Expedia Group と AI Singapore Ink が 100 Experiments プログラムにおいて アジア人旅行者のオンライン検索を変える AI ソリューションの開発で協力

PR TIMES / 2019年9月10日 11時40分

 Expedia Group は2019年9月10日、AI Singapore (AISG)の主要プログラム「100 Experiments (100E)」において、アジア人旅行者のオンライン検索を変える人工知能 (AI) ソリューションの開発を同社と共同で行うことを発表します。AISG と 100E で協力する最初のオンライン旅行プラットフォームである Expedia Group は、アジア言語での旅行検索クエリの理解度や検索結果の精度を向上させるため、経験豊富なエンジニア、データサイエンティスト、マーケティング担当者からなるチームを編成し、AISG のプロジェクトリード、プロジェクトマネージャー、AI 実習生と連携して取り組みを進めます。



[画像: https://prtimes.jp/i/3373/200/resize/d3373-200-602044-0.jpg ]

 インターネット利用者の 25% がオンライン上で英語を使用しています。[1]現在の検索エンジンは、極めて効率的に英語での旅行検索クエリの理解と検索結果の提供を行います。ところが、日本語、韓国語、中国語 (簡体字および繁体字) などのアジア言語での旅行検索クエリになると、検索エンジンのパフォーマンスは著しく下がり、検索結果の精度も急激に低下します。Expedia Group と AI Singapore のプロジェクトチームはまず、自然言語処理と機械学習を活用して AI ベースのモデルを開発し、日本語での検索クエリの理解度と検索結果を向上させたうえで、このモデルを適用して他のアジア言語でのオンライン検索の効率向上を図ります。

 AI ソリューションの開発が完了すると、Expedia Group はアジア言語での旅行検索クエリのパターンやアジア言語のニュアンスに対する理解を深めることが可能になり、検索の精度や効率性を向上させることで、アジア人旅行者のニーズをより満たせるサービスを提供できるようになります。

 「アジア太平洋のすべての地域で、オンライン旅行予約の消費額は急激なペースで拡大しています。2020 年までに、アジア太平洋地域は北米およびヨーロッパ西部を上回り、世界のオンライン旅行売上の 40% 以上を占めることが予想されています。[2]言語処理研究は英語に重点が置かれており、アジア言語の検索クエリにおける効率性を高める AI ソリューションを向上させるには、機械学習や自然言語処理などの技術を活用する必要性があると、Expedia Group は考えています」と Kevin Ng (Expedia Group、Product and Technology シニアディレクター) は述べ、「AI Singapore との協力は、適切なデータ、技術、人材を収集できるだけでなく、検索クエリの理解度を向上させる AI ソリューションを開発し、アジア人旅行者のオンライン検索を変え、お客様のニーズをより満たせるサービスの提供を長期にわたって可能にします」と続けています。

 「Expedia Group と協力して取り組む AISG の 100E では、成長を続けるアジアのオンライン旅行市場においてアジア言語での検索クエリをより的確に理解するために、機械学習を活用します。 さらに、Expedia Group と機械学習ソリューションにおいて協力し、共同で開発を行うと共に、AI Apprenticeship Programme を通して Singaporean AI のエンジニアの養成を行います」と Laurence Liew (AI Singapore、AI Industry Innovation ディレクター) は述べています。

 「Expedia Groupは世界規模の旅行プラットフォームです。7,000人以上を超えるデータアーキテクトやAIエキスパート、専門的なエンジニアがいるExpedia Groupでは、AISGと協力しあうことで業界をリードする新たなAIソリューションを世に送り出し、オンライン旅行を更に改善し、アジアの言語で旅行を探す多くの人々に対しより世界を身近にする可能性があるものと考えております。AISG、及びに、シンガポールにいる世界クラスのテクノロジータレントと一緒に協力し合っていくことを大変楽しみにしています」と Mark Okerstrom (Expedia Group、代表取締役社長兼最高経営責任者) は述べています。

 AISG の主要プログラム「100E」は、課題の解決に AI の活用を希望する企業と、その課題の解決に興味を持つ現地の研究者をマッチさせるプログラムです。これまで、100E プログラムは業界の大きな関心を集めてきました。2017 年の創立以降、AISG には 100E プログラムへの参加に関心を持つ 300 社以上の企業から連絡があり、40 のプロジェクトが承認され発足しました。一部のプロジェクトは 9 カ月間の研究と開発後に完了し、成果が利用されています。


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/3373/table/200_1.jpg ]



 Expedia Group (NASDAQ: EXPE) は、世界規模の旅行プラットフォームです。私たちは旅行の前に立ちはだかる壁を打ち破る手助けをし、旅行をより簡単に、より楽しく、より身近に、より実現可能にすることで、お客様 / パートナー様と世界との距離を縮めます。プラットフォーム、テクノロジー、広範囲にわたるビジネス / ブランドポートフォリオを駆使し、世界およびそれぞれの国や地域において旅行サービスを提供します。Expedia Group 傘下の旅行ブランドには、Brand Expedia(R)、Hotels.com™、Expedia(R) Partner Solutions、Vrbo(R)、Egencia(R)、trivago(R)、HomeAway(R)、Orbitz(R)、Travelocity(R)、Hotwire(R)、Wotif(R)、ebookers(R)、CheapTickets(R)、Expedia Group™ Media Solutions、Expedia Local Expert(R)、CarRentals.com™、Expedia(R) CruiseShipCenters(R)、Classic Vacations(R)、Traveldoo(R)、VacationRentals.com and SilverRail™ が含まれます。

(C)2019 Expedia, Inc. All rights reserved. ここで使用されているその他のロゴまたは商品および会社名は、それぞれの所有者の財産です。


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/3373/table/200_2.jpg ]



 AI Singapore (AISG) は、National Research Foundation Singapore (NRF) が創立した国のプログラムであり、今後のデジタル経済を強化するため、シンガポールの人工知能 (AI) 技術を促進し、相乗効果を生み出し、高めることを目指しています。

 AISG は、政府機関 (NRF、the Smart Nation and Digital Government Office (SNDGO)、the Economic Development Board (EDB)、the Infocomm Media Development Authority (IMDA)、SGInnovate、the Integrated Health Information Systems (IHiS)) が共同で運営を行っています。

 また、AISG はシンガポールに拠点を置くすべての研究機関、活力のある AI 新興企業、AI 製品を開発する企業と連携し、課題解決型研究の実施、知識の増強、ツールの開発と共に、シンガポールの AI 技術を高める人材の育成を行っています。

AI Singapore の詳細はこちら : https://www.aisingapore.org/

[1]出典 : Statista most common languages used on the internet as of April 2019: https://www.statista.com/statistics/262946/share-of-the-most-common-languages-on-the-internet/

[2]出典 : Statista Distribution of Digital Travel Sales Worldwide from 2014 to 2020, by region: https://www.statista.com/statistics/499760/forecast-of-online-travel-sales-share-by-region/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング