浅田次郎、北方謙三から田中慎弥『共喰い』、直木賞受賞の朝井リョウまで        eBookJapanが傑作・注目作目白押しの集英社文芸書の配信を開始

PR TIMES / 2013年3月15日 9時37分



 国内最大級の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブ ジャパン(本社:東京都千代田区西神田2-5-2、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、株式会社集英社(本社:東京都千代田区一ツ橋2-5-10、代表取締役社長:堀内丸恵)が発行する文芸書・一般書籍を、3月15日(金)より配信開始いたしました。初回配信は、文芸書310冊、趣味・実用書39冊の計349冊、続いて3月19日(火)には、ライトノベル382冊をリリースいたします。

 主なコンテンツは、文芸書は、日本の大衆小説をリードする浅田次郎の直木賞受賞作『鉄道員(ぽっぽや)』、ハードボイルド小説から歴史小説まで幅広く手掛ける北方謙三の大作『水滸伝』、個性的な発言で話題をさらった田中慎弥の芥川賞受賞作『共喰い』、戦後最年少となる23歳で直木賞を受賞して、今注目の朝井リョウのデビュー作『桐島、部活やめるってよ』など、ベテラン・若手作家による代表作・話題作が数多く揃っています。


 ライトノベルは、トム・クルーズ主演で映画化が決定した『All You Need Is Kill』(桜坂洋・著)をはじめ、「このライトノベルがすごい! 2013」第3位に入った『六花の勇者』(山形石雄・著)、アニメ化されて話題になった『マリア様がみてる』(今野緒雪・著)『ベン・トー』(アサウラ・著)など、こちらも人気作品を取り揃えています。


 eBookJapanは、多くの有力タイトルを持つ集英社の文芸書・一般書籍を、今後も毎月数十冊ペースで継続的に配信していく予定です。


■eBookJapanの主な特長
<世界最大級の電子コミック保有数>
コミックを中心に約95,000冊の電子書籍を、高画質でお楽しみ頂けます。

<パソコン、スマートフォン、タブレットで読める>
WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Android端末、Windows Phone(※)に対応し、オフラインでも楽しめます。

<トランクルーム機能>
トランクルームとは、購入された電子書籍を保管するために自由に使用できるWeb上のお客様の本棚です。これにより端末の記憶容量を圧迫せず、端末故障時にも電子書籍を保護し、お好みの端末に自由に移動して読書ができます。
※ Windows Mobile 6.1以上(Windows Phone 7.5には未対応)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング