画像処理アプリケーション開発支援ツール「RobustFinder Source-Code Generator 1.0」を販売開始

PR TIMES / 2014年9月26日 10時28分

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田 和則、以下キヤノンITS)は、画像処理アプリケーションの開発を支援するツール「RobustFinder Source-Code Generator 1.0(ロバストファインダー ソースコード ジェネレーター)」を2014年9月26日より販売開始します。




「RobustFineder Source-Code Generator」は、工場の生産設備や検査設備など、さまざまな産業用装置に組み込まれる、位置決め制御や表面検査・異物検査・個数検査などを目的とする画像処理アプリケーションを、簡単に作成するためのツールです。
近年、画像処理アプリケーションは、処理内容や開発環境の多様化・複雑化に伴い、開発工数の短縮・効率化が課題となっています。その課題を解決するために、キヤノンITSが1998年から開発・販売をしている産業用画像処理ライブラリ「RobustFinder」の機能や性能を、効率よく最大限に生かすことができる画像処理アプリケーション開発支援ツールを開発しました。


■画像処理アプリケーションを迅速かつ容易に構築
「RobustFinder Source-Code Generator」は、「RobustFinder」および、Matrox社の画像処理ライブラリ「MatroxImagingLibrary」から、「位置決め」や「解析」などの画像処理モジュールをマウス操作で選択することにより、簡単にアルゴリズムを構築し、ソースコードを自動生成します。「RobustFineder Source-Code Generator」を活用することにより、産業用のさまざまな装置で使用される画像処理アプリケーションを短期間で作成することできます。販売目標は、初年度100本を計画しています。


■販売価格

製品名:RobustFinder Source-Code Generator
型式:RFSCG10-DEV-U
価格:オープン価格

製品名:RobustFinder Source-Code Generator ランタイム(※1)(※2)
型式:RFSCG10-LIC/S-U
価格:オープン価格

※1 作成した画像処理アプリケーションを動作させる環境にインストールします。
※2 別途、ソース作成に使用した画像処理ライブラリのランタイムライセンスが必要です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング