7月20日(日)第2回「ミャンマー ヤンゴン植樹」を実施します

PR TIMES / 2014年7月11日 15時16分

日本、ミャンマーのボランティア1,000人の方々と8,000本の木を植えます



公益財団法人イオン環境財団(理事長 岡田卓也 イオン株式会社名誉会長相談役、以下当財団)は7月20日(日)、ミャンマー連邦共和国(以下 ミャンマー)ヤンゴン郊外のフージー湖において「ミャンマー ヤンゴン植樹」を実施します。

このたび植樹するフージー湖は、ヤンゴンへ生活用水を供給する水源として利用されています。しかしながら近年、薪などの生活用木材として湖周辺の森林伐採がすすんだことにより、渇水を防ぎ、良質な水をはぐくむ森林の水源涵養機能が低下しています。

当財団は、伐採された森を再生し、ヤンゴン地域の方々がフージー湖を生活用の水源として持続的に利用できるよう、ミャンマー環境保全森林省とともに2013年より3カ年計画で20,000本の植樹活動を実施しています。2回目となる本年は、ミャンマーと 日本のボランティア1,000人の皆さまとともに、地域に自生する木々約8,000本をフージー湖周辺に植えます。このたびの植樹活動により、ミャンマーでの累計植樹本数は14,000本となります。

当財団は本年、ベトナムハノイ、中国蘇州、北海道むかわ町でも植樹を実施しました。また今後、国内では愛知県知多市、千葉県浦安市、宮崎県綾町、三重県紀北町、海外ではマレーシアで植樹を実施する予定です。イオンは、きれいな水と緑あふれる地球を次代の子どもたちへ届けていくために、これからも国内外で木を植えてまいります。

「ヤンゴン植樹】の概要


・実施日:7月20日(日)

・場所:ミャンマー連邦共和国ヤンゴン郊外フージー湖畔

・参加人数:約1,000人(ミャンマーのボランティア約570人、日本のボランティア約430人)

・植樹本数:8,000本

・樹種:チーク、タマリンド、モンキーポッド等

・主催:ミャンマー連邦共和国環境保全森林省、公益財団法人イオン環境財団

・協力:イオン株式会社、イオンクレジットサービス株式会社、イオンモール株式会社

・主な出席者(予定):
 ミャンマー連邦共和国環境保全森林省事務次官  Nyi Nyi Kyaw 様
 ミャンマー連邦共和国環境保全森林省森林局  Win Mau 様
 在ミャンマー日本国大使館 参事官  松尾 秀明 様
 公益財団法人イオン環境財団理事長(イオン株式会社名誉会長相談役) 岡田 卓也
 イオン株式会社取締役会議長 横尾 博

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング