チャンピオン牧場が育てる「太田牛」に注目! 姫路市産の白鷺サーモン、但馬鴨、希少なワサビなど県産名物食材が大集結!【五国“春”フェア】

PR TIMES / 2020年3月4日 16時25分



[画像1: https://prtimes.jp/i/24670/200/resize/d24670-200-807566-0.jpg ]

関連URL: https://www.l-s.jp/event/3002/ 
 ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド(総支配人:檜山和司 所在地:神戸市中央区)は2020年3月1日(日)~2020年5月31日(日)の3ヶ月間、兵庫県産のブランド食材をふんだんに使った特別メニューを提供する「摂津・播磨・但馬・丹波・淡路の味めぐり 五国“春”フェア」を開催しています。
 同フェアでは、総料理長の田中耕太郎や、レストラン「ル・クール神戸」、鉄板焼「心」のシェフがタッグを組み、兵庫五国の全土から名物食材を厳選。素材の特徴を最大限に引き出したメニューを考案しています。
 同フェアの注目は「太田牛」。但馬牛のチャンピオンを決める兵庫県畜産共進会でトップの名誉賞を獲得したり、神戸肉枝肉共励会で名誉賞を最多受賞したりと、好成績を収め続ける太田畜産が、3年の月日をかけて、1頭ずつ徹底した飼育管理で育てています。同畜産と、生産直売の太田家の協力で、最高級の肉質の「太田牛」を、鉄板焼「心」のディナーで提供します。また、県北部の神鍋高原の麓で300年近い歴史を持つ「北村わさび」を使った瀬戸内産天然真鯛のお茶漬けは、単品注文も可能でおすすめの一品です。
 一方、「ル・クール神戸」では、県内ご当地サーモンの先駆けで、姫路市の家島諸島で養殖されている「白鷺サーモン」や、食用に適するように試行錯誤と改良を重ねた「但馬鴨」、地どりに勝るとも劣らない食感が自慢の「淡路元気どり」、牛乳本来の持ち味を生かしたチーズを手作りし続ける日向牧場の熟成チーズなどを使って、ディナーやランチのメニューを考案しました。
 総料理長の田中は「多くの人に味わってもらい、地元産の食材の魅力や生産者のこだわりを、料理を通じて多くの人に伝えたい」と意気込んでいます。

<開催概要>
レストラン「ル・クール神戸」 Restaurant LE CŒUR KOBE
■五国春フェアディナーメニュー 13,000 円
・アミューズ ブーシュ
・但馬鴨と香草のサラダ クルミ香るヴィネグレット
・桜えびとスープサンジェルマン 日向牧場のチーズ
・瀬戸内産鰆の低温調理 六甲味噌の香り 春菊のソース
・フランス産ラパンのロンデル 兵庫県産春のニンジンと共に
・パティシエ特製デザートのワゴンサービス
[画像2: https://prtimes.jp/i/24670/200/resize/d24670-200-657098-2.jpg ]

■五国春フェアランチメニュー メイン1品4,500円、メイン2品6,000円
・アミューズ ブーシュ
・但農どりのパヴェ 淡路玉葱のソースと共に
又は 本日の海の幸の一皿
・本日のスープ
・瀬戸内直送 鮮魚のお料理
又は 白鷺サーモンのポワレ 地元産キタアカリのコンフィ添えソースグリビッシュ
又は 淡路元気どりのバロティーヌ 春野菜のソテーと共に 木の芽香るジュ
又は 特選牛の春キャベツ包み 六甲シャンピニオンのコンソメと共に
・フリアンディーズ
・一皿盛りのパティシエ特製デザート
[画像3: https://prtimes.jp/i/24670/200/resize/d24670-200-554861-1.jpg ]

鉄板焼「心」 Teppanyaki KOKORO
■五国春フェアディナーメニュー 13,000円
・季節の味わい三種
・季節のスープ
・瀬戸内産鰆の山菜包み焼き 雲丹のサフランソース
・「心」特製サラダ
・太田牛サーロイン100g 焼き野菜を添えて 又は 活鮑の鉄板焼き
・兵庫県産特選米
又は ガーリックライス 赤だし 香の物
又は 素麺
又は にゅう麺
・一皿盛りのパティシエ特製デザート
[画像4: https://prtimes.jp/i/24670/200/resize/d24670-200-215598-9.jpg ]



■五国春フェアランチメニュー 4,900円
・季節の味わい
・瀬戸内産天然鯛と地元野菜の蒸し焼き 貝柱とロースハムのスープと共に
・「心」特製サラダ
・特選牛フィレ100g 焼き野菜を添えて
・ご飯 赤だし 香の物
・一皿盛りのパティシエ特製デザート
[画像5: https://prtimes.jp/i/24670/200/resize/d24670-200-442805-4.jpg ]

■五国春フェア「心」の一品
・瀬戸内産天然真鯛のお茶漬け 本山葵で 1,200円
・丹波やまぶき卵と雲丹のスフレ風 2,000円
[画像6: https://prtimes.jp/i/24670/200/resize/d24670-200-864624-3.jpg ]

<営業時間>
ともに、ランチ11:30~15:00(L.O.14:00) ディナー17:30~22:30(L.O.21:00)
※鉄板焼「心」は土日祝に限り、ディナー17:00~22:30(L.O.21:00)
(消費税・サーヴィス料別)

<ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド 総料理長 田中耕太郎(たなかこうたろう)>
[画像7: https://prtimes.jp/i/24670/200/resize/d24670-200-274233-6.jpg ]

1981年ミシュラン三ツ星レストラン「アラン・シャペル」にて上柿元 勝氏に師事。1991年ハウステンボスホテルズに入社し、副料理長、料理長職を歴任。在籍中にオランダ アムステルダムの「ホテルアムステルインターコンチネンタル」にて1年間実務研修を重ねる。2005年鹿児島山形屋グループ(株)クーダイニングに入社し、上柿元 勝氏プロデュースによる、フレンチレストラン「ミディソレイユ」及び「ポルトカーサ」の総料理長を務める。2014年にホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド統括料理長に就任し、現在は総料理長を務める。2015年楽天トラベル「朝ごはんフェスティバル(R)2015」において、ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドを優勝に導く。2018年に全日本調理師協会「料理の超人」受賞。社団法人日本エスコフィエ協会会員。トックブランシュ国際倶楽部会員。

関連 URL: https://www.l-s.jp/event/3002/
お客様のお問い合わせ先:
■レストラン「ル・クール神戸」 TEL 078-371-0055
■鉄板焼「心」 TEL 078-371-6644

◆ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド
神戸市が推進する都心ウォーターフロント事業の中核をなす国際ホテルとして、 神戸市のコンペティションにより選ばれ、 2008年11月に開業。 2010年5月には、 日本のホテルとして初めてスモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(SLH)に加盟。 「ミシュランガイド」では、 神戸のホテルとして最高評価を6年連続受賞しています。 当館は、 神戸の象徴的な場所であるハーバーランドに位置し、 神戸空港から車で15分、 JR神戸駅から徒歩約10分の絶好のロケーションにあります。 レストランでは「キュイジーヌ・テロワール(地産地消)」をコンセプトに、 地元兵庫の生産者から直送された厳選素材を使用した料理を提供しています。
[画像8: https://prtimes.jp/i/24670/200/resize/d24670-200-341941-7.jpg ]

所在地:神戸市中央区波止場町7-2
TEL:078-371-1111
FAX:078-371-1110
公式HP: https://www.l-s.jp/
[画像9: https://prtimes.jp/i/24670/200/resize/d24670-200-530093-8.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング