沖縄県最大規模・最高層ツインタワー分譲マンション『リュークスタワー』ホームページ公開(PR)

PR TIMES / 2012年5月14日 9時18分



大和ハウス工業株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:大野直竹)、オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:山谷佳之)、株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:山口 陽)は、現在、沖縄県那覇市において計画中の、沖縄最高層・最大級※のツインタワーマンション「(仮称)おもろまち一丁目プロジェクト マンション棟」の物件正式名称が決定致しました。また、物件のホームページを公開し、資料請求の受付を開始致しましたのでお知らせします。

 物件の正式名称は「RYU:X TOWER」(読み:リュークスタワー)に決定いたしました。琉球+X(エックス:色々な可能性を秘めた・未知数を意味するX)を組み合わせた造語です。また、LUXE(フランス語:リュクス:上品、贅沢の意)の音感も連想させ、古き良き時代の歴史・文化を継承しながら、発展するエリアであることを願い決定致しました。

 リュークスタワーは沖縄県那覇市の北部「那覇新都心地区(おもろまち一丁目)」内で分譲するツインタワーマンションです。
2006年9月、那覇市が行った「那覇新都心地区(おもろまち一丁目)土地利用事業提案」の公募において、大和ハウス工業、オリックス不動産、大京の共同事業者が優先交渉者として選定され、当該開発地【I街区(現、那覇新都心センタービル)・II街区(リュークスタワー)】を取得しました。2009年11月には、I街区においてオフィス・ホテル・商業棟を着工し、現在は竣工・開業しております。

 そして今回、II街区の分譲マンション「リュークスタワー」において、9月の分譲(予定)に向け、資料請求の受付を開始致しました。
沖縄県庁が立地する業務中心地区から約2km、 那覇空港から約5km、 沖縄都市モノレール「おもろまち」駅より徒歩6分に位置しています。周辺には大型商業施設や空港外大規模免税店の「DFSギャラリア・沖縄」、「沖縄県立博物館・美術館」、大型公園「新都心公園」などがあり、大変利便性の良い場所となっています。

周辺施設
サンエー那覇メインプレイス  徒歩4分 約260m
シネマQ            徒歩4分 約260m
DFSギャラリア・沖縄      徒歩5分 約400m
ザ・ナハテラス        徒歩5分 約360m
天久りうぼう楽市       徒歩11分 約880m
県立博物館・美術館      徒歩6分 約480m
黄金森公園          徒歩6分 約450m
新都心公園          徒歩9分 約700m
おもろまちメディカルセンター 徒歩11分 約810m
徳洲会新都心クリニック   徒歩14分 約1080m

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング