-support.com/

▼人事総務部門向けソリューション(ERPナビ)
http://www.otsuka-shokai.co.jp/erpnavi/service/general-affairs/?02=01_ptsi141006a

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング