人気カヴァーコンピとデニーズがコラボ! 土岐麻子出演ラジオ番組も

PR TIMES / 2012年4月24日 12時13分



2012年3月21日に発売した、極上カヴァーコンピシリーズ「Happy Holidays!」の第2弾、「Happy Holidays!~80’s POPS COVERS~」と、全国のファミリーレストランチェーン店「デニーズ」とのビッグ・コラボレーションが決定した。
4月24日から「ハンバーグフェア~ぼくらのハンバーグデイズ~」&「Happy Holidays!プレゼントキャンペーン」と銘打ち、CDジャケットに使用したハッピー・テイストなイラストをハンバーグのメニューブックやプレゼントグッズにも使用し、全国約400店舗で展開される。

■デニーズ ハンバーグフェア
http://www.dennys.jp/dny/menu/dennys/season/index.html
■デニーズHappy Holidays!プレゼントキャンペーン
http://www.dennys.jp/dny/event-campaign/campaign_2.html

コラボの発端になったのは、80年代の明るい空気感を依頼されたジャケットのデザイナーがイラストの概観にレストラン・チェーンのデニーズを使用して、ウェストコースト的なハッピー感を醸し出そうと企図したことだった。
CDコンセプトにぴったりだったこのデザインをエイベックスのA&R担当者がデニーズ(株式会社セブン&アイ・フードシステムズ)のPR担当者に使用許諾を申し出たところ、デニーズ側が大変に気に入り、今回のキャンペーンでのコラボが決定した。

このジャケットイラスト・デザインを手がける高波宏如(ちくわテイスティング協会)は1982年生まれ。幼少期を80年代で過ごした世代にあたる。
高波はこのデザインコンセプトを次のように語っている――。
「デニーズは80年代のお洒落なデートスポットで、ソングライターがそこで交わされる恋人達の会話からアイディアを得て、いくつものヒットソングが生まれたという具体的なエピソードを聞いていたので、どうしてもジャケットにデニーズの外観を入れたかった」

デニーズ(株式会社セブン&アイ・フードシステムズ)販促担当者瀬戸昭広氏はこの大型なコラボを判断した理由を次のように語っている――。
「80年代らしさを残しつつ、現代的要素をプラスした斬新なデザインが、初夏のデニーズのイメージにピッタリだった。コンピの内容も、原曲を知っている世代には懐かしく、そうでない世代にも耳に心地よい良質なPOPSとして、美味しくお食事が楽しめる大変すばらしい内容だと思った。絵も音楽もぜひ今回のフェアで使用したいと思いました」
 
 更に、4月24日からスタートする、「ハンバーグフェア~ぼくらのハンバーグデイズ~」&「Happy Holidays!プレゼントキャンペーン」期間中デニーズ店内では、ラジオ番組風店内放送「ラジオデニーズ」がO.A.され、コンピ参加収録アーティストより土岐麻子がゲストで登場し、デニーズのハンバーグや「Happy Holidays!~80’s POPS COVERS~」収録楽曲の紹介など、初夏にピッタリの爽やかな音楽と楽しいトークが繰り広げられる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング