1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

『大阪ガス・Daigasグループ × AUBA OPEN INNOVATION 1.5 PROJECT 2021』始動!

PR TIMES / 2021年10月14日 16時15分

日本のオープンイノベーション先駆者“大阪ガス・Daigasグループ”が、ミライ価値を創造する共創パートナーを募集! https://auba.eiicon.net/projects/11224

 eiicon company(所在地:東京都港区南青山、代表:中村 亜由子)が運営する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームAUBA(アウバ、以下「AUBA」)は、大阪ガス株式会社(所在地:大阪府大阪市中央区平野町、代表取締役社長:藤原 正隆、以下「大阪ガス」)・Daigasグループと共に、2021年10月14日(木)より、『大阪ガス・Daigasグループ × AUBA OPEN INNOVATION 1.5 PROJECT 2021(以下「本プロジェクト」)』を始動し、3つのテーマにて共創パートナー募集を開始いたします。

 AUBAは大阪ガス・Daigasグループとともに、企画・設計・運用・専用Webサイト設置など、『大阪ガス・Daigasグループ × AUBA OPEN INNOVATION 1.5 PROJECT 2021』の運営を強力にサポートしております。また、AUBAと大阪ガス・Daigasグループでの取り組みは、昨年実施の『大阪ガス・Daigasグループ × AUBA OPEN INNOVATION 1.5 PROJECT』に続く2期目となります。




[画像: https://prtimes.jp/i/37194/209/resize/d37194-209-0c64bbf8244f209c8df8-0.jpg ]


■『大阪ガス・Daigasグループ × AUBA OPEN INNOVATION 1.5 PROJECT 2021』について
 大阪ガスは、創業116年目を迎えるエネルギー&サービスカンパニーです。ガス事業から発展し、現在は電力事業を国内外で展開する「総合エネルギー事業者」であるとともに、時代を超えて選ばれ続けるエネルギー&サービスカンパニーを目指して、お客さまの生活を豊かにするさまざまな領域に事業を拡大してきました。幅広くビジネスを展開する中で、昨今の環境変化(エネルギーの自由化、人口減少による国内市場の縮小)と技術進展(IoT化、データ活用等によるデジタルトランスフォーメーションの加速)という時代の変革を自社サービスの変革のチャンスと捉え、2009年からオープンイノベーションに取り組んでいます。

 さらに、“事業部門のニーズに基づきながらも、技術・サービスのマッチング(1.0)に留まらず、新たな価値をパートナーとの共創で生み出す(1.5)”ために2020年から本格始動した取り組みが、『大阪ガス・Daigasグループ ×AUBA OPEN INNOVATION 1.5 PROJECT』です。『OPEN INNOVATION 1.5 PROJECT』の初年度となった昨年も、AUBAで出会った企業との事業共創に向けた取り組みが継続して進んでいます。

 2021年も大阪ガスの保有するさまざまなサービス・豊富な顧客接点・生活基盤データなどのアセットを活用し、新たなビジネスの可能性を広げていきたいと考えています。社会課題解決に向けた価値創造を追求し、ステークホルダーと共にミライ価値の共創の実現を目指します。

▽「大阪ガス・Daigasグループのオープンイノベーションについて」
https://www.osakagas.co.jp/company/efforts/rd/innovation/


■『大阪ガス・Daigasグループ × AUBA OPEN INNOVATION 1.5 PROJECT 2021』募集テーマ
 本プロジェクトでは「解決したい課題」として、3つの募集テーマを設定いたしました。未来に向けて新たな価値創造を共に目指す、共創パートナー企業様からのご連絡をお待ちしています。

THEMEI:ライフステージに合わせたWell-beingの実現
最適な個客体験の実現に向けて、ガスを基点にして培ってきたリアルな顧客接点とデジタルを融合し、最適なタイミングで最適なソリューションを提供できる仕組みの構築を目指しています。それが、今大阪ガスが目指しているライフサービスプラットフォーム「スマイLINK」です。単身から高齢者など幅広い年齢層が抱える暮らしの困りごとを解決するサービス展開を共に実現する共創パートナー企業を募集します。

<共創アイデア例>
・多忙な子育て世帯(若年ファミリー層)の生活支援
・単身世帯の食事・健康サポートや家族間コミュニケーションの促進
・お買い物や家事をより楽しく簡単に実現するサポート

<求める技術・サービス例>
子育て世代にも安心安全なサービス / 健康支援サービス / デジタルコミュニケーション / リアル接点との融合でさらなる価値を見出せるサービス / ID連携可能なサービス / サブスクモデル

THEMEII:高齢者(シニア世代)の健康見守りサービス
超高齢化社会という大きな社会課題があります。そのような中で、Daigasグループが提供する見守りサービス等によるリアルな顧客接点や、マイ大阪ガス・ツナガルdeシリーズ(IoT給湯器やコンロ、人感センサ付ガス漏れ警報器)を始めとしたデジタルの顧客接点を活かし、今回はシニア世代の課題解決を共に目指す共創パートナー企業を募集します。シニア世代だけではなく、シニア世代と関わりの深いその家族向けのサービスや地域コミュニティなども巻き込んだ地域共生型のサービス開発・提供を目指しています。

<共創アイデア例>
・シニア世代自身に価値を提供できる見守りサービス
・単身高齢者を中心とした認知症予防・早期のフレイル発見
・健康状態の可視化とパーソナライズされた健康管理システム
・新たな高齢者の健康維持増進

<求める技術・サービス例>
身体的・精神的健康状態を検知・解析する技術 / 介護予防・フレイル改善プログラムの提供 / パーソナライズされた行動変容プログラムの提供 / 心身の健康状態を可視化するデバイス

THEMEIII:スマートライフに向けた集合住宅・不動産事業者向け新サービス
不動産業界は2030年までの間に管理の行き届かない空き家の増加等、さまざまな社会問題を引き起こすと言われています。まずはそのような社会課題に対して、Daigasグループは不動産事業者や賃貸オーナー、管理会社に向けて、引越しを中心とした課題を解決するサービス開発を目指しています。業界としてデジタル化がまだ進んでいない中、Daigasグループが持つガス・電力という主力サービスを組み合わせながら、ユーザーの価値向上を可能にするサービス開発を共に行うパートナー企業を募集します。

<共創アイデア例>
・集合住宅の入居者・住民の生活の質(Well-being)向上
・不動産管理会社の仲介・入退去・管理組合業務等の作業の簡素化および生産性向上
・集合住宅自体の資産価値向上

<求める技術・サービス例>
入居者向けの便利サービス(家事代行・家具/家電のリース等) / 不動産事業者のDX化を進める技術(RPA・VR・管理システム等) / 駐車場・共用スペース等の遊休資産の活用(イベント等)


■大阪ガス・Daigasグループが本プロジェクトで提供可能なリソース
(1)豊富な顧客接点・フィールドの提供
 エネルギー事業とともに、材料ソリューション事業、情報ソリューション事業、都市開発事業といった中核事業に加えて、クッキングスクール「大阪ガスクッキングスクール」、フィットネスクラブ「コ・ス・パ」、老人ホーム「アクティブライフ」、セキュリティサービス「大阪ガスセキュリティサービス」等のさまざまな事業を通じて生活やビジネスにおけるソリューションを提供しています。
 また、関西エリアに約200拠点を有する大阪ガスサービスチェーンを通じてお客さまのご要望に迅速かつ細やかに対応できる地域密着型のサービスをご提供しています。
 さらに、B2C向けライフサービスプラットフォーム「スマイLINK」を準備中です。((4)参照)

(2)ビッグデータの活用
・エネルギー使用履歴
・点検、保守等の管理
・運動履歴

(3)技術シーズ
 データサイエンス(エネルギーデータ分析)、調理(スマートコンロ)、浴室(ミストサウナ)、運動と認知に関する知見(iトレ)等自社保有の技術シーズ

(4)B2C向けライフサービスプラットフォーム(スマイLINKプラットフォーム)の活用
 さまざまなサービスを横断的に最適なタイミングで最適なソリューションを顧客毎に提供 など


■本プロジェクトの応募対象
・プロダクトや技術を既にお持ちであること。(アイデアベースではない)


■『大阪ガス・Daigasグループ × AUBA OPEN INNOVATION 1.5 PROJECT 2021』募集ページ
https://auba.eiicon.net/projects/11224


■大阪ガス株式会社 概要  https://www.osakagas.co.jp/
社名:大阪ガス株式会社
本社所在地:〒541-0046 大阪府大阪市中央区平野町四丁目1番2号
資本金:1,321億6,666万円
代表者:代表取締役社長 藤原 正隆
事業開始:1905年10月19日
事業内容(Daigasグループ):
・国内エネルギー・ガス 都市ガスの製造・供給および販売、ガス機器販売、ガス配管工事、LNG販売、LPG販売、産業ガス販売
・国内エネルギー・電力 発電および電気の販売
・海外エネルギー 天然ガスおよび石油等に関する開発・投資、エネルギー供給、LNG輸送タンカーの賃貸
・ライフ&ビジネス ソリューション 不動産の開発および賃貸、情報処理サービス、ファイン材料および炭素材製品の販売


■eiicon company 概要
eiicon companyは、「オープンイノベーション※」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施しています。
1)「AUBA」:   https://auba.eiicon.net/ 「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォーム。登録数20,000社。課題・事業成長に必要なリソースなど自社情報を登録、相互に発信し、企業の新たなつながりを実現します。
2)「TOMORUBA」:  https://tomoruba.eiicon.net/ 事業を創るビジネスパーソンのための“事業を活性化するメディア”。全国各地あらゆる業界のスタートアップ・中小企業・大手企業から地方自治体・大学まで、資金調達・資金提供・共同研究などのさまざまな情報や事業を創るためのノウハウ情報などを配信しています。
3)「SHABERUBA」: 「AUBA」が提供する、会員専用コミュニティ。バーチャルコワーキングスペースで会員同士の会話や商談、各種イベント参加やコミュニティ支援実施まで、オフラインでの活動をオンライン上で実現しています。
4)「event」: ビジネスパートナー企業との出会いの場をリアルに創出します。
5)「Sourcing Support」: 専門コンサルタントがオープンイノベーションチャレンジを支援します。
以上5つの軸で、日本に新規事業創出手法「オープンイノベーション」を根付かせるサービスを提供しています。

名 称:eiicon company (エイコンカンパニー)  https://corp.eiicon.net/
代 表:中村 亜由子
所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
事業内容:
オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど
電話番号:03-6370-8360(代表)
メールアドレス:info@eiicon.net

■運営会社
社名:パーソルイノベーション株式会社
本社所在地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
資本金: 5,500万円
代表者: 代表取締役社長 長井 利仁
事業内容:
新規事業創造・オープンイノベーション推進、グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務


※オープンイノベーション
2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング