1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Unityと現代自動車、インテリジェント・マニュファクチャリングを加速する新しいメタバース・プラットフォームの設計と構築で提携

PR TIMES / 2022年1月11日 12時15分

全く新しいデジタルエコシステムのためのスマートモビリティプラットフォームのリーダーになるという現代自動車のビジョンをサポート



[画像: https://prtimes.jp/i/16287/209/resize/d16287-209-2fba1c4b782d7b03aeac-0.jpg ]

リアルタイム 3D プラットフォームで世界をリードするユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社(東京都中央区、代表取締役 堀田徹哉、以下 当社)は、親会社であるUnityが世界的なモビリティイノベーターである現代自動車と、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー2022(CES 2022)において、「メタファクトリー」のための新しいメタバースのロードマップとプラットフォームを共同で設計・構築するためのパートナーシップを発表しました。

このパートナーシップにより、現代自動車は、メタバース・プラットフォームでサポートされた物理的な工場のデジタルツインである「メタファクトリー」を建設する最初のモビリティ・イノベーターになるというビジョンを実現します。「メタファクトリー」の導入により、現代自動車は、従業員が現場にいなくても、最適な運転条件を評価、推測、作成するために、数多くのシナリオを仮想的にテストすることができるようになります。

このコラボレーションは、リアルタイムの3Dバーチャルプラットフォームに結実し、現代自動車の幅広い顧客層に、販売、マーケティング、顧客体験など、より包括的なサービスを提供します。つまり、消費者は、実際の車に乗り換える前に、様々な自動車関連のソリューションをデジタルで試し、テストし、関与することができるようになるのです。

Unityは、今回のMOU(基本合意書)を通じて現代自動車の戦略的パートナーとなり、未来のモビリティソリューションのリーダーになるという現代自動車のビジョンを支援します。本覚書は、スマートマニュファクチャリング、AIのトレーニングと研究、および自律走行シミュレーションの分野に関連しています。

「リアルタイムのデジタルツインは、私たちの生活、仕事、買い物、そして地球に良い影響を与える方法を恒久的に変え、メタバースと呼ばれるものの重要な要素となるでしょう」とUnity社長兼最高経営責任者(CEO)のジョン・リカテロ(John Riccitiello)は述べます。「現代自動車の工場運営のデジタルツインを含む将来のビジョンは、製造業における重要な技術的進歩を意味し、その効率性には無限の可能性があります」

「シンガポールの現代自動車グループ・イノベーションセンター施設(HMGICS)は、このワールドクラスのメタファクトリーとのコラボレーションにより、製造業のイノベーションのゲームチェンジャーとなるでしょう」と現代自動車のヨンチョー・チー(Youngcho Chi)社長は述べます。「HMGICSは、人間中心のバリューチェーン・イノベーションによってモビリティのパラダイムを変革する様々な技術を導入することで、未来のイノベーションをリードしていきます」

現代自動車は、「メタファクトリー」のコンセプトを、まずシンガポールにある現代自動車グループ・イノベーションセンター施設(HMGICS)に適用することを計画しており、研究開発のためのオープン・イノベーション・ハブを構築するというグループの取り組みを支援します。2022年末に完成予定のHMGICSでは、多くの先進技術やモビリティサービスを研究する予定です。HMGICSでは、現代自動車とUnityのパートナーシップにより、AIや5Gなどの先進技術を次世代のスマートファクトリー・プラットフォームに統合し、インテリジェント・マニュファクチャリングの分野でのイノベーションをさらに加速させます。

Unity Koreaカントリーマネージャーであるキム・インスク氏は以下のように述べています。「今回の現代自動車とのMOU(基本合意書)締結は、スマートファクトリー、ロボットシミュレーション、コンピュータービジョンなどの未来産業をメタバースの世界でコラボレーションする、Unity Korea初の事例となります。現代自動車が思い描く未来のモビリティビジネスを実現するために、現代自動車と協力できることを嬉しく思います」


ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社について
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社は、リアルタイム3D(RT3D)コンテンツを制作・運用するための世界的にリードするプラットフォームである「Unity」の日本国内における販売、サポート、コミュニティ活動、研究開発、教育支援を行っています。ゲーム開発者からアーティスト、建築家、自動車デザイナー、映画製作者など、さまざまなクリエイターがUnityを使い想像力を発揮しています。Unityのプラットフォームは、携帯電話、タブレット、PC、コンソールゲーム機、VR・ARデバイス向けのインタラクティブなリアルタイム2Dおよび3Dコンテンツを作成、実行、収益化するための包括的なソフトウェアソリューションを提供しています。1,800人以上在籍するUnityのR&Dチームは、外部パートナーと協力して最新リリースやプラットフォームのために最適化されたサポートを保証することで、Unityをコンテンツ制作の最先端であるようにし続けています。Unityのクリエイターが開発したアプリは、2020年で月50億回以上ダウンロードされました。

※Unityおよび関連の製品名はUnity Technologiesまたはその子会社の商標です。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください