■働く女性に快適空間を提案する 分譲マンション「プレミスト清澄白河」 販売開始(ニュースレター)

PR TIMES / 2012年5月1日 11時59分



 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、現在、東京都江東区で建設中の分譲マンション「プレミスト清澄白河」について、2012年5月1日(火)より販売を開始します。

 当社では「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、より資産性が高く、社会やお客さまにとってより付加価値の高いマンションの供給を目指し、事業を推進しております。
 今回販売を開始する「プレミスト清澄白河」では、働く女性をターゲットとし、より快適で、より効率的な生活環境を提供するため、設備・収納や美的装飾にこだわった提案を盛り込みました。働く女性の毎日の生活を機能的にサポートする住宅設備機器や、インテリアモデルの倉本康子氏による収納コーディネート提案、フラワーアートユニットの「プランティカ」によるエントランス装飾など、機能的・効率的な住空間と華やかさを演出する設備・インテリアを備えました。
 「プレミスト清澄白河」は、働く女性とその家族に心地よい暮らしと時間を提案する、都市定住型の分譲マンションです。

 ポイント
1.女性の声を反映させた住宅設備機器を採用
2.「PLANTICA」とのコラボレーションによる演出の共用スペース
3.インテリアモデルの倉本康子氏による収納コーディネート
4.都市の利便性と閑静な空間を享受できる都市定住型の分譲マンション

 ●開発背景
 2008年度の総務省「労働力調査」によると、夫婦共に雇用者の共働き世帯は増加傾向にあり、1997年以降は共働き世帯が片働き世帯を上回って、2007年には1,000万世帯を超えました。また江東区では「子ども家庭支援センター」の設立や、放課後子どもプラン事業「江東きっずクラブ」など様々な子育て支援を推進し、共働き世帯、働く女性のサポートにも力を入れています。
 そこで、当物件では、近年増加傾向にある働く女性をターゲットに、毎日の生活をより機能的にする設備や収納を用意するとともに、女性の美を意識した装飾で日常に彩りを提案します。

1.女性の声を反映させた住宅設備機器を採用
 本物件では、働く女性の毎日の生活を機能的にするための住宅設備機器を採用しました。
 キッチンでは、来客時にリビング・ダイニング側からシンクが見えづらい「ハイバックカウンター」を備えました。また、女性からの要望が多い水まわりでは、お客さまからの声や女性スタッフの意見をもとに、収納からデザインした洗面化粧台「ドレッサーII neo」を採用しています。
 そのほかにも独立タイプの浄水器を設置した「ビルトイン浄水水栓」や、トイレ内には手入れが簡単な「独立型手洗器」を設置しています。


 2.「PLANTICA」とのコラボレーションによる演出の共用スペース
 本物件では、国内外で活躍するフラワーアートユニット「PLANTICA(プランティカ)」が手がけるオリジナルオブジェがエントランスホールを彩ります。
 さらに、各階のエレベーター前には、プランティカ制作のアートピクチャーが飾られ、日々の生活のアクセントとして空間を演出します。
 また、一階エントランス横には白を基調にしたラウンジ「ヴィーナスサロン」(集会室)を設けています。ここにはマッサージチェアやゆとりあるソファを配置し、入居者専用の癒しの空間を創出します。


 PLANTICA(プランティカ)プロフィール
 国内外で幅広く活動し、海外メディアも注目する新進気鋭のフラワーアートユニット。ファッション・メゾンのレセプションパーティーをはじめテレビ番組の空間演出、また国内外企業イベントのインスタレーションなど日本の花文化を海外へ発信するため精力的に活動。
 [ 主な実績 ]
 フランス放送局「Canal Plus」のドキュメンタリー番組出演
 カジノ&リゾート施設「ザ・ベネチアン・マカオ」、「フォーシーズンズホテル」装花ディレクション(中国)
 「Trend Union」発行「Bloom Magazine」に作品掲載(フランス)
 デザインプログラム「DutchDFA」にて作品紹介(オランダ)

 3.インテリアモデルの倉本康子氏による収納コーディネート
 本物件は、インテリアモデルの倉本康子氏が各住戸の収納スペースをコーディネートします(※1)。
 ウォークインクローゼットでは、「ママが輝く快適クローゼット」をテーマに、身の回り品が全て収納できて、コーディネートが完結するクローゼットを提案します。二段式のハンガーパイプやフック収納を採用することで収納量をアップさせるとともに、クローゼット内で衣服のコーディネートを済ませられるよう、扉裏面にはフィルムミラーを設けました。
  ※1.オプション対応。契約時期によっては対応できない場合があります。


◆倉本康子氏プロフィール
 ファッション誌で活躍する人気モデル。史上初の“インテリアモデル”としてメディアの注目を集め、お部屋のコーディネートやオリジナルの収納グッズのプロデュースなど、ファッションだけではなくライフスタイルそのものが支持され、多くの媒体で活躍中。
 著書には「インテリアモデル倉本康子の暮らしやすい収納とインテリア」「倉本康子のシンプルアレンジ術」ほか


 4.都市の利便性と閑静な空間を享受できる都市定住型の分譲マンション
 本物件は、東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅へ徒歩9分、東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅まで徒歩12分と、2駅3路線を利用でき、都心部への通勤に便利な好アクセスの場所に建設されます。
周辺には「清澄庭園」(徒歩5分)や「仙台堀川の桜並木」(徒歩2分)などがあり、都心でありながら閑静な空間を感じられ、「木場公園」(徒歩7分)などの緑豊かな自然環境に囲まれています。生活利便施設としては、「深川仲町通り商店街」(徒歩10分)や「マックスバリュエクスプレス木場公園店」(徒歩6分)があります。
 また、徒歩圏内に「江東区立明治小学校」(徒歩5分)や「江東区立深川第二中学校」(徒歩3分)などの教育施設だけではなく、「深川図書館」(徒歩7分)、「東京都現代美術館」(徒歩9分)といった芸術文化施設もそろっています。


 5.周辺環境に調和する白を基調にしたデザイン
 本物件では、エントランス南面を流れる仙台堀川の桜並木と調和する、白を基調とした外観デザインを採用しています。また、大理石、ガラス、タイルなどの異なる素材を組み合わせることにより、明るい空間の中にもアクセントがある、豊かな表情を作り出しています。

  
 6.多彩なプランバリエーションとゆとりの共用スペース
 本物件は、全住戸を南西・西向きに配置しました。間取りは3LDKを中心に、幅広いお客さまにご満足いただけるよう専有面積46.53m2 ~87.21m2 (1LDK~4LDK)の多彩なプランを用意し、ライフスタイルの変化に対応できるよう居室空間をフレキシブルに使うことができる「ウォールドア」を採用しました(※2)。
 また、全69戸に対して200%を超える139台分の駐輪場や居住者専用の敷地内ゴミ置き場など、ゆとりの共用スペースを設けています。
  ※2.一部住戸に採用。


【建物の概要】
  物件名称 :「プレミスト清澄白河」
  所 在 地 :東京都江東区平野2丁目14‐6(地番)
  交  通 :東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅 徒歩9分
  東京メトロ東西線「門前仲町」駅 徒歩12分
  都営地下鉄大江戸線「清澄白河」駅 徒歩8分
  敷地面積 :1,610.33m2
  延床面積 :6,420.21m2
  構造・規模 :鉄筋コンクリート造 地上8階建
  事 業 主 :大和ハウス工業株式会社
  設計・管理 :株式会社長谷工コーポレーション
  施  工 :株式会社長谷工コーポレーション
  着  工 :2012年1月16日
  販売開始 :2012年5月1日
  竣工予定 :2013年3月上旬予定
  総 戸 数 :69戸(別途管理員室1戸)
  専有面積 :46.53m2 ~87.21m2
  予定販売価格 :2,900万円台(46.53m2 )~6,700万円台(87.21m2 )
  予定最多価格帯 :4,500万円台、4,600万円台
  お客さま
  お問い合わせ先 :「プレミスト清澄白河」販売準備室
           0120‐308‐711
  営業時間 / 10:00~19:00(火・水曜定休)


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング