1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

トランスコスモスと立教大学 産学連携プロジェクト 「ビッグデータ実習ゼミナール」で実践型プレゼン大会を実施

PR TIMES / 2012年12月12日 13時47分

~Web解析ツールなどを活用し、マーケティング課題の抽出と改善の提案を実体験~



トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715 以下、トランスコスモス)は、2011年度より取り組んでいる立教大学経営学部との産学連携プロジェクトにおいて、株式会社岡三証券グループ(本社:東京都中央区、代表者:取締役社長 加藤哲夫)のグループ会社、岡三オンライン証券株式会社の協力を得て「ビッグデータ実習ゼミナール」での実践型プレゼン大会を実施しました。

トランスコスモスは、立教大学経営学部と2011年9月より産学連携の取り組みを実施してきました。2012年度は前期に授業「eビジネス論」の中でビッグデータに関する講義を行い、後期はより実践的なスキルを取得するために実際のデータに触れた業務を体験してもらうことが必要だと考え、学生にWebサイトユーザービリティ調査やWeb解析ツールを活用したマーケティングリサーチ(Web解析)を基に企業へのプレゼンテーションを実体験させるプログラムを行いました。

■「ビッグデータ実習ゼミナール」詳細
2012年9月より、経営学部佐々木宏ゼミナールの学生(2、3学年生40人)を対象に、トランスコスモス主席コンサルタントの山浦直宏が講師となり、マーケティング概論と調査手法などの実習方法について指導を行ったあと、グループワークにて実習を実施しました。Web解析データは、岡三オンライン証券株式会社様のご協力により提供された実際のWebサイトのアクセスデータを使い、学生が解析を行いました。そして12月6日(木)、実際にお客様企業を訪問し改善提案するという趣旨のプレゼンテーション大会をトランスコスモスにて実施しました。プレゼン指導は、トランスコスモス人事部の採用プロフェッショナルが行い、学生の就職活動にも活かせるようプログラムしています。プレゼン大会では、ご協力企業のWeb戦略ご担当者様をはじめとする講評者を招いて評価を行いました。

講評者: 立教大学経営学部教授 佐々木宏様
      トランスコスモス・アナリティクス株式会社 副社長 萩原雅之
      トランスコスモス株式会社 理事 人事本部長 名倉英紀       ほか

立教大学経営学部教授の佐々木宏先生より、以下のコメントをいただきました。
「今回のビッグデータ実習では、最先端のマーケティング・リサーチ手法を習得する機会を提供していただき、とても感謝しています。実習ステップは綿密に設計されており、受講者は皆、楽しくかつ真剣に取り組むことができました。通常の授業レベルをはるかに超えた、めざましい成果が得られたと感じています。」

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

(トランスコスモス株式会社について)
1966年に事業を開始して以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より付加価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。コールセンターサービスをはじめ、ビジネスプロセスアウトソーシングサービス、デジタルマーケティングサービスなど、それぞれのサービスを単独、または融合させることで、お客様企業にマーケティングの最適化および効率化、EC・通販事業などの売上拡大や新規顧客の獲得、業務コストの削減などを実現する、総合的なITアウトソーシングサービスを提供しております。さらに、これらのサービスは国内だけでなく、アジアを中心に、グローバルに展開しております。当社は高品質なアウトソーシングサービスを世界規模で提供する、お客様企業の「Global IT Partner」を目指しています。(URL: http://www.trans-cosmos.co.jp)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング