阪急阪神ホールディングスグループでは「カーボンオフセット」を通じて六甲山の森林保全に貢献します

PR TIMES / 2014年2月26日 10時32分

当社グループでは、環境保全活動の一つとして、2010年より、兵庫県内の森林のCO2吸収量を排出枠として活用する「森林カーボンオフセットサービス」を利用し、阪急電鉄京都線の摂津市駅や当社の株主総会の運営において排出されるCO2を実質的にゼロにする、カーボンオフセット(*1)を実施しています。



リリースはこちら → http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20140225_2211.pdf

「森林カーボンオフセットサービス」の利用料金は、地域の森林保全に役立てられることから、今般、宍粟市内の森林に加え、当社グループの重要な観光資源である六甲山の森林保全に向けて、六甲山のCO2吸収量をクレジット化した排出枠を利用することを決定しました。

<概要>
■「森林カーボンオフセットサービス」の仕組み


・ 兵庫県森林組合連合会は、県下の森林組合が管理に携わる森林を対象に、森林のCO2吸収量を調査し、環境省オフセット・クレジット(J-VER)制度(*2)を活用してクレジット化(排出枠化)し、日本オフセットデザイン創研を通じて「森林カーボンオフセットサービス」として提供しています。

・ 当社は「森林カーボンオフセットサービス」を利用して、摂津市駅の運営および同駅売店の営業や、当社の株主総会当日の会場運営で生じるCO2排出量を森林のCO2吸収量により生じる排出枠で埋め合わせます。

・ 当社が支払う「森林カーボンオフセットサービス」の利用料金は、兵庫県宍粟市および神戸市・六甲山の森林間伐や植林、伐採などに使われ、地球温暖化防止に貢献します。

(*1)日常生活等で排出される温室効果ガスのうち、削減困難な部分について、その排出量に見合った温室効果ガスの削減・吸収活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせる考え方
(*2)国内のプロジェクトにより実現された温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボンオフセットに用いられるクレジット(排出枠)として認証するものとして、環境省が2008年11月に創設した制度

■契約日
2014年2月24日

■契約相手方
株式会社日本オフセットデザイン創研 および 兵庫県森林組合連合会

■カーボンオフセットサービス利用量
350t-CO2
宍粟市森林管理プロジェクト:250t-CO2
神戸市森林管理プロジェクト(六甲山の森林):100t-CO2

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング