『テレビ視聴に関するアンケート調査』 大ヒットのエンタメが日本のコミュニケーションを変える!?「あまちゃん」「半沢直樹」を見て、家族の会話が増えた人が4割に!

PR TIMES / 2013年9月4日 12時37分

~“じぇじぇじぇ”&“倍返し”、実際に使っている人は約6割も!~

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、Tカードを利用している16~69歳の男女1,253名のT会員を対象に、インターネットによる『テレビ視聴に関するアンケート調査』を実施しましたので、お知らせいたします。



■「あまちゃん」と「半沢直樹」のテレビ視聴に関するダイジェスト

●家族で会話が盛り上がるようになった人が続出!
 「あまちゃん」視聴者は43.5%、「半沢直樹」視聴者は34.7%に。
 “普段話さない知人や同僚と話すようになった人”も、それぞれ13%に。

●“じぇじぇじぇ”“倍返し”、視聴者で実際に使った人は約6割!!
 よく使う場所1位は、自宅。
 言葉には出さないけど頭の中で“倍返し”を使う人は、23.6%。

●TSUTAYA書籍ランキング、「半沢直樹」本がドラマ開始時の50位から4位に!
 シリーズ1作品目、『オレたちバブル入行組』購入者の56%が続編も購入。

●「あまちゃん」は続編を期待、「半沢直樹」は映画化を期待

●「あまちゃん」は時計がわり? リアルタイム視聴が60.7%
                        

<テレビ視聴に関するアンケート:調査結果(1)>
Q:NHK連続テレビ小説「あまちゃん」、日曜劇場「半沢直樹」を視聴して、
あなたの行動に変化はありましたか? 
※回答方法:複数回答
※それぞれ視聴者のみ、「あまちゃん」/n=379人、「半沢直樹」/n=223人

今年の大ヒットドラマ、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」と日曜劇場「半沢直樹」。それぞれドラマを視聴している方に、ドラマがきっかけで変化した行動を聞いたところ、「あまちゃん」「半沢直樹」ともに、「家族で会話が盛り上がるようになった」が1位(「あまちゃん」の43.5%、「半沢直樹」の34.7%)になりました。また、「あまちゃん」の2位は「朝早く起きるようになった」(15.0%)、「半沢直樹」の2位は「日曜日の夜は家にいるようになった」(26.4%)となり、家族間の会話が少なくなりつつある昨今、大ヒットのエンタテインメントが家族のコミュニケーション活性化につながる社会現象を起こしていることが分かりました。続いて「普段、話さなかった知人・同僚と話すようになった」が「あまちゃん」(13.5%)、「半沢直樹」(13.1%)と、ともに新たなコミュニケーションのきっかけになる行動が3位にランクインしました。


<テレビ視聴に関するアンケート:調査結果(2)>
Q:「あまちゃん」「半沢直樹」の中でよく使われる言葉を
実際に使ったことはありますか?
※回答方法:複数回答
※それぞれ視聴者のみ、「あまちゃん」/n=235人、「半沢直樹」/n=296人

ドラマのヒットとあわせて、ドラマ内で主人公がよく使われ、今年の流行語になりつつある「あまちゃん」の“じぇじぇじぇ”と、「半沢直樹」の“倍返し”。「あまちゃん」と「半沢直樹」の視聴者に、“じぇじぇじぇ”と“倍返し”を実際に使ったことがあるかを聞いたところ、それぞれ6割近くが実際に使っていることが分かりました。また使っているシーンとして、「あまちゃん」の“じぇじぇじぇ”は驚いた時に使われている言葉ということもあり、1位は「自宅」(60.9%)、2位は「職場・学校」(26.4%)、ドラマの中でも利用シーンがよく登場する「メール」(20.9%)が3位となりました。一方、「半沢直樹」の“倍返し”は、1位が「自宅」(45.6%)、2位が「職場・学校」(26.4%)、また“倍返し”が心理的な気持ちを表す時に使う言葉ということもあり、「頭の中」(23.6%)が3位となりました。


<テレビ視聴に関するアンケート:TSUTAYA書籍ランキング>
TSUTAYA購買データから見る! 「半沢直樹」の原作本シリーズ
池井戸潤著『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』


全国の「TSUTAYA」「蔦屋書店」のうち書籍・雑誌を販売する702店舗の「TSUTAYA BOOK NETWORK」加盟店舗における、「半沢直樹」の原作本シリーズ・池井戸潤著『オレたちバブル入行組』(2007年12月発売)および『オレたち花のバブル組』(2010年12月発売)の購買データを調べたところ、ドラマが放送開始された当時2013年7月1日~7月7日の週間ランキングではそれぞれ50位以下でしたが、直近の2013年8月19日~8月25日の週間ランキングでは4位・5位に急上昇しています。また、『オレたちバブル入行組』を購入した人の56.0%が続編の『オレたち花のバブル組』を購入していることが分かりました。


また、ドラマ放送開始前の2013年上半期と、放送期間中の『オレたちバブル入行組』購買者のヒストグラムを見たところ、男女別では女性の購買者がドラマ放送開始前よりも5.6ポイント上昇し、世代別では、ドラマ放送後の購買者が、20代は2.7ポイント、10代と30代はそれぞれ1.0ポイント上昇していることが分かりました。


<テレビ視聴に関するアンケート:調査結果(3)>
Q:「あまちゃん」と「半沢直樹」の今後について、どのようなことに期待しますか?
※回答方法:複数回答
※それぞれ視聴者のみ、「あまちゃん」/n=379人、「半沢直樹」/n=542人

「あまちゃん」と「半沢直樹」の視聴者に対して、映画化や続編など、今後どのようなことを期待しているか聞いたところ、まだ放送中のドラマではあるものの、「あまちゃん」「半沢直樹」ともに、半数に近い人が「続編の放送を期待」していることが分かりました(「あまちゃん」は45.4%、「半沢直樹」が50.6%)。続いて、「あまちゃん」の2位は「再放送」(26.1%)、3位は「映画化」(8.7%)となり、一方「半沢直樹」は、2位と3位が同数で「映画化」(26.8%)と「再放送」(26.8%)と、「半沢直樹」の映画化への期待度が高いことが分かりました。


<テレビ視聴に関するアンケート:調査結果(4)>
Q:「あまちゃん」「半沢直樹」を普段どのタイミングで
視聴することが多いですか?
※回答方法:単一回答
※それぞれ視聴者のみ、「あまちゃん」/n=379人、「半沢直樹」/n=542人


ドラマのヒットで、視聴者のコミュニケーションや生活習慣にまで変化の兆しが見える「あまちゃん」と「半沢直樹」ですが、それぞれどのタイミングで視聴することが多いかを聞いたところ、「あまちゃん」は、時間が気になる朝やお昼の時間帯での放送ということもあり、「リアルタイムで見ていることが多い」が60.7%という結果になりました。一方の「半沢直樹」は、「録画してあとで見ることが多い」が45.5%となり、多くの方が休日の日曜日に、外出などの予定があっても確実に視聴をしたい人が多いことが見てとれます。


■調査概要

調査方法 インターネット (Tアンケート)
調査期間 2013年8月23日(土)~8月24日(日)
調査地域 全国
調査対象 16~69歳の男女 (T会員)
サンプル数 1,253名


■Tアンケートとは
Tカードをご利用のお客様の中で715万人が登録をしている、日本最大級のネットリサーチサービスです。リサーチやアンケートへ回答いただいた会員の皆様には謝礼としてTポイントを付与させていただきます。またご回答いただいた結果は、統計情報として処理され、企業やメディアの商品開発やサービス企画などに活用されます。会員の皆様からいただいたご意見一つひとつが、人の、企業の、そして日本の素晴らしい未来を創り出す大切なキーポイントになります。
CCCでは、企業の皆さまに対し、ご要望に合わせたリサーチプログラムとして、「Tアンケート」を通じた調査の企画から、集計・分析までのマーケティング・ソリューションを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング