1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【銀座 蔦屋書店】東洋思想の"気"に着目。多様なストロークが織りなす、アーティスト・上野裕二郎による新作個展「Surge/渦動」を10月16日(土)より開催。

PR TIMES / 2021年10月5日 13時45分

銀座 蔦屋書店(東京都 中央区 GINZA SIX6F)は、気鋭アーティストを特集する展覧会シリーズ「銀座 蔦屋書店ART PARTY」の第11回目として、上野裕二郎による個展「Surge/渦動」をアートウォール・ギャラリーにて開催いたします。期間は2021年10月16日(土)~11月5日(金)。



[画像1: https://prtimes.jp/i/58854/195/resize/d58854-195-8e5ac945256cc2b6f242-2.jpg ]



概要

上野裕二郎は「万物は流動的存在として常に相互に影響を及ぼし合っている」という観念に基づく、東洋思想の“気”に着目しながら、鳥獣などの生物をモチーフに絵画制作おこなってきた作家です。

2015年から4年間沖縄で過ごし、TURNER AWARDを始め、数々の注目の展覧会に参加し賞を受賞してきました。2021年に東京藝術大学大学院美術研究科修士課程を修了したばかりの、今後が注目される若手作家の一人です。

本個展では、「Surge/渦動」と題し、新作展示を行います。
作品のモチーフには、龍や鳳凰を選び取りました。技法面では、筆のストロークだけでなく、色面をレイヤーとして見せたり、新しくたらし込みの技法を取り入れています。
さらに、同じく今回展示する小作品では、筆のストロークのみを見せる新たな試みも行うなど、上野の新境地が伺える内容となっています。

これまでは実在の動物を中心に描いてきたなかで、修了制作以降、龍を中心とした架空の生物を意識的に描くようになったという上野。「動物の生命感」といったわかりやすい言葉に収斂する絵から抜け出し、より複合的な観念を提示。また、人間が太古から想像し、描いてきた普遍的な龍というイメージを上野自身のやり方で表現します。

「Surge」は、「うねり、渦、大波、沸き立つ」といった意味を持ち、ラテン語では「上方に向かって立ち昇る」の語源を持ちます。循環する“渦”は、上野の制作のテーマである、生物や外界の揺らぎ、また、より大きな物質や時間の流れを表現する上で、重要なイメージのひとつです。
自然界の混沌や渦巻くような力の象徴として龍を描くことで、現代の時代性を反映した新しさと、時代や場所を超えた普遍性の両方を併せ持つイメージに到達することを意図しています。

特集ページ| https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/22558-1524140930.html


アーティストステイトメント

私は主として生物をモチーフに、それらが持つ内在的な気や外界との揺らぎ、あるいは生成と消滅を繰り返しながら続いていく時間と物質の流れといったものに迫ることを自身の表現の主題としている。
こうしたテーマを探求する上で、私は自己の感覚を開放するための方法として筆勢に着目し、それらを重層的に重ねていく手法をとっている。これは東洋の水墨画や、印象派の筆触分割、さらに浮世絵の多層的な描法に影響を受けている。
そのため、私の制作では水溶性絵具と油絵具を併用し、それぞれが持つ特性を活かしながら様々な筆のストロークで画面を構築していく。
異なる要素を融合させることは造形上の要素にも言える。例えば具象と抽象、現代と古代、東洋と西洋、陰と陽などといった対局のものを統合することで、過去の歴史や文化を引き継ぎながら、現代における新しい表現として提示することを意図し制作している。

上野裕二郎


アーティスト・プロフィール

上野裕二郎(うえの・ゆうじろう)

[画像2: https://prtimes.jp/i/58854/195/resize/d58854-195-f5b8ec5c79fb22f85aca-1.jpg ]

1996 京都府生まれ
2019 沖縄県立芸術大学 美術工芸学部 絵画専攻(油画)卒業
2021 東京藝術大学大学院 美術研究科 芸術学専攻 美術教育研究室 修士課程 修了

【主な受賞・入選/助成等】
2021 第69回 東京藝術大学卒業・修了作品展 2021【早暁賞】(作品買上)
2020 TURNER AWARD 2020 入選
2020 LIQUITEX THE CHALLENGE 2020 【リキテックス賞 大学部門】
2020 第7回 未来展 -美大の競演-(推薦作家展)(日動画廊)
2019 TURNER AWARD 2019 入選
2019 2019年度 三菱商事アート・ゲート・プログラム奨学生
2019 第6回 未来展 -美大の競演-(推薦作家展)(日動画廊)

【個展】
2021 「上野裕二郎 個展」(東京アメリカンクラブ フレデリックハリスギャラリー、東京)
2018 「上野裕二郎 個展」(沖縄県立芸術大学 企画展示室)
その他、グループ展等多数


作品販売について

作品は銀座 蔦屋書店店頭、オンラインストア「OIL by 美術手帖」にて10月16日(土)13時より販売いたします。
※作品は事前のセールスで一部販売が終了することがございます。予めご了承ください。

特集ページ| https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/22558-1524140930.html


展覧会詳細

上野裕二郎 個展「Surge/渦動」

会期|2021年10月16日(土)13:00~11月5日(金)
営業時間|10:30~21:00
   ※10月16日(土)のみ13:00~
   ※変更がある場合は、当店Webサイト、SNSにてお知らせいたします。
会場|銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー
入場|無料
主催|銀座 蔦屋書店
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内)/info.ginza@ccc.co.jp
特集ページ| https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/22558-1524140930.html
※今後の国・地方自治体から休業要請内容の変更等があった場合、それに準じて本展覧会の期間なども変更になる可能性がございます。変更がある場合は、銀座 蔦屋書店のHP、公式SNSなどにてお知らせいたしますので、あらかじめご了承ください。


「銀座 蔦屋書店 ART PARTY」とは

本企画では21世紀初頭の十数年間を日本のアートの変節点と捉え、来るべき時代のアートを探求します。銀座 蔦屋書店ならではのオープンな空間に展示される作品を通して、アーティストの新鮮で刺激的なアイディア、時代のアクチュアリティ、そしてアートそれ自体の醍醐味をより身近に感じていただくことのできる展覧会シリーズです。年齢やキャリアを問わず注目すべき様々なアーティストを取り上げていきます。


銀座 蔦屋書店

本を介してアートと日本文化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案します。
住所|〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
電話番号|03-3575-7755
営業時間|店舗ホームページをご確認ください。
[画像3: https://prtimes.jp/i/58854/195/resize/d58854-195-72c7fe70033f818f5c7a-0.jpg ]


ホームページ| https://store.tsite.jp/ginza/
Facebook| https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS/?ref=bookmarks
Twitter| https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA
Instagram| https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/


CCCアートラボ

私たちは、企画会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の中でアートに関する事業を行う企画集団です。「アートがある生活の提案」を通じてアートを身近にし、誰かの人生をよりハッピーにすること、より良い社会をつくることに貢献したいと考えています。店舗企画やアートメディア、商品開発やイベントプロデュースなど、長年の実業経験を通して培った知見をもとに、専門的なアプローチで企画提案を行います。
https://www.ccc-artlab.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング