植物工場ユニット「agri-cube(アグリキューブ)」販売開始(ニュースリリース)

PR TIMES / 2012年3月21日 14時22分



 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、大和ハウスグループの“農業の工業化”第一弾商品となる植物工場ユニット「agri-cube(アグリキューブ)」の販売を、2012年4月5日より、商業施設向けに開始します。
 住宅業界で植物工場ユニットを販売するのは、当社が初めてとなります。

 当社が販売する「agri-cube」は、これまで永年培ってきた建築の工業化の技術を駆使し、大和ハウスグループの大和リース株式会社(本社:大阪市、社長:森田俊作)と共同で新たに開発したユニット式建物に、野菜の生育状況にあわせて一定の光を当てることができる「照明器具昇降システム」、栽培棚の清掃をスムーズにできる「養液循環・排水システム」、エアコンなどの設備機器を組み合わせ、パッケージ化したユニット商品です。
 今回、新たに開発した独自技術を商品化し、外食産業向けに野菜を育てることができる小規模サイズの植物工場を販売していくことになりました。将来的には、ビジネスホテルや高級レストラン、分譲マンション、コンビニエンスストア等でも利用できる小規模サイズの植物工場を開発、販売していく予定です。
 今後、当社流通店舗事業を通じて、外食産業に対して提案していくとともに、農業分野の商品開発や事業活動を、将来の当社における基幹事業に育て、日本の食料自給率の向上と農業を支えていきます。

ポイント
1.住宅業界初の植物工場ユニット販売
2.農業生産効率を高める技術を独自に開発、採用
3.葉菜類を中心に年間1万株を生産可能

1.商品特長
 今回販売する「agri-cube」は、ユニット式建物内で葉菜類を中心に野菜を水耕栽培できる平屋建の植物工場ユニットです。
 レストランやホテル、老人保健施設、給食センター、学校などで、お客さまに採りたての新鮮な野菜を提供したいと考えている企業および事業者が、「agri-cube」により、安全・安心で安定した品質の野菜を簡単に生産することができます。
 設備面では、栽培棚、エアコン、全熱交換機(換気システム)、蛍光灯照明などの機器をパッケージ化しました。性能面では、屋外設置ができるように外壁には防錆塗装を施すとともに、最適な植物生産環境を保つために、床・壁・天井には断熱材を充填することで、小規模ユニットと比べて断熱性能を約5倍(※1)向上させました。
施工面では、工場で全て事前に組み立てるため、最短1日(※2)で設置でき、床面積を10m2 以下としたことで建築確認申請の手続きが不要(※3)となります。
※1.大和リースが販売するユニットとのQ値(熱損失係数)での比較。
※2.電気、給排水工事を除いた日数。設置場所によっては1日で設置できない場合があります。
※3.防火地域および準防火地域外において増築・改築する場合。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング