クラスメソッド、塩野義製薬株式会社のクラウドHPC環境構築への技術支援を実施

PR TIMES / 2020年8月26日 15時15分

AWSクラウドによる創薬研究の基盤・体制づくりに貢献

クラスメソッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横田 聡、以下「クラスメソッド」)は、塩野義製薬株式会社の創薬研究を目的としたクラウドHPC(High-Performance Computing:高性能演算)環境の初期構築およびCCoE(Cloud Center of Excellence)運営に向けた技術支援を行いました。



塩野義製薬株式会社の事例では、HPC環境をクラウドに移すことで、ニーズに合わせた柔軟な計算リソースの確保が可能になり、運用負荷の軽減も実現できました。また、クラウド活用を推進するための全社横断組織であるCCoEに向けてクラウドに関する技術知識・ノウハウの提供を行うことで、同社のクラウド運用内製化に貢献しました。
このたびの技術支援について、同プロジェクトを担当した塩野義製薬株式会社 経営戦略本部デジタルインテリジェンス部の皆様にインタビューし、クラスメソッドのホームページ上に事例記事を公開しています。

【事例概要】
支援内容:
1. クラウドHPC環境の初期構築支援
 - AWS Organizationsによる複数のAWS環境統率
 - AWS IAMユーザー・ロールの作成、ログイン・スイッチロール環境構築、ポリシー定義、権限制御設定
 - 既存オンプレミス環境とAWS環境接続のためのAWS Direct Connect Gateway設定
 - AWS Transit Gatewayを使った複数アカウント・複数VPC間の通信制御 など
2. CCoE運営に向けた技術支援
 - AWS環境における運用、ネットワーク、セキュリティなどのナレッジ提供

提供サービス・製品: AWS総合支援 クラスメソッドメンバーズ、AWSコンサルティング、Sumo Logic
プロジェクト期間: 2020年3月~2020年6月

【事例インタビュー記事】
タイトル: クラウド上のHPC環境で創薬サイクルを高速化 CCoE創設による活用推進
インタビュー対象者: 塩野義製薬株式会社 経営戦略本部デジタルインテリジェンス部の皆様
掲載URL: https://classmethod.jp/cases/shionogi/
[画像: https://prtimes.jp/i/14901/206/resize/d14901-206-608847-0.png ]


【CCoE(Cloud Center of Excellence)について】
CCoEとは、クラウド活用推進を目的とした企業内の専門組織であり、導入計画立案、運用管理ポリシーの策定、技術情報の収集、人材育成などを担います。クラウドの全社横断的な活用を推進するために重要な役割をもち、AWSのホワイトペーパーなどでも企業内に設けることを推奨しています。

【クラスメソッドについて】
クラスメソッド株式会社はアマゾン ウェブ サービス(AWS)をはじめとしたクラウドサービス、データ分析基盤、アプリ開発、IoT連携、AI/機械学習の技術を活用した企業向け支援を行っています。現在までにAWS技術支援を中心に2,000社以上、AWSアカウント数では8,800件以上の支援実績があり、2015年からは6年連続でAWS公式の最上位コンサルティングパートナーに認定されています。また、社員による技術情報発信にも力を入れており、オウンドメディア「Developers.IO」では2万本以上の技術情報を公開中です。「すべての人々の創造活動に貢献し続ける」という企業理念のもとに幅広い分野で活動しています。
本社所在地: 東京都千代田区神田佐久間町1-11 産報佐久間ビル8階
代表者  : 代表取締役社長 横田 聡
事業内容 : クラウド導入支援、ビッグデータ基盤構築、モバイルアプリ開発、音声認識技術支援

オフィシャルサイト : https://classmethod.jp/
技術ブログ「Developers.IO」: https://dev.classmethod.jp/
Facebookページ : https://www.facebook.com/classmethod/

※ Amazon、アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、およびAWSは、米国および/またはその他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング