“モノ”の管理はスマホで完結! ダンボール1箱単位で預けられる新しい収納サービス 「MONOLESS(モノレス)」をスタート!

PR TIMES / 2014年6月4日 11時51分



株式会社ウェブクルー
(コード番号:8767 東証マザーズ)

“モノ”の管理はスマホで完結! ダンボール1箱単位で預けられる新しい収納サービス 「MONOLESS(モノレス)」をスタート!

株式会社ウェブクルー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡邊久憲)は、6月上旬より、「手軽に預ける 自由に取り出す」をコンセプトとして、スマートフォンアプリを利用したダンボール1箱単位で預けられる新収納サービス「MONOLESS」の提供を開始いたします。

◆1箱単位で“モノ”を預け入れ・低コストでの利用が可能
 収納スペースをレンタルする、従来型の個人向け収納サービスと異なり、ダンボール箱1箱単位での預け入れが可能。スペース単位で借りると月額数千円から数万円かかる保管料を、「保管料1箱333円(税抜)/月」にまで低コスト化しました。
◆入庫・出庫・管理をスマートフォンアプリに一元化
 「MONOLESS」のスマートフォンアプリでは、“モノ”の入庫・出庫依頼ができるほか、箱の中身の写真やメモを保存し、保管状況などを一元的に管理することが可能になっています。
◆物流ネットワークの活用により、荷物の預け入れの手間を徹底排除
 “モノ”の入庫・出庫には宅配便を利用。収納サービス利用時に大きなハードルとなっていた荷物の預け入れの手間を大幅に削減。預けた“モノ”を倉庫から取り出すときには、アプリで出庫依頼をするだけで、最短翌日に手元に届きます。引越し会社との提携も進めており、引越し時の荷物のお預かりサービスも展開中です。

■開発背景
国内収納サービス(レンタル収納、コンテナ収納、トランクルーム)の市場規模は、「レンタル収納・コンテナ収納・トランクルーム市場に関する調査結果2013」(矢野経済研究所)によると、前年度比7.4%増の489.2億円※にまで拡大。3大都市圏を中心にレンタル収納・コンテナ収納拠点数は増加しています。一方で、従来の収納サービスはスペース単位でのレンタルとなるため、月額数千円から数万円というコスト面でのハードルの高さと、重い荷物を現地まで自身が運ばなければならないという行動・時間の制約を抱えていました。
そこで、弊社が開発・提供を開始するのが新収納サービス「MONOLESS」です。ダンボール1箱からの預け入れが可能で、保管料は月額333円/箱という低コストを実現。入庫・出庫にはすべて宅配便や引越し会社を利用し、預けた“モノ”の管理はスマートフォンアプリで完結します。MONOLESSは「そのときに必要な“モノ”だけを自宅に置き、必要がなくなったら自宅外で所有する」という、クラウド発想の新たなライフスタイルを提案していきます。
※「レンタル収納」「コンテナ収納」は賃料ベース、「トランクルーム」は事業者売上金額ベース

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング