<2012年4月、「進研ゼミ小学講座」小学4年生対象からスタート> 携帯ゲーム機型デジタル教材「ポケットチャレンジ」が登場! ~2012年度、デジタル教材の活用を拡大~

PR TIMES / 2012年2月15日 19時16分



株式会社ベネッセコーポレーション(代表取締役社長:福島保、本社:岡山市、以下:ベネッセ)の通信講座「進研ゼミ小学講座」は、フルカラーディスプレー付きの携帯ゲーム機型デジタル教材「ポケットチャレンジ」を開発し、2012年度より4年生向けに提供を開始します。

2012年4月号以降、毎月届く教材に記されたバーコードを「ポケットチャレンジ」に搭載のカメラ機能で読みこみ、国語や算数など主要4教科の学習項目ごとの重要ポイントを動画で確認できるようになります。また、付属のタッチペンで、ディスプレー上に漢字を書いたり、ゲームをしながら割り算等の計算を学ぶことができるなど反復演習と学習効果の定着に適しています。
さらに、アラーム機能による自学自習のサポートやカメラ機能の搭載など、学力の定着のみならず、学習習慣や娯楽性にも配慮した設計です。
「進研ゼミ小学講座」では、2011年度より任天堂のゲーム機「ニンテンドーDS」用のソフトを教材の付録として提供しておりますが(小学5~6年生対象)、通年で学べる自社開発のデジタル教材を投入するのは初めてです。
なお、2013年度以降は、小学5年~6年生でも導入を検討します。

■ポケットチャレンジ概要■
正式名称:ポケットチャレンジ 漢字計算パーフェクトクエスト
対象:小学4年生 ※次年度より5年生へも拡大
本体サイズ:約85mm×130mm×27mm
料金:「進研ゼミ小学講座」の受講費に含む
(参考)2011年度「チャレンジ4年生」の受講費(以下のいずれかを選択)
・12か月分一括払い 47,760円(月あたり3,980 円)
・6か月分一括払い 25,740円(月あたり4,290 円)
・毎月払い 月々4,730円
詳細HP:http://www.benesse.co.jp/s/poke/
仕様:3.4インチカラー液晶画面 / タッチパネル式 / 書き文字認識 / 単3乾電池2本使用 / 30万画素カメラ / QRコード認識

1.単元導入に最適な動画が満載
テキストと連動した動画コンテンツで、学習の理解を深め、やる気を引き出す。
2.タッチペンにより反復演習を楽しく行え、漢字・計算力が効果的に身につく
フルカラーの大型画面で、漢字のトメ・ハネや計算もはっきり確認できる。
3.毎月の付録とも連動した、充実の映像コンテンツを提供
付録と連動した動画コンテンツを内蔵。知的好奇心を刺激し、深い学習ができる。
4.子どもの勉強スケジュールを設定
一人ひとりで違う毎日に対応したスケジュールが組める。習い事などのスケジュールもまとめて管理。
5.アラーム機能で学習習慣が定着
進研ゼミテキスト教材「チャレンジ4年生」のどこをやればいいかがすぐわかるので、迷うことなく取り組める。
6.毎日携帯したくなる機能満載
カメラや学習にもなるミニゲームなど、小学生が毎日携帯し、使いたくなるような機能を充実。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング