1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

産業現場業務のDXを推進する「FairyDevices株式会社」へ出資

PR TIMES / 2021年2月24日 18時15分

~現場技能とノウハウのデジタル化による熟練工AIの実現を加速~

ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 執行役員:早川 与規、証券コード:2497、以下「ユナイテッド」)は、 FairyDevices株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:藤野真人、以下「フェアリーデバイセズ」)へ出資いたしました。



[画像: https://prtimes.jp/i/23821/200/resize/d23821-200-651503-0.png ]

フェアリーデバイセズは、企業向けに音声認識や音声合成技術等を活用したハードウェア販売およびクラウドサービスを提供する音声技術分野に強みを持つテクノロジーベンチャー企業です。これまでに音声入出力ハードウェアとしてAIスピーカー「Tumbler(タンブラー)」の販売や、音声認識、機械翻訳、音声合成、感情認識等の各技術を自由に活用、実装できるクラウドサービス「mimi(R)(ミミ)」の提供などを行ってきました。また、「現場稼働率の維持・向上」と「営業機会損失の解消」を同時に行う現場DXの為のソリューション、『コネクテッドワーカーソリューション』も提供しています。

今回の資金調達によりフェアリーデバイセズは、2019年11月に発表した、製造、サービス、保守メンテナンス、建設等のさまざまな現場業務で、作業内容や状況を遠隔地とリアルタイム共有するためのウェアラブルデバイス「THINLET (R) (シンクレット)」と、作業データを蓄積、学習、解析が可能な現場データのデジタル化を司るクラウドサービス「THINKLET PLATFORM(シンクレットプラットフォーム)」を組み合わせ、「遠隔支援による熟練工不足の解消」と「現場ノウハウのデジタル化」、「AIによる現場支援」を実現することで、産業現場のデジタルトランスフォーメーションを加速させます。

フェアリーデバイセズのAIスピーカーやクラウドサービスの提供実績を踏まえた高い技術力、および産業現場における熟練工不足やノウハウのデジタル化への課題を解決し得る大きな事業ポテンシャルを評価し、ユナイテッドからも出資することを決定いたしました。今後のフェアリーデバイセズの事業拡大と更なる成長に向け支援してまいります。

ユナイテッドは今後も有望なビジネスモデルを持つベンチャー企業への投資を通じ、成長を目指してまいります。


Fairy Devices株式会社
本店所在地: 〒113-0034東京都文京区湯島2-31-22 湯島アーバンビル 7階
設立日: 2007 年 4 月 9 日
代表者: 代表取締役 藤野 真人
事業内容:音声技術等を活用したハードウェア、クラウドサービスの開発、販売
URL: http://www.fairydevices.jp

ユナイテッド株式会社
本店所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル
設立日:1998年2月20日
代表者:代表取締役社長 兼 執行役員 早川 与規
事業内容:DXプラットフォーム事業、インベストメント事業、アドテクノロジー事業、コンテンツ事業
URL: https://united.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング