屋内測位システム『SONICNAUT』が「先端技術館@tepia」の新展示として採用

PR TIMES / 2014年4月22日 12時12分

~世界最高レベルの精度を誇る、屋内測位技術を一般公開~

(株)エムティーアイが開発した、スマートフォン向け“高精度屋内測位システム”『SONICNAUT(ソニックノート)』が、4月22日(火)にリニューアルオープンする“一般財団法人 高度技術社会推進協会”運営の「先端技術館@tepia」の新展示「体感しよう!未来を拓く先端技術」の一つとして採用され、約1 年間一般向けに公開されます。
『SONICNAUT』はGPS電波の届かない屋内や地下などで、スマートフォンに内蔵したマイクを利用し、非可聴域の音波を受信することで、誤差わずか約30cmの範囲で現在位置が分かる高精度の測位システムです。
今回、新展示として本システムを採用した「先端技術館@tepia」は、国内の最先端の技術を展示し、一般の人々が間近で確認したり、実物に触れたりすることで、先端技術を身近なものとして体感できる施設です。
通常は機器の設置が必要で、気軽な体験が難しい本システムをデモンストレーション体験できるため、当社ではこの機会を通じて、本システムの技術を紹介するとともに、直接体感して理解を深めてもらうことで、様々な顧客サービスとして、商用化の促進を図ります。



◆国内の最先端技術が結集する会場で、『SONICNAUT』をデモンストレーション体験できる!
「先端技術館@tepia」は、国内の最新技術を用いた製品を体系的かつ体験的に紹介する展示施設で、今回のリニューアルオープンを機に、多くの人々に先端技術を体感してもらうために、「体感しよう!未来を拓く先端技術」をテーマに、新たな常設展示を開始します。
世界最高レベルの精度を誇る屋内測位システム『SONICNAUT』は、新しい価値創造が期待される様々な分野の先端技術を集めた展示物の中で、“未来社会の発展の鍵となる産業技術”の一つとして展示されます。
本システムを体験するには、信号源となるスピーカーの設置や、スマートフォン画面に表示するためのマップ作成などを行う必要がありますが、「先端技術館@tepia」では、その場で高精度の屋内測位システムを体験できます。

・展示期間 : 2014年 4月22日(火)~2015年 3月上旬(予定)
・展示場所 : テクノロジースタジオ内、“未来の社会ゾーン” 『SONICNAUT』体験ブース
・体験方法 : 『SONICNAUT アプリ』をインストールした体験専用タブレット端末を持って、ブース内を移動すると、高精度な移動軌跡がタブレット内に表示されます

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング