【プレスリリース】南スーダン 戦闘でベンティウの国連施設への避難者倍増 水が圧倒的に不足

PR TIMES / 2014年4月23日 11時23分



※本信は ユニセフ本部からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳・編集
したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_73155.html でご覧いただけます


【2014年4月22日 南スーダン・ジュバ発】
先週ベンティウで民族による攻撃が発生し、攻撃対象となった何万人もの人々は、
国連施設内に避難。避難者であふれかえる国連施設内では、1日わずか1リットルの
安全な水しか提供できてないことをユニセフは発表しました。
(※注釈:飲用、衛生用、調理用を含め、1日当たり必要な最低限の水の量は
15~20リットル)

ユニセフは、先週国連施設内に避難した人は1万人以上で、現在、施設内に避難
している人は2万3,000人に上ることを明らかにしました。混乱した情勢が続き、
雨季も始まったことから、緊急人道支援には、極めて厳しい負担が生じています。

ユニセフ・南スーダン事務所代表のジョナサン・ヴェイチは「恐ろしい暴力を生き
延びた人々は、水に起因する感染症の発生という新たな危険にさらされています。
子どもたちは耐え難く、そして言葉にできないほどの暴力に直面しています。安全
であるべき場所で、子どもたちをこれ以上、苦しませてはなりません」と述べました。

不安定な情勢の中で、毎日キャンプへ新しい水を運搬してくるトラックは、大雨に
よる泥まみれの道路で立ち往生することもしばしばです。雨により、キャンプ内の
トイレは多数故障、現在では、350人でひとつのトイレを使わざるを得ません。
ユニセフの人道支援パートナー団体の多くも、治安情勢を受けて現場を去らねば
ならない状況です。

ユニセフのスタッフは、ベンティウに留まり、緊急ニーズに即対応し、給水用の
新たな掘削孔を掘り、新たなトイレ建設用の部品を空路で輸送しています。しかし、
資金が不足し、アクセスの難しさから、ユニセフは人道支援に大きな障害が生じて
いると強調しています。

ユニセフは、この紛争に意思決定や指揮をするすべての人々に対し、子どもを守り、
人道支援のために安全なアクセスを確保することを、要請し続けています。
南スーダンでは、紛争により、100万人以上が国内外で避難生活を送っています。

■参考情報
4月1日現在、国内避難民は80万3,200人、周辺国へ逃れ難民となった人は
25万4,600人に上ります(ウガンダ8万1,345人、エチオピア6万9,456人、
ケニア2万5,099人、スーダン4万2,011人)。難民となった人の86%は
女性と子どもで、厳しい環境下での生活により、栄養不良や感染症に
かかりやすくなります。


* * *

ユニセフ・南スーダン事務所では、子どもの保護専門官の日本人スタッフ1名が
支援活動に従事しています。
取材をご希望の際には、広報室までお問い合わせください。


■ 本件に関するお問い合わせ
日本ユニセフ協会 広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036  Eメール:jcuinfo@unicef.or.jp
または
Doune Porter, ユニセフ南スーダン事務所 広報チーフ; Mobile: + 211(0)954 819 302
dporter@unicef.org
James Elder, ユニセフ東部・南部地域事務所 広報チーフ
Mobile: +254 71558 1222; jelder@unicef.org, twitter @1james_elder
Sarah Crowe, ユニセフ・ニューヨーク本部 危機広報チーフ; Mobile: +1 646 209 1590;
scrowe@unicef.org

■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進
するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、
その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子ども
たちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのため
に活動しています。(www.unicef.org)

※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの
任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会の
ひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動
の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング