投資信託取扱商品の追加および インストアブランチでの取扱商品の変更について

PR TIMES / 2014年6月27日 11時22分

イオンフィナンシャルサービス株式会社(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:山下昭典)の子会社である株式会社イオン銀行(本店:東京都江東区、代表取締役社長:森山高光、以下、当行)は、本日より、「インデックスファンドJPX日経400」(以下、本ファンド)をインストアブランチ(※1)およびインターネットバンキング(イオン銀行ダイレクト)にて、お取扱いを開始するとともに、インストアブランチでの投資信託取扱商品を一部変更しますので、お知らせいたします。

今回、お取扱いを開始する「インデックスファンドJPX日経400」は、「インデックス マザーファンド JPX日経400」を通じて、主として国内の金融商品取引所上場株式(DR[預託証書]を含む)に投資を行い、JPX日経インデックス400(※2)に連動する投資成果を目指して運用を行う投資信託です。本ファンドの取扱いにより、取扱商品数は232銘柄(うち、インターネット専用204銘柄)となりました。

当行では、お客さまの幅広い金融資産の運用ニーズにお応えするため、取扱商品を随時見直しております。この度、以下の投資信託につきまして、インストアブランチでのお取扱いを変更いたします。

・インストアブランチにて新たに取扱いを開始する投資信託
- ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)・・・投信会社名:ピクテ投信投資顧問
- JPMジャパンマイスター・・・投信会社名:JPモルガン・アセット・マネジメント 

・インストアブランチでの取扱いを終了する投資信託(※3)
- HSBC 新BRICsファンド・・・投信会社名:HSBC投信
- GS エマージング通貨債券ファンド・・・投信会社名:ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント

今後も、お客さまの幅広い金融ニーズにお応えするべく、投資信託商品の拡充を積極的に行っていくとともに、安全・安心、便利でお得なサービスの充実に努めてまいります。

※1
一部、お取扱いしていない店舗がありますので、ご来店の際は事前にコールセンター投資信託専用ダイヤル
(0120-1089-43 受付時間9:00~21:00年中無休)にお問い合わせください。

※2
2014年1月6日から提供が開始となった株価指数。資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸条件を満たした、「投資者にとって投資魅力の高い会社」で構成されております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング