おしゃれアイテムでキラッと交通安全! Hikariブランドから反射糸を使った「スヌード」を販売

PR TIMES / 2013年9月18日 13時15分



JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗七生)は、反射糸を編み込んだオリジナルアパレルブランド“Hikari”の秋冬向け商品として「スヌード」の販売を開始しました。
「スヌード」とは、マフラーの両端がつながって輪っか状になっている巻き物アイテムです。この度販売する「Hikariスヌード」は、株式会社島精機製作所(代表取締役社長 島正博)の開発したホールガーメント(継ぎ目のない構造)により立体的に編みあげることで、肌触りがよく、自然なボリューム感を演出しています。また素材には、とても柔らかくあたたかい豪州産の最高級メリノウールを使用。デザインされた2本のラインには、株式会社丸仁(代表取締役社長 雨森正次郎)で開発された反射編み糸(リフレ)が使われており、日中はラメ感がおしゃれなアクセントに、夜道では車のライトを反射して光り、ドライバーからの視認性が高まるので交通安全に役立ちます。色は秋にぴったりの4色をご用意、女性だけでなく男性にもオススメの色を揃えています。
JAFは、反射糸を手軽におしゃれに取り入れたこれら商品を、JAFの会員向けに機関誌等で紹介し、通販サイト「e-JAF Shop」で販売しています。これからも、交通安全に役立つ反射材を日常生活の中で楽しく使ってもらえる提案をしていきます。

■「Hikariスヌード」
会員価格7,200円(税込・送料込)
一般価格8,200円(税込・送料込)
色:1.チャコールグレー/ネイビー
  2.ライトグレー/グレー
  3.マスタード/ネイビー
4.モカ/ベージュ

        
■通販サイト「e-JAF Shop」 http://www.e-jafshop.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング