BSIジャパン、ISO 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)認証を株式会社オーシスマップに実施

PR TIMES / 2013年11月11日 14時19分



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、株式会社オーシスマップ(兵庫県養父市 代表取締役 大林 賢一、以下オーシスマップ)へISO 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を実施しました。(認証登録日:2013年9月24日)

 オーシスマップは、『あなたの笑顔が目的地』という企業キャッチフレーズのもと、地図作成、地図情報の作成、測量全般、GISシステム開発など、地図情報がベースとなる業務を手掛けています。オーシスマップではこのたび、業務で取り扱うあらゆる情報の機密性、完全性、可用性を確保する為に、ISO 27001情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を構築・運用し、BSIジャパンからISMS認証を取得しました。また今回のISMS認証取得により、そのセキュリティが国際基準であるISO 27001に基づいて管理されている事が、BSIグループジャパンによって認証されました。

 ISO 27001は、情報資産を保護し、顧客、取引先といった利害関係者の信頼を得られるセキュリティ統制の確保を目的としたマネジメントシステムの国際規格です。ISO 27001を導入して構築・運用する事により、組織は、情報漏えいや不正アクセスといった会社に損害を与えうる情報リスクと脅威に対処・管理して、情報セキュリティを継続的に向上させる事ができるようになります。また、組織のブランド力・評判の強化、セキュリティリスク軽減、ステークホルダーからの信頼の確保にも大きく役立ちます。


株式会社オーシスマップ 代表取締役 大林 賢一様、専務取締役 情報セキュリティ責任者 魚本 崇 様からのコメント
◆ISO 27001認証取得の目的(代表取締役 大林様より)
弊社は、『あなたの笑顔が目的地』という企業キャッチフレーズのもと「地図作成」「地図情報の作成」「測量全般」「GISシステム開発」など、地図をベースにしたあらゆる業務を行っております。情報技術の進展によるシステムの分散化、ネットワーク化、スマートフォンに代表される携帯端末の普及等が進む今日の高度情報化社会では、あらゆる組織において情報資産の果たす役割が重要なものとなっており、その保護と安全な利用は、組織活動にとって喫緊かつ重要な課題となっています。そのため、測量等の地図作成を主な業務とする当社においても、社会的責任と公共的使命を果たし、企業としての存在価値を高めてゆくには、あらゆる脅威から当社が保有する情報資産を保護し、適切な安全対策を講じていくことが必要不可欠と判断しました。以上を鑑み、当社は、情報資産が内外を問わず様々な脅威から適切に保護され、安全な利用が実現される基本的な枠組みを定め、それを実践していくことを目的として、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の導入に踏み切りました。

◆ISO 27001取得にBSIを選んでいただいた理由(専務取締役 魚本様より)
まず、第一にスタッフの方々の人柄です。そして、一貫した「ビジネスパフォーマンスを最大限に生かすためのサポート」に従った対応と、弊社からの問合せへの対応や情報提供が素晴らしかったためです。

◆ISO 27001の構築・認証で良かった点(専務取締役 魚本様より)
一番良かった点は、社員1人1人が情報セキュリティに関する意識を高い水準で認識させることができ、それを日々の業務で活かせるようになったことです。それにより、業務の中で取り扱っている情報資産に対するリスクを全社レベルで認識することで、社員による自発的な日常業務自体の改善が進み、結果、問題意識を持って業務に取組む姿勢・体制ができ、業務の効率化とリスク低減が実現できました。また、認証取得にあたり事務局として若い社員を積極的に登用したことで、会社全体の業務に向き合う機会も増え、それによって新たな自覚が芽生え、人材育成にも繋がりました。

◆ISO 27001の今後の活用について(代表取締役 大林様より)
地図をベースにした業務を行っている弊社にとって、現在の状況、今後の展開を考えればISO 27001に基づいた情報セキュリティマネジメントシステムの導入・運用は不可欠です。今回、認証を頂きましたが、『これからが始まりだ!』という意識を強く持ち、社員全体での意識向上と管理策を徹底し、セキュリティレベルの向上を目指していきます。そして、お客様にご安心・ご信頼をいただける製品・サービスを提供し続けていきます。 

 BSIジャパンは、ISO 27001の国内認証件数において、サービス開始以来、No.1の実績(※)を維持し続けています。業界をリードする審査機関の責務として、BSIジャパンは、無料でご参加いただけるISO 27001概要解説セミナーやISO 27001審査員トレーニングコース(有料)など数多くの情報提供の機会をご用意しております。  
※JIPDEC公開データより( http://www.isms.jipdec.or.jp/isms.html

「ISO/IEC 27001最新改訂情報セミナー」
全国各地で開催しています。現在、東京、大阪、仙台の3都市開催分をお申し込み受付中です。

【内容】
・ ISO/IEC 27001改訂最新情報
・ ISO/IEC 27001改訂版(2013年版)への移行スケジュール
・ ISO/IEC 27001改訂版(2013年版)のポイント、要求事項の解説
・ ISO/IEC 27001改訂版(2013年版)と2005年版との比較

【受講料】 無料

【詳細・お申込】 https://www.bsigroup.jp/ja-jp/forms/seminarISMSrev/
※会場・時間が変更になる場合がございます。


株式会社オーシスマップ
オーシスマップは、『あなたの笑顔が目的地』という企業キャッチフレーズのもと、地図作成、地図情報の作成、測量全般、GISシステム開発など、地図情報がベースとなる業務を手掛けています。
URL: http://www.osysmap.jp/

BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社について
BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、そして、ISOの設立メンバーとして活動する、規格策定のプロフェッショナルである。現在、150カ国で64,000組織以上のお客様の活動に貢献している。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO9001(品質マネジメントシステム)、ISO14001(環境マネジメントシステム)、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などのISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇る。
BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人である。マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供している。マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に60社以上ある審査機関の中で、最も多くの規格の認証サービスの提供している審査機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする審査機関である。
URL: http://www.bsigroup.jp/

■ お客様からのお問い合わせ先
BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会) マーケティング本部
東京都港区北青山2-12-28 青山ビル5階
TEL: 03-6890-1174
FAX: 03-6890-1181
Email:  Japan.Marketing@bsigroup.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング