【結婚に関するアンケート調査】結婚は「できればした方がよい」は5割強。「必ずしもする必要はない」は4割弱で、女性や10代で多い

PR TIMES / 2014年12月11日 10時39分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、3回目となる『結婚』に関するインターネット調査を2014年11月1日~5日に実施し、10,345件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19618/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■結婚は「しなければいけないと思う」は約6%。「できればした方がよい」は5割強で、男性や50代以上で多い。「必ずしも結婚する必要はないと思う」は4割弱で、女性や10代で多い
■結婚していない人のうち、「結婚はしたいと思わない」が4割弱、20・30代では各2~3割。「結婚はしたいが、特に何もしていない」が4割弱
───────────────────────────────────────────



◆結婚についての考え方
結婚は「しなければいけないと思う」は5.6%、「できればした方がよい」は52.0%で、いずれも男性の方が多くなっています。「できればした方がよい」は50代以上で6割弱を占め、他の年代より多くなっています。「必ずしも結婚する必要はないと思う」は全体の36.3%です。女性の方が多く、男性では年代が低いほど多くなっています。10代では5割を占めます。女性の20~40代では「結婚はできればした方がよい」「必ずしも結婚する必要はないと思う」がいずれも各4~5割で、意見が分かれています。


◆結婚の状況、結婚した時期
結婚している(入籍している)人は64.9%、していない人はが28.3%です。結婚した時期は、「1984~1993年」が20.7%、「1983年以前」が24.6%でボリュームゾーンとなっています。


◆結婚のきっかけ、配偶者との出会いのきっかけ
入籍している人に、結婚をしようと思ったきっかけを聞いたところ、「結婚したい相手がいた」(66.6%)の他、「家庭・家族を持ちたかった」「年齢を意識して」「子供が欲しかった」が各2~3割で上位にあがっています。女性20・30代では、「子供が欲しかった」が他の年代より多くなっています。また、20代では「子供ができた」が3割弱みられます。

配偶者と出会ったきっかけは、「職場関係」(34.9%)が最も多く、「友人・知人等の紹介」「学校」「お見合い」が続きます。20代では「学校」が2割強で、他の年代より多くなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング