サイバーセキュリティクラウド、2020年7月~8月のサイバー攻撃検知レポートを発表 2020年上半期平均攻撃検知数と比較して夏季休暇を含む7月~8月はサイバー攻撃が30%増加

PR TIMES / 2020年9月4日 19時15分

株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大野 暉、以下「当社」)は、お盆休みなど長期休暇を含む2020年7月1日から8月31日を対象としたサイバー攻撃検知レポートを発表いたします。なお、本データは当社が提供する、Webサイトへのサイバー攻撃を可視化・遮断するクラウド型WAFの「攻撃遮断くん」、AWS WAF自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」で観測した攻撃ログを集約し、分析・算出しています。



<調査概要>
・調査対象期間:2020年7月1日~2020年8月31日
・調査対象:「攻撃遮断くん」、「WafCharm」をご利用中のユーザーアカウント
・調査方法:「攻撃遮断くん」、「WafCharm」で観測した攻撃ログの分析

■攻撃状況
<サイバー攻撃検知数比較>
[画像1: https://prtimes.jp/i/9107/196/resize/d9107-196-862543-0.png ]

 お盆休みを含む2020年7月1日から8月31日までにおいて、当社サービス(「攻撃遮断くん」、「WafCharm」)の導入企業に対しては月平均で32,238,832件のサイバー攻撃を検知しました。
 これは、2020年上半期に検知したサイバー攻撃数の平均と比較すると、Webサーバーを構成するソフトウェアの脆弱性に対する攻撃として分類される「web attack」や、攻撃の対象を探索・調査したり、無作為に行われる単純な攻撃で脆弱性を探す方法である「Web scan」、アプリケーションのセキュリティ上の不備を意図的に利用してシステムを不正に操作する「SQL Injection」などの増加が要因となり30%以上増加しています。
 さらに2020年8月18日には、2020年内最多検知数となる1,746,611件のサイバー攻撃を検知し、さらに同月7日には2番目に多い1,647,089件を検知しました。

 このように7月、8月に攻撃数が増加した要因として、新型コロナの感染が再び拡大したことで、企業のテレワーク体制が長引いていること、さらに7月、8月は従業員が夏季休暇を取得するなどオフィスが手薄になりがちであったことから、こうしたタイミングを狙ってサイバー攻撃が増加した可能性が高いと考えられます。
 また2020年8月に実施したサイバー攻撃の発生から発覚・公表までの期間に関する調査結果では、50%以上の法人・団体においてサイバー攻撃発覚まで90日超を要しており、さらにサイバー攻撃を受けてから発覚するまでに平均383日かかっていることがわかっています。そのため、こうした状況下においても攻撃発覚に至っていないケースが多く存在すると考えられます。
 今後年末年始に向けてサイバー攻撃はさらに増加する可能性があり、こうした事態を未然に防ぐためには、自社のサイバーセキュリティをいち早く見直すことが重要です。

 当社では、ますます増大しているサイバー攻撃の脅威から企業のWebサイトを守るため、今後もユーザーが安心してサービスを使える環境の構築支援に尽力し、企業のビジネス保護に努めてまいります。

【クラウド型WAF「攻撃遮断くん」について】
https://www.shadan-kun.com/
[画像2: https://prtimes.jp/i/9107/196/resize/d9107-196-318336-3.png ]

 クラウド型WAF「攻撃遮断くん」は、Webサイト・Webサーバへのサイバー攻撃を可視化・遮断するWebセキュリティサービスです。ディープラーニング(深層学習)を用いた攻撃検知AIエンジン「Cyneural」を活用し、一般的な攻撃の検知はもちろん、未知の攻撃の発見、誤検知の発見を高速に行うとともに、世界有数の脅威インテリジェンスチーム「Cyhorus」により、最新の脅威にもいち早く対応します。導入社数・サイト数で国内1位※1を獲得し、企業規模を問わずご利用いただいています。

【AWS WAF自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」について】
https://www.wafcharm.com/
[画像3: https://prtimes.jp/i/9107/196/resize/d9107-196-721218-2.png ]


 「WafCharm」は導入ユーザ数で国内1位※2のAIによる「AWS WAF」のルール(シグネチャ)自動運用サービスです。機械学習を用いて最適なWAFルールを自動運用するAIエンジン「WRAO(ラオ)※3」(特許番号:特許第6375047号)を搭載しています。累計導入サイト数・導入社数国内No.1※1の実績を持つクラウド型WAF「攻撃遮断くん」で培った1兆件を超えるビックデータを活用し、お客様毎に最適なルールをAWS WAFに自動で適用します。サイバー脅威情報監視チーム「Cyhorus」により最新の脅威にもいち早く対応します。また、国内有数のシグネチャカスタマイズのノウハウをもった、開発エンジニアによるサポートも合わせて提供しています。190か国100万以上のAWSユーザーに向けて販売しています。

【株式会社サイバーセキュリティクラウドについて】
会社名:株式会社サイバーセキュリティクラウド
所在地:〒150-0011 東京都渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿maxim3階
代表者:代表取締役社長 大野 暉
設立 :2010年8月
URL : https://www.cscloud.co.jp/
「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」という理念を掲げ、サイバーセキュリティクラウドでは、世界有数のサイバー脅威インテリジェンスとAI技術を活用した、Webアプリケーションのセキュリティサービスを全世界に向けてサブスクリプションで提供しています。また、クラウド市場世界シェア45%※4を持つAWSにおいて、世界で7社目となるAWS WAFマネージドルールセラーにも認定されております。
 これからも私たちは、リーディングカンパニーとして、世界中の人々が安心安全に利用できるサイバー空間を創造するためのサービス開発を行い、情報革命の推進に貢献してまいります。

※1 出典:「クラウド型WAFサービス」に関する市場調査(2019年6月16日現在)<ESP総研 調べ>(2019年5月~2019年6月 調査)
※2日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年7月期_実績調査
※3 AWS WAF classicのみに対応
※4 出典:Gartner(August 2020)・・・Worldwide Iaas Public Cloud Services Market Share, 2018-2019

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング