■カンボジア支援プロジェクト 第3弾 「トゥルコキ中学校(Tuol Koki Secondary School)」建設のための寄付を行いました(ニュースレター)

PR TIMES / 2012年3月15日 15時35分



 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2011年10月、カンボジア王国(バッタンバン州トゥルコキ村)に「トゥルコキ中学校(Tuol Koki Secondary School)」建設のための寄付を行いました。
 同中学校は2012年2月29日に完成、開校式を行い、3月1日より授業が開始されました。
 
 当社グループはこれまで、カンボジアにおけるCSR活動の一環として、Tシャツ販売費の一部を井戸建設の費用に充てる「カンボジア井戸プロジェクト」への協力や、現地での井戸掘りを体験するツアーの企画(株式会社伸和エージェンシー)、ロムチェック村の小学校建設のための寄付などの支援を行ってきました。
 今回第3弾となるカンボジア支援プロジェクトでは、「子どもたちによりよい教育を受ける機会を提供するために、学校を建設する」ことを目的に、カンボジアで活動しているNGO団体「特定非営利活動法人 国際協力NGO風の会」(※1) 及び「BFD(Buddhism for Development)」(※2)の趣旨に賛同し、中学校建設のための寄付を行うことになりました。
 今後は、「国際協力NGO風の会」とともに、東日本大震災で被害を受けた宮城県の石巻市内の中学校と「トゥルコキ中学校」が、両国の国際理解を深めるプロジェクトを実施する予定です。
※1.若手社会人や学生が中心となって活動を行うNGO 団体。政府による「日カンボジア友好年2008」の認定事業としてチャリティーライブ、英語教育や学校建設、ワークキャンプでの交流・生活支援、学校教育を行っている。
※2.カンボジア・バッタンバン州の開発系NGO団体「開発のための仏教」。




●寄付の概要
・寄付金 … 66,430ドル(教材費を含む)
※日本円で約530万円(1ドル=80円換算)
・建設地 … カンボジア王国 バッタンバン州 トゥルコキ村
( 首都プノンペンから車で約6時間)
・教室数 … 平屋建て1棟(5教室+トイレ)360m2
・生徒数 … 518名(午前と午後の入れ替え制で授業を実施)
・講師数 … 7名(うち校長1名、副校長1名)

  
●カンボジア支援プロジェクト

(1)2008年8月 「カンボジア井戸プロジェクト」
Tシャツ販売費の一部を井戸の建設に充てたもの
<寄付内容>井戸20基を寄付(4,392,000円)

(2)2009年2月 「ハッピーハグロムチェック小学校」建設
「ハッピーハグモデル」(※3)見学会場へ来場されたお客さま1組の署名につき、当社が100円を寄付。社員からの寄付も合わせて学校建設資金に充てたもの
<寄付内容>「ハッピーハグロムチェック小学校」建設資金を寄付(4,536,800円)

(3)2012年2月 「トゥルコキ中学校」建設
当社からの寄付を学校建設資金に充てたもの
<寄付内容>「トゥルコキ中学校」建設資金を寄付

※3.当社と株式会社ベネッセコーポレーションが共同開発した子育て層向けの住宅プラン。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング