ミュージカル『テニスの王子様』 全国大会 青学(せいがく)vs立海 大千秋楽ライブビューイング実施決定!!

PR TIMES / 2014年8月4日 10時43分

大人気ミュージカル大千秋楽公演を全国の映画館で完全生中継!

株式会社ライブ・ビューイング・ジャパンでは、2014年9月28日(日)にTOKYO DOME CITY HALLにて行われる「ミュージカル『テニスの王子様』 全国大会 青学(せいがく)vs立海」の東京凱旋公演最終日、大千秋楽公演の模様を全国の映画館でライブビューイングを実施することが決定した。



ミュージカル『テニスの王子様』は1999年から2008年3月まで「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載された大ヒット漫画を舞台化。通称「テニミュ」と呼ばれる。

2003年春の1stシーズンの初演以来、累計動員数は現在までに170万人を突破する大人気ミュージカルとして人気を集め、2010年8月より2ndシーズンが始動。2011年1月の「ミュージカル『テニスの王子様』青学(せいがく)vs不動峰」上演を皮切りに、全国大会の決勝戦までを新たな演出で展開している。

今回のストーリーでは、大阪代表・四天宝寺中学校との熱戦を制し、ついに全国大会決勝戦へとコマを進めた青春学園中等部(青学(せいがく))が、関東大会決勝戦で共に死闘を繰り広げた立海大附属中学校と再び対峙する。全てを懸けた運命の頂上決戦は必見!そして感動の大千秋楽公演を、全国同時に映画館の大スクリーンでお楽しみください。

【ストーリー】
テニスの名門校・青春学園中等部(青学(せいがく))に入学してきた越前リョーマは、アメリカJr.大会4連続優勝の経歴を持つ、テニスの天才少年。
強豪揃いのテニス部で、その圧倒的な強さとテニスセンスを武器に、異例の1年生レギュラーとして活躍していた。
全国中学生テニストーナメントで都大会、関東大会と優勝し、続く全国大会でも快進撃を続ける青学(せいがく)は、準決勝で昨年のベスト4・大阪の四天宝寺中学校と対戦。聖書(バイブル)と謳われる部長の白石や、“お笑いダブルス”を組む金色と一氏のペアなど、予想だにしないテニスに翻弄されながらも勝利を手にした。準決勝後に行われたリョーマと四天宝寺1年生・遠山金太郎の一球勝負で突然現れた眩い光は何だったのか?
そして、ついに迎えた決勝戦。相手は関東大会決勝戦でも共に死闘を繰り広げた立海大附属中学校。関東大会ではリョーマを苦しめた副部長の真田や、「コート上の詐欺(ペテン)師」仁王のシングルス、丸井とジャッカル桑原の「プラチナペア」はもちろんのこと、病を克服した部長・幸村も加わり、王者・立海の完全復活を遂げた。進化を続ける青学
(せいがく)と、満を持しての頂上対決となる!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング